いろいろなんでも


by ikeday1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

マスコミ自画自賛

私は自画自賛が大嫌いである。イラクで亡くなったジャーナリスト橋田氏のドラマをTBSが作るらしい。もう、ストーリーは見えた。「身の危険を顧みずにカメラを捨てなかった勇気のジャーナリスト」、「戦地での市民同士のいたわりと、戦争の悲惨さを訴えるために、命を捧げた」などだ。間違いない!これこそマスコミの自画自賛、ジャーナリストの自画自賛だ!吐き気がする!昔は無言実行が美徳とされ、最近では有言実行でなければだめだと言われる。しかしながら、依然として自らの功を自慢する奴は嫌な奴だという考え方は時代遅れではない。マスコミはまさにこれをやるのが得意だ。本当に嫌な奴らだ。命をかけているのは何もジャーナリストだけではない。自衛官、警官、消防士、最近注目の海上保安官。みんな国民の福祉のために命をかけている。もっといえば、普通に働いているサラリーマンにだって命をかけて仕事をしている人たちはたくさんいるだろう。そういう人たちをジャーナリズムはもっと取り上げるべきである。「プロジェクトX」や「警察24時。。。」なんて番組がそういう人たちを評価する番組なのだろうが、マスコミはマスコミ以外の業種を叩くことには得意だが、地道に働く英雄達を取り上げる番組の数は非常に少ない。以前から考えているのだが、マスコミはマスコミ以外にヒーローを作りたくないのだ。自分が常にヒーローでなくてはならないと考えているのだ。だから、私はblogを読む。blogを書く。マスコミに対するにはほんの小さな存在だが、blogはマスコミに対する小さなとげとなり、マスコミ監視の機能を持つべきであると信じている。
[PR]
by ikeday1 | 2005-06-06 20:38 | 日頃の思い