いろいろなんでも


by ikeday1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

おっぱいバレー

b0050317_1251727.jpgこれはすごい本だ!不覚にも2回涙した。中学生の男子に取って、憧れの女教師のおっぱいが見られるとなれば、どれだけ努力するだろうか?そんな、男子中学生をやった事がある皆さんには当たり前のテーマ。女子達に取ってはただ単にあってはならないこと。それを真っ正面から小説にしたところが偉い!

この本は、中学生をとっくの前に卒業した私にも、感激と感動を与えてくれた。なんとなく、「シコ踏んじゃった」という小説にも共通点があるような気がする。単なる若大将的なエリート体育会系物語でなく、巨人の星的なスポ根ものでもない、当たり前な中学にありそうな話が秀逸だと思う。

一晩で読んでしまった。本は1200円、飲み屋で過ごす2時間5000円より、とっても楽しめた感じがした。
[PR]
# by ikeday1 | 2007-03-05 01:36 |
b0050317_2142951.jpgを読んだ。この本は、ブルーバックスなのだが、決して量子力学の初心者が読んでも面白くない。大学時代に量子力学を勉強したけど、その後、すっかり違う領域で仕事をして、「量子力学ってなんだっけ?」と思っている人に楽しい本だろう。

この手の本に出てくるように、「数式を書いたら絶対だめ!」というスタンスではなく、数式を示しながら、その数式を詳しくは説明しないという面白いスタンスを取っている。僕は楽しめたなぁ。。

更に、「電子が、不連続なエネルギーレベルを移動する場合、そのエネルギー差が電磁波として放射されるが、移動しているその間は一体どうなっているんだ?」とか、「微粒子は粒子と波動との両方の特性を持つが、波動は一体何が振動して波を作っているのかは、誰にも分からない」など、非常に興味の持てる話題を提供している。

電車の中で、深い思想の淵に陥りたい人への推薦書である。
[PR]
# by ikeday1 | 2007-03-03 21:17 |

新聞社の世論調査??

新聞社の世論調査がどうもうさん臭いと思っていたところ、それを証明するような記事が毎日新聞に掲載された。各新聞社は何か政治的な事件があった時に必ずと言ってよいほど、世論調査を実施する。その調査では、新聞社ごとに結果が異なり、自社の意見により近いような結果となるのが通常である。しかしながら、どういう調査を行ったかは「無作為抽出による電話調査」や「面接調査」などと書いてあり、普通に考えれば国民のある一部を切り取った意見となり、新聞社ごとに結果が大きく変わるはずはないのだ。おかしいと思いませんか?

先ほどの記事では、「中国韓国と仲良くした方が良いのか」という世論調査で、実際のデータでは「仲良くしなくてよい」という結果なのに、恣意的に「仲良くしなくてはならない」という結果にしているものだ。これってすごい事で、新聞社が世論調査の結果を恣意的にコントロールしている事を証明したようなものだ。新聞社にしてみれば、世論調査の恣意的コントロールは日常茶飯事であり、ばれないようにこそっとやって来たのだろう。

今後、教育基本法の改正や憲法改正論議、自衛隊の軍昇格などの様々な政治的な動きが出てくる。ある意味、戦後政治との決別のような話だ。そのような議論の際、新聞社は世論調査のコントロールを必ず行うだろう。そして、世論調査が公正なものなのかを調査する公的な機関などない。。。つまりやりたい放題である。正しい姿なのだろうか???
[PR]
# by ikeday1 | 2006-11-03 18:41 | 日頃の思い

受験生ピンチ!

高校の卒業証書は大学入試の必須書類なのだろうか?朝鮮学校の卒業生などは、ある条件をクリアできれば大学入学を認められるシステムがあったと思うのだが。。ちょっと調べてみた。

