いろいろなんでも


by ikeday1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

板橋15歳少年両親殺害事件

板橋で起こった15歳の少年が両親を殺害してガス爆発をさせた事件について、最近新たな事実を知ることとなった。どうやらこの家族は三代続く創価学会の敬虔な信者だったらしいのだ。早速、グーグルしてみると、出るわ出るわ。。なんと451件!!ネットでは結構有名だったのねぇ。。全然知らなかった。マスコミの流すニュースでは、「父親から『俺と比べて劣っている』と言われたので、かっとなって犯行に及んだ」などと言っているのだが、ネットの情報によると「父親から『信心が足りないからあんな高校に行ったんだ』と言われて、連日のように殴られていたのが原因」だそうだ。なんでも、「信心が足りない」というのは学会人にとって非常にインパクトがある言葉で、最大限の侮辱を意味するらしい。だったらマスコミもそういう事実を報道して欲しいよなぁ。。これって、犯行の動機の重大な部分じゃないの?

なるほどショッキングな事件であったけど、マスコミもあまり深く突っ込まないで、何となくうやむやになったもんだと感じていた。やっぱ創価学会からの圧力だよなぁ。。。こういう大事件の続報って、創価学会が絡んだり、在日朝鮮人が絡んだ場合は扱いがとても小さくなってしまう。納得できん!やっぱり、マスコミに頼る情報収集では、まともな判断はできない。

ところで、この件に関して、あるブロガが創価学会と毎日新聞に問い合わせの電話をしている。こういうのを「電凸」というらしい。「電話で突撃」の意味なのだろうか?非常に面白い展開となっている。毎日の読者室では、あまりに突っ込まれて、電話の相手に「うるさい!」とまで切れちゃっている。おいおい。。いいのかぁ??
[PR]
by ikeday1 | 2005-07-10 10:08 | 日頃の思い