いろいろなんでも


by ikeday1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

再び弱腰外交へ

日中首脳会議が行われるようだ。その席で小泉首相は中国の反日テロ活動について責任を問う発言をしないようである。またしても謝罪外交を展開するつもりなのか。頼むからやめてくれ!ここ数ヶ月が我慢のしどころだ。株が下落したり、在中邦人に危機感を与えていたり、我が国としてもつらい状況だが、こういう場合、自分たちがつらいときは相手もつらいものだ。ここで、腰を落ち着けてこれまでの軸足をしっかり保って中国がおかしいところはおかしいと言い続ければ、今後10年間の外交方針が変わるんだ。謝罪外交から解放されるスタンスを国際社会に明示できる大きなチャンスだ。ここで、腰が砕ければ中国側に批判的だった外国メディアが、一斉に中国側へ偏向する。もはや常任理事国入りなど意味がなくなる。なぜなら中国にちょっと揺さぶられただけで、自国のスタンスを180度変える国など、どの国が常任理事国として認めるのだろうか?
更に、国内では中国に謝罪させるべきとの意見を持つものが多く、首相が弱腰になった時点で、小泉総理政権を支持するものは激減する。「郵政民営化問題にかまけていて、肝心の中国外交をおろそかにしている」と批判される現政権の支持率は、継続的に下降線をたどっているが、弱腰外交への転換は小泉政権に致命的な選択となるだろう。
[PR]
by ikeday1 | 2005-04-19 07:19 | 日頃の思い