いろいろなんでも


by ikeday1
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

選挙とブログ

衆議院選挙が公示された。この選挙はブログがその存在感を表面化させた初めての選挙となる。だがちょっと待て!ブロガ達は選挙のことを自由に書いてよいのか?つまり、自分が民主党支持者だと言って、「民主党に入れなきゃ猿にも劣る!」とか「小泉自民党に投票しますか?それとも人間やめますか?」と書いても公職選挙法に違反しないのか?

確かに、衆議院が解散したその日からブログ界ではまさに大騒ぎの状況で、各人が思いの丈を綴ったエントリーが多く見られるようになった。多分、全てのブログが選挙に関係のある何らかのことを書いているのではないかと想像するものである。さらに、自民党はブロガ達を集めて座談会を実施したこともあり、ブロガ達は「ここが我々の出番」とばかり張り切っているのも分かる。しかし、公示以降は各政党ではウエッブページの更新を止め、メジャーなITメディアも選挙は取り上げるものの、特定の政党を支持したり、非難することはやめている。公職選挙法ではネットを使っての選挙運動はグレーゾーンであり、司法当局のスタンスにより、違法と合法の境目が上下するのが現状である。(ネットでの選挙運動に関する資料

「はてな」が「総選挙はてな」で、はてな独特のアイディアポイントを懸けた政党評価アンケートを実施しており、これが公職選挙法違反なのではないかとの議論が世間をにぎわしている。この件に関しては「ガ島通信」氏が詳しいので、説明はそちらに譲るが、我々ブロガは「ネットを使用しての選挙活動はグレーゾーンである」ということを認識しなければならない。つまり、公職選挙法違反で逮捕される可能性すらあるわけである。未だ、ブロガが選挙違反で逮捕された事実はないが、匿名性の高いネット世論上で「何を書いても大丈夫」な訳ではないことを十分心得ていた方が良かろう。

ここまで、ネットが市民権を得ている時代にあっても、選挙に取ってはまだまだ新興のメディアである。注意するに越したことはない。ということで、選挙も公示されましたので、特定政党の支持/非難はやめます。でも、これならば言っても良いでしょう!皆さん、選挙にいきましょう。9月11日です。不在者投票もあるでよぉ!
[PR]
by ikeday1 | 2005-08-30 21:26 | 危機管理