いろいろなんでも


by ikeday1
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

中国人の人種差別

中国は人種差別主義大国だ。英国の新聞The Guardianの記事だが、米国のライス国務長官が中国を訪問し、反分裂法を批判、日本の安保理常任理事国入りを支持した発言をしたことから、中国国内のネット世論が沸騰し、ライス国務長官に対する人種差別的な表現であふれたというのだ。その表現の中には「黒いお化け」、「黒犬」、「彼女の脳みそはその肌と同じに真っ黒だ」などの、とても文明人とは思えないものがあり、中国人の倫理性の低さが伺われる。かつて中国は文明の中心であり、文化先進国であった。共産党に指導されるようになって、その状況は凋落の一途を示している。このような中国国内のネット状況は、2チャンネルの投稿にも相当数あったと記憶しており、多分本当なのだろう。この記事の中では「中国人は自らより色が濃い人種は劣等種であると感じているようだ」とも書いている。

中国人が差別するのははたして「人種」に対するものだけなのだろうか?中国人は日本人に対して条件反射的に敵愾心を表す。これって、人種差別的な行動だ。その原因はどう考えても中国共産党が主導する反日教育により、幼い頃から「日本人は敵」と刷り込まれているからだろう。日本や欧米では「差別は人間としてやってはいけないこと」と教えられるのと対照的である。更に、チベットに対しても「チベット仏教徒は劣等種」と感じているし、ベトナム人に対しても同様だ。多分台湾人も劣等種だと思っているのだろう。

そうなると中国人の差別の対象は「人種」によるものではないのでないか?人種差別というのは後天的に育成される感覚である。つまり、幼少の頃刷り込まれた差別感が顕在化するネガティブな感覚だ。共産中国では国民達に幼少時から日本、ベトナム、米国、台湾などに敵愾心を持つような教育を行う。そうなれば成人するときには立派な差別論者が出来上がるということなのだ。そして、こういった教育のやり方を批判すると、共産党は「内政干渉」とか言い訳をして、そのやり方を変えようとは一切しない。

やはり我々は中国の共産党を打倒する努力をしなければならないだろう。そして、中国人の文明レベルを国際的に通用するレベルまで早急に引き上げる必要がある。これは共産党に指導させてはできない。文明レベルの低い人の大群を隣国として持つ我々の将来を確保するためにも。。。

閑話休題:
台風の季節である。台風の被害にあった台湾に自衛隊を国際緊急援助活動の派遣ができないだろうか?中国共産党にとってみれば、台湾は中国の一部なので、そこを救援したと言えば文句は言えないだろうし、台湾にとってみれば、日本は台湾を見捨てないというスタンスを明確に受け取れると思うのだが。もしかしたら、中国共産党の屋台骨をぐらぐらさせる一歩にならないか?ところで、台風13号はどうだったのだろう?台湾の新聞には関連した記事は出ていないが。。。。
[PR]
by ikeday1 | 2005-09-03 17:21 | 日頃の思い