多くの高校で卒業に必要な単位が足りない3年生が存在し、留年を余儀なくされる事態が発生している。それも学校側が卒業に十分な単位を取得していると虚偽の報告までして卒業させていたというのだ。11月を迎えようとしている今、70時間にも及ぶ補修が必要となれば受験を目前に控えた段階で、受験生達は圧倒的な不利益を被る事となる。全国高等学校PTA連合会は同日、「入試直前に新たな科目履修を強要するのは、学校や大人に対する不信を増大させるだけ。本年度は従前通りに卒業できるようにしてほしい」と、伊吹文科相に配慮を求める要望書を提出したそうだ。これもおかしな議論である。社会のルールを覚えさせ、従わせるのも教育である。高校での取得単位など自ら管理するのが高校生としての常識であり、それができない者が、卒業に不十分な単位で卒業させろと主張するのもちゃんチャラおかしい。「社会なんてそんなもんだ」と憤りを覚える学生を作る最高のチャンスである。学校の責任は勿論、教育委員会の責任も問われる状況であり、不利益を被り、大学受験に失敗した生徒は精一杯復讐するべきだろう。その復讐は訴訟となって現れるだろうが、社会全体が生徒達を応援するに違いない。ものすごい社会勉強となる。

さて、九大の受験資格審査についてウエッブで調べてみた。ここには、「受験資格審査の対象者は、高等学校段階を有する外国人学校を卒業した者又は卒業見込みの者とする。ただし、これら以外の者であっても、各種の学校などでの学習歴及び社会での実務経験等が、高等学校卒業と同等以上であることを客観的に確認できるものについては、受験資格審査の対象とする。」と書いてあり、申請手続きさえ踏まえれば、受験資格が得られるようだ。これなら、受験資格は各大学の裁量に任されているようだし、受験はできるのではないか?どうしても高校を卒業したいのなら、入試後に補習を受ければ良い。どうとでもなるような気がするのだが、間違っているかなぁ?
[PR]
# by ikeday1 | 2006-10-27 22:35 | 危機管理

ネットとテレビ

「テレビがネットに食われる」という風潮が始まっているらしい。japan.internet.comの記事では、「テレビがつまらなくなった」という趣旨の本や雑誌記事が多くなっているという。しごく当然の成り行きである。しかし、テレビが持つ機能は多彩であり、これらの機能が全てネットに食われるかというと、現時点ではネットにそこまでの影響力はないだろう。だが、やはり、ネットの方がテレビよりも面白い。私も、テレビを見る時間よりネットで遊んでいる時間の方が圧倒的に多いし、テレビはなくても生活できるが、ネットがないととても寂しく思う。これって多分異常な状況ではないと思う。

テレビが持つ大きな機能に報道がある。テレビの報道はいち早く現場の情報を映像で伝えてくれる。第一報を伝える力はネットでは及びもつかないだろう。しかし、ちょっと時間が経つと、テレビは直ちに情報に「意見」を加え始める。それも、自局の持つ政治的ベクトルに沿ったものになる。これが我慢できない聴取者はたくさんいるだろう。つまり、報道に関して言えば、テレビが必要とされるのは第一報だけで、後はネットがやってくれる。テレビではテレビ局の意見を言ったとしても、それについての反響を反映させられるだけの度量はない。一方方向な提示に終わってしまう。しかし、ネットでは双方向の意見交換が可能であり、その議論のベクトルは、だいたい世論の方向性とあまり違わない方へ向く。勿論、匿名性を利用した暴言も多く見受けられるが、そのようなものは無視して議論を眺めると、意外と常識的な議論が展開されている事に気付く。最も、テレビ局を代表とするマスコミは匿名の危険性ばかりを強調し、ネットでの議論をまともに評価しないのが現状だ。これこそ、テレビ側がネットの存在意義に脅威を感じている証拠であるとも言えるだろう。

テレビで議論になった事が、ネットで問題となることは多くあるものの、テレビ側が修正/謝罪する事はまれである。テレビは自分たちの言行を議論の場に上げない。テレビ側に、誠意があるのであれば、報道局長や新聞の論説委員が、ネット側の言論と意見を戦わせるような機会を作るべきである。政府や企業には最近、「説明責任」という義務が課せられており、その対応に相当努力しているようだ。テレビ局だけがその説明責任を果たしていないし、果たそうともしていない。明らかに責任回避だと思うのだが、皆さんはどう思うだろうか。ほら、ネットの方が魅力的でしょ。。。
[PR]
# by ikeday1 | 2006-10-21 11:10 | 日頃の思い

総理、帰ってこい!

