いろいろなんでも


by ikeday1
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

自民投票者は馬鹿者か?

衆議院選挙後、マスメディアは自民に投票した人たちを「馬鹿者」と決めつけることにしたようだ。その論調は「自民は劇場型というこれまでにない姑息な手段で選挙に臨んだ。民衆は愚かにもその戦略に乗って、まじめに議論しようとした岡田民主党を無視した結果、自民はこれまでにない大勝利をおさめた」というものだ。完全に負け惜しみである。朝日新聞や東京新聞と言った特定アジア諸国を持ち上げることを社是としている新聞は、自民が大勝したことが相当悔しいらしく、特にその論調が強い。まるで国民を馬鹿扱いすることが生き甲斐であるかのようである。また、NHKも選挙総括的な番組またはコーナーには、進歩的文化人が出てきて、「郵政民営化の是非のみで判断した」、「この選挙は良い選挙ではなかった」、「民衆はよく考えることなしに自民に投票した」などと言わせ、国民を愚か者として扱っている。

我が国の将来を方向付ける衆議院選挙の動向を左右することはマスコミの生き甲斐であり、特定アジア諸国に特別に気を使う連中に取って、自民を敗北させることが全ての行動のベースとなっている。しかし、今回の選挙結果では自分たちが考える方向に投票動向が向かわなかったことが彼らをいらだたせているようだ。

我々は本当に愚か者なのか?マスコミに出てくる進歩的文化人たちに取ってみると、我々は救いがたいほどの愚か者のようである。では、彼らと比べてどれほど愚かなのだろう?衆議院解散以来、我々は小泉首相の推し進めた方針を聞いていたし、民主党や社民党の言うことも聞いてきた。更には、進歩的文化人と自称する者達の議論にも耳を傾けている。マスコミだって、小泉首相の取った戦略があまりにも面白かったために、多くの番組が自民党のどたばたをおもしろおかしく取り上げていたことは否めないが、民主党や社民党、共産党の主張を一切取り上げていなかった訳ではなかろう。テレビ朝日やニュース23では相変わらず反自民のキャンペーンをやっていたし、新聞各紙にも自民の批判記事を多く載せていたはずだ。この事実に鑑みるにどうやら進歩人たちの主張する「自民の主張ばかりを聞いて投票した」というのは間違っていそうだ。また、少なくない人々が各党のマニフェストを投票先の参考としたという調査結果からは、「郵政民営化のみが争点の選挙であった」というのも正しくなさそうだ。「自民に投票した者は郵政民営化の本当の意味が分かっているのか?」という批判もあるようだが、少なくともこれが必要なことは分かっているつもりで、ただ、あなたが思うことが正しくないと考えるので、自民党に票を入れた訳である。ほら。。進歩人たちが言うほど我々は愚かではないだろ?むしろ、「主権の共有や委譲」を目標としている民主党に民衆がNOを突きつけたことは、優れた判断だと考えている。

「小泉自民党が暴走しないように、今後の動きを監視しなければならない。」などという議論もあるが、当たり前である。国民は政治を何時も注視しているし、そのためにもマスコミがあるのだろう?改めて言われなくても分かっている。そういうことをわざわざ書いたりするその行動こそが暴走である。進歩的文化人たちよ。国民を馬鹿にするジャーナリストや学者たちよ。君たちは間違っている。民主主義の世界では国民を馬鹿にしてはいけない。もう一度自分の言動を見つめ直せ!君たちの行動は負けたことを認めることができない、泣き叫ぶだだっ子以下である。こういう種類の人間は最近多いよね。ウサマビンラディン?ザルカウィ?。。。
[PR]
by ikeday1 | 2005-09-16 22:03 | 日頃の思い