いろいろなんでも


by ikeday1
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

テロ→ドンキホーテ放火

ドンキホーテでまた放火があった。先日の放火では従業員に死者を出し、警察も一連の放火で相当な警戒をしていただろう(この部分は推測です。しかし、特別な警戒をしていなかったとしたらその方がもっと大きな問題ですな。)ときに発生した。これはもう、テロだろう。警察の警戒の目を盗んで放火できるような能力を持っているのは犯罪のプロであり、訓練やノウハウの蓄積など、比較的大きな組織が関与していると考えられる。先日の放火で撮影された不振な中年女も顔までカメラに写っていながら全然逮捕されないことからも,この事件は一般の愉快犯を想定しての捜査は間違いだと考える。

前回の放火事件では、マスコミは放火犯ではなくてドンキホーテ側に過失があるような書き方をしている。これはいかにもおかしいだろう。残念ながら、この意見は木村剛さんが既に書かれているので、多くは語らないが、今回の放火も「消防庁が他の店舗に対して立入検査をした」など、ドンキホーテに過失があったかのような報道がされている。消防庁がどのような意図で立入検査をしたのかわからないが、警察が警戒中の目を盗まれて放火が発生した事は、明らかに警察のミスであり、むしろ、警察に対する監察が必要だと思う。

出火当時、店内には50人を超える客がいたそうだが、全員、けがもなく避難している。まさしく、ドンキホーテ側の従業員がよく訓練されている成果だと思う。こういった行為は賞賛されるべきなのに,マスコミはその点に関しては何も述べないし、消防庁も表彰しない。何らかの、政治的な圧力がドンキホーテ側にかかっており、マスコミはそれを応援しているのではないかと思わざるを得ない。ドンキホーテが薬剤師抜きで薬を売ろうとした事への報復なのだろうか?この問題では、薬行政、医療行政側に大きな課題を突き付けている。また、巨額の利権も絡んでいる事から、こうしたドンキホーテの動きを嫌う方面が、テロリストを雇ったとも。。。。
[PR]
by ikeday1 | 2004-12-27 07:09 | 危機管理