北朝鮮が核実験を実施した。ちょうど安倍総理が韓国を訪問している間にだ。このような時期を狙った核実験実施には非常に姑息で悪意に満ちた敵意を感じさせる物である。当然、核実験というカードを切ってしまった北朝鮮には、もう何の外交カードもなくなってしまった。後は、安保理による制裁を受け、国が滅びるだけになったと結論づけられるだろう。

ところで、安倍総理は何年かぶりで中国と韓国を訪問している。中国では、ある程度の収穫があったそうだが、韓国ではまだノムヒョン大統領と会う前の核実験報道だ。いいから、帰ってこい!韓国大統領などとはいつでも会える!韓国の大統領との会談よりも、我が国の安全保障に最大の脅威となった北朝鮮に対応するのが最大の責務だろ!韓国を優先して国民の安全をないがしろにするなどあり得ない!総理が外遊中に、内閣で何が決められるのか?閣議も実施できない。国連安保理に直ちに制裁をさせるためには、我が国の議長国としてのイニシアチブが必要なんだよ!さっさと帰ってこい!更に言えば、中国の首脳と会って、韓国の大統領と会わない事は、理不尽な事ばかりやっている韓国に対して、大きな外交圧力となるのだが。。

午後1時のニュースでは、総理は帰らないようだ。これで、危機管理の欠如した、国民より中韓との外交を重視する総理としてレッテル付けがなされた。いろいろな人が期待していた総理なだけに、大きな汚点である。支持率は落ちるだろうし、官僚サイドの支持も減少してしまうだろう。。。残念な事だ。次は、太郎か?
[PR]
# by ikeday1 | 2006-10-09 13:50 | 危機管理

ネットの情報力

最近ネットの情報力が拡大してきたとつくづく感じる。マスコミの連中は「ネットなんざくずだ!」と主張したいようだが、どうも風向きは良くない。

まず、最初の例は「さくらちゃん募金」だ。ある少女が難病にかかり、米国で臓器移植をするしかないという状況で、募金活動を始めた。ここまでは、良くある話。しかし、ネットではこの少女の両親がNHK職員で、年収4000万円もの高給取りである事を嗅ぎ付け、更に、彼らの住んでいる家が、1億4000万円ほどの資産価値がある事を発見してしまう。勿論これをネット上で公表し、祭りが始まった!こんな時、現れるのが、「まとめサイト」というやつ。この問題でも早速現れた。ここである。是非一度見て欲しい。ネットオタクの皆さんにここまでの情報収集能力があるとは思っていなかった。素晴らしい!このような動きを受けて、さくらちゃんを救う会もその対応に追われる事となり、新たな情報開示をせざるを得なくなった。ネットの圧力が功を奏したと言う事だろう。勿論、病気に冒された4歳の女の子に罪はなく、ただ、「何でも募金を募ればいいだろう!」という親達の安易な判断が過ちを犯したと言える。

次いで、ある「民主党初鹿あきひろ先生応援」ブログが、あの朝日新聞から「朝日新聞の著作物が無断転載された」と文句を言って来たため、そのエントリーを非公開にした事件。このブログは朝日新聞を売国新聞と言ってはばからない主張を繰り広げるサイトで、とても人気があるようだ。しかし、個人がやっているブログに対して、天下の朝日新聞が難癖をつけて来た。ついに朝日新聞も言論の展開では勝つ事ができなくなり、無理矢理強制執行を求めたわけだ。情けない。。。そもそも、飲酒運転で検挙された後で、飲酒運転撲滅の記事を書かせる新聞社である。何でもありと言う事か。

ちょっと毛色は違うが、「首相のぶる下がりを政府がネットで配信する」という案にマスコミが大反対しているらしい。アホか。。首相の会見はマスコミの独占じゃぁない!我々にだって、会見で総理がどんな事を言ったのか、マスコミがどんなアホな質問をしたのか、知る権利はあるだろう。政府は放送法でテレビ局が持てないため、ネットに頼って情報配信をしようとしている。いいじゃないの?

