いろいろなんでも


by ikeday1
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

中国ドタキャン

呉儀副首相の小泉首相との会談ドタキャンは、当面の感の日中関係冷却化を宣言したものだろう。中国側はそれで構わないと思った結果の行動だったのだが、この時期に考えられる外交的なイベントとしては、(1)国連での常任理事国拡大案件、(2)中国人に対するビザ発注拡大くらいかなぁ??これって、圧倒的に日本に不利だ。この両者は天秤に乗せることができないほど、インパクトが違う案件なので、これくらいならばそのリスクを冒してまで、小泉首相と会う必要はないと判断したと思われる。もうちょっと長期的に見れば、北京オリンピック開催見直し、新幹線輸出問題、ガス田問題などが存在し、おおむね対等に戦うことができるのだが。。。

さて、今後の政府の方針だが、ここで引いてはならない。中国はリスクを冒してきた。そのリスクを危機まで高める必要がある。やっぱり、中国国内の反政府勢力を助長させよう!首相は靖国に行って、中国国民を動揺させる。更に、反政府勢力に資金提供し中国国内の不安定要素を増大させる努力をするのだ。これで、中国のリスク計算を狂わせることができるのではないかと思う。
[PR]
by ikeday1 | 2005-05-25 07:24 | 危機管理