いろいろなんでも


by ikeday1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

自民圧勝か?

どうやら衆議院選挙の態勢は自民党圧勝という形で終わりそうな様子である。国民は郵政民営化にGOの判断をしたとともに、民主党による政権奪取に拒否したものと考える。何はともあれ、「主権の共有や移譲」を旗頭とするような民主党が政権に近づくことがなく、幸いである。

民主党党首の岡田氏もよく頑張った。もとより左右入り乱れての民主党である。スタンスを一本にまとめることも非常に難しい中これまでよくリーダーシップを発揮したものだと思う。郵政民営化の参議院採決では自民党が賛否を割る中、民主党参議院議員は全員反対票を投じさせるということはなかなかできることではない。しかしながら、民主党はマニフェストを掲げて戦い、自ら、マニフェストでの政権政策提示を表に出しての戦いである。この選挙結果は明らかに民主党が掲げるマニフェストが否定されたと考えるべきであろう。なんて。。とりあえず、敗軍の将を持ち上げておこう。

さて、われわれは今、小泉純一郎というリーダーを選んだ。これから彼が自民党総裁をやめる来年9月までの約1年間、独裁者としてのステイタスを彼に与えた。私は、独裁者の出現を危ぶんではいない。むしろ、この独裁者に改革の旗手としての手腕を期待する。なんせ、この独裁者は1年間しか権力を振るうことができない。まるで、ローマの執政官のように。。これまで、日本の総理大臣はちゃんとしたリーダーシップを発揮できなかった。なぜなら、自民党内には派閥力学が存在し、総理大臣の判断以外に派閥の首領の判断が政府を動かす傾向があったためだ。今回、我々は独裁者を作った。思いっきりその手腕を発揮して欲しい。だめなら辞めてもらうまでだ。主権は国民にある。

負けた政党や候補者は負け犬のごとく吠えまくっている。お前らは国民の審判を信じないのか?国民は明らかに民主党を信じなかった。小泉自民党を信じたのだ。現在、午後10時15分、社民党の当選(確実を含む)はゼロである。たとえ、最終的な選挙結果が出ても、現議席から大幅に減員することは間違いない。勿論、彼らには国会での質問はやってもらったら困るし、マスコミも各党の代表が出席する番組に呼ぶべきではない。彼らは国民から不必要だと審判されたのだ。

お詫び:以前私のブログで「小泉自民党が過半数をとることは困難」と書きましたが、どうやら間違っていたようです。謹んで御詫び致します。更に、「選挙直前にテロが起きる可能性がある」などと書き、不必要な不安を表明しました。外国人と思われる女が首相官邸に突入し、自殺を図った以外に、特段、テロ活動がなかったことは幸いでした。これも御詫びしたいと思います。
[PR]
by ikeday1 | 2005-09-11 22:21 | 日頃の思い