このようにネットもある程度の影響力を持ち始めているようだが、まだまだの感はある。今後とも皆さんの努力を待ち望みたい。私もネットの皆さんにお願いしたい調査がある。それは「富田メモの真相」。米国ではネットの情報力でブッシュ大統領のスキャンダルをでっち上げと見破り、マスコミのキャスターなどを首に追い込んだ。この「富田メモ」もどうもおかしい。世間に大きな影響を与えた記事だけに、是非、その真偽を、いや、その嘘を見破っていただけないものか?少なくとも皆で圧力をかけて、日経新聞にそのメモを公開調査させる事ができるだけでも大きな成果だと思う。

ネットは「権力を監視する」マスコミとは違い、嘘で固める物を見破る力をその情報力として発揮できるのではないか。勿論、そのベクトルの方向は大きな顔をしているマスコミ退治である事が楽しい。今後とも、皆さん、頑張って下さい!
[PR]
# by ikeday1 | 2006-09-28 22:02 | 日頃の思い

北朝鮮は中国に?

韓国が新たな歴史認識問題で悩んでいる。今度の相手は日本でなくて中国。なんと、「高句麗・渤海を中国史の一部に編入しようという歴史見直し作業」、「東北行程」というらしい。高句麗は現在の中国東北部(満州)、北朝鮮、韓国の北部を支配下に置いていた国家であり、渤海は満州からロシアの沿岸地方に掛けて存在した国家だ。中国はこれらの国は「中国の歴史」に組み込まれていると主張しているらしい。

この政治的な意味を考えてみた。今、北朝鮮ががたがたしている。50年後には存在しているか誰にも分からない。もし、北朝鮮が崩壊すれば、韓国がその面倒を見る事で、朝鮮半島に統一国家が現れる。これは韓国国民の悲願であり、世界的に見てもコンセンサスがとれているものだろう。しかし、中国がこの地方を自らの歴史の一部だと言い始めると、北朝鮮崩壊後に中国がこの地域を実力支配する可能性がある。その言い分は、「中国固有の歴史的領土である」というものだ。

北朝鮮からロシアに掛けては良質の鉄の産地である。現に、北朝鮮には中国資産の採鉄場が数多くあり、中国の経済発展を支えているばかりでなく、北朝鮮にとっても貴重な外貨獲得の資源となっている。中国がここを奪取する事により、自国で鉄の生産を行う事ができるようになる。これは魅力的であろう。反面、韓国は、崩壊した北朝鮮の面倒を見ると、韓国の経済力はたちまち破綻し、国民の生活水準は最低レベルに落ちてしまう可能性さえある。だから、韓国としてはあまり早い時期に北朝鮮が崩壊して欲しくないと言うのが実情だろう。及び腰の韓国に積極的な中国。。

韓国では当然この「東北行程」に反発しているのだが、中国人に「歴史湾曲」だと抗議すると「それはあなた達の考え方だろう」と反論されるらしい。あれ?何処かで聞いた事ないか?竹島が日本固有の領土だという意見に対して韓国人がよく使う論法なのだ。韓国は竹島が欲しいために、武力占拠し、近づく日本漁民40人あまりを銃撃し、虐殺した。これが竹島の不法占拠だ。中国は尖閣諸島や沖縄が自らのものだと言っている。チベットやウイグルには武力侵攻し、虐殺、民族浄化、不妊施術など何でもやって来た。同じ事をやる可能性は大いにある。韓国民よ。。。中国は日本のように生易しくないぞ。。。ふふふ
[PR]
# by ikeday1 | 2006-09-10 16:51 | 日頃の思い
b0050317_20221924.jpgネタばれあり。まだ読んでいない方はご承知置き下さい。

これはすごい本だ。本当に一気に読んでしまいました。17世紀のアマチュア数学者フェルマーが世に問うた一つの定理。

Xn+Yn=Zn n>2の時、X,Y,Zを満たす自然数はない。

という簡単な形。n=2であれば、ピタゴラスの定理を彷彿とさせる形である。フェルマー自身は「証明した」と断言するが、その証明は明かしていない。そこで世に名だたる数学者達がこれに挑んで350年。遂に20世紀末、アンドリューワイルズという数学者が証明した。しかし、この数式を証明する事にどんな意義があるのか?ただ単にパズルを解きたいだけの動機なのか?著者は、数学者達、それもこの分野である数論の学者達の動機はまさにパズル解きであると言っている。しかし、そこに展開されるのは人類の英知を結集した理論の世界であり、我々凡人には何の事だかよくわからない。ロマンってこういう事なのか。。。などと考えてしまう。勿論、数論が我々の文化社会に何の利益ももたらさないのかというと、ちゃんと役に立っている事なども紹介して、バランスの取れた著作となってはいる。

