いろいろなんでも


by ikeday1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

世論の変節

blog界では今回の中韓の暴挙に対して批判する論調が大部分であり、従来からの「日本が悪い」論は10に一つも見ることができない。これは数年前までは見られなかった傾向である。blog界に携わる人たちの意見が我が国の世論のすべてであるとは言いがたい部分は残念ながら認めなければいけないものの、知性があり、年齢による新しいものに対する意欲がなくなってしまっている者以外は多かれ少なかれblogに関与していると言うと、言い過ぎだろうか?こういう人種達の意見が、中韓がおかしいと考えているという事実は、我が国の知的リーダーたちの方向性を示している者と考えざるを得ない。これは、中国や韓国におもねてきた朝日新聞を中心とした勢力に対抗するために、正論や産經新聞らの長年の努力によるものなのか、blogによってこれまでのマスコミの論調がおかしいことが暴露され始めたためなのかは不明なのだが、明らかに世論は変わってきている。それにともなってかどうか、我が国は中韓に対して容易に頭を下げない。国際世論も日本は変わったと論述している。面白い時代になってきた。。。
[PR]
by ikeday1 | 2005-04-12 07:20 | 日頃の思い