いやぁ、しかし、すごい物語である。この定理の証明に関わった人々のドラマ、悲哀、挫折などがちりばめられている。更に、補填にはピタゴラスの定理やら数学的帰納法の例まで載せていて、理系人間にも楽しめるよう考慮されている。著者はサイモンシンと言う人で、素粒子物理学の博士でありながら、BBCに入社し、この本の成功で作家になったらしい。BBCではこのテーマをもとにドキュメンタリーも作ったそうだ。是非、見てみたい。やるとしたらNHKなのだろうか?BBCのドキュメンタリーはイギリス人なら無料でダウンロードできるんだよなぁ。。。見たい見たい!

そう言えば、理系の人達が書き上げる本って結構お気に入りが多い。ロビンクック、マイケルクライトン、瀬名秀明など、やはり私が理系人間なので、共感する部分が多いのだろうか?この本の訳者である青木薫氏は女性の理論物理学者であるそうだが、やはりこの本に飲めり込んでしまったらしい。一気に読み込んでしまう本。。。久しぶりにお目にかかった感じだ。

追伸:ワイルズ博士のフェルマー最終定理証明の論文はここからダウンロードできます。また、その証明の補正分の論文はここからどうぞ。僕にはさっぱり分かりませんでした。
[PR]
# by ikeday1 | 2006-08-30 20:22 |

米韓同盟崩壊

米韓同盟が危機に瀕している。ノムヒョン大統領が登場して以来、韓国政府内での反米意識は際限なく高まり、最早、米韓同盟は意義を喪失したという風潮が蔓延している。米国側でも韓国をAnother Animalなどと揶揄し、とても同盟関係を維持してゆく事は困難であるという考え方が主流である。

そんな中、戦時作戦統制権を2009年に韓国に譲るという決定をラムズフェルド国防長官が明言したらしい。これは米国側の、「近いうちに米韓同盟を破棄する」という明確なメッセージである。勿論、自国の防衛に関して自らが指揮権を持たないなど言うのは、普通の独立国ではあり得ない事で、世界的に見ても韓国だけがこんなことを容認している。すなわち、戦時作戦統制権を韓国が持つと言う事は独立国として当たりまえなのである。問題は、反米主義の韓国大統領が「アメリカは嫌いだ」と言っている間にこの議論が進展する事だ。勿論、同盟など言うものは都合が良い時だけに結ばれるもので、国益を減ずるようであれば同盟は解消すべきである。しかし、今の国際情勢は米国の一極構造であり、超大国としては米国のみが存在している。軍事的、経済的、文化的にその優位性は否定できない。そして、もう一言言っておきたいのは、同盟が解消すると言う事は旧同盟国と敵対関係になると言う事である。つまり、韓国は米国を敵国にしたいと言っているのである。韓国がそう思わなくても、米国は確実にそう認識するだろう。

これって、すごい事で、北東アジアの安全保障環境はがらりと変わってしまう。韓国は米国と敵対した状態下、一国のみでまともな国際的な存在感を示す事はできない。となれば、有力なパートナーが必要となるだろう。それは、我が国ではない。中国である。もとより、韓国は中国を宗主国として生きながらえてきた歴史があるので、あまり、違和感はないのかもしれない。所詮は独立国足り得ない存在である。

我が国としては、外交的にポジティブな結果が見込まれる。最早、米国と別離した韓国に対して、竹島問題で譲歩する必要はない。堂々と侵攻し、領土を回復する事さえ可能だろう。韓国を経済債務国に転落させるための経済戦略を実施する事さえ可能となるだろう。こう考えると、とち狂った韓国の戦略は我が国がその隙をついて、我が国の国益を増大させる事ができる好機かもしれない。
[PR]
# by ikeday1 | 2006-08-27 22:56 | 危機管理