いろいろなんでも


by ikeday1
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

小選挙区制は「不公正」か?

社民東京比例区における保坂氏の議席確保について書いたところ、いくつかの意見がコメントされたので、ブロガとして彼らに対する意見を書いてみたいと思います。まず、バスター・ケンさん、コメントありがとうございます。また、フロレスタンさん、いつもお世話になっております。本稿ではとりあえず私の記事に反論されているバスター・ケンさんへの反論という形をとります。

民主主義とは各人の意見を汲み取るための方法として「多数決」というシステムを導入しています。議論を重ねて、最後には採決をとる。その結果をもってその会議などの結論とするものです。その際、多数を得た者を支持した者の意図は肯定され、別の考えを持つ者の意図は否定される「不平等」が発生します。しかし、採決に参加できる人たちがその投票に関して「平等」に権利を行使する事ができれば、その議決は「公正」であり、その際、発生する不平等性は議決を得るために避けられないものとして甘受しなければならないのです。そして、国会での議論に参加し、法案の採決に票を入れる事ができる議員を選ぶ行為が選挙です。現在、衆議院選挙では小選挙区制と比例代表制という二つの制度を併用しています。有権者は、小選挙区では「人」を選び、比例代表区では「政党」を選びます。この候補者に投票する権利は全ての有権者に「平等」に与えられています。ま、当たり前の事ですね。勿論、1票の重みに格差があり、その差があまりにも大きい場合には「公正」さを欠く選挙として違憲であるという裁判所の判断があったと思います。しかし、今回のバスター・ケンさんの争点とは異なるためにここでは問題としません。

小選挙区では一つの選挙区から一人の当選者を出します。投票者は当選させたいという「人」を選ぶ訳です。その結果、最大の得票数を得た者が当選となります。この時点で、当選した候補者と落選者では「不平等」が発生します。当選者の政治的意図は肯定され、落選者のものは否定されるわけです。更に、当選者に投票した人の政治的意図は当選者を通して肯定され、それ以外の候補者に投票した人たちの政治的意図は否定されるわけです。しかし、有権者の票及び投票の権利は「平等」ですので、その選挙は「公正」であり、不平等性は避けられないものとして甘受するしかありません。つまり、小選挙区制のもとで行われた選挙に際して、全国の自民投票者の票を集計し、その得票率と議席数を比較するのは、民主主義下での選挙で甘受すべき「不平等性」を「不公正」として取り扱おうとしているのです。小選挙区制とはそういった制度であり、ここで得られた結果は欺瞞でも何でもありません。もし、バスター・ケンさんが小選挙区制では民意を反映できないとあくまでも主張するのなら、立候補するなり、政党を作るなりして、国会で小選挙区制を変更するよう努力すべきでしょう。我が国の政治は幸いな事に、ある要件を満たしていれば誰にでも立候補する権利は平等にあります。

小選挙区では死亡したり選挙違反をした候補者は、たとえ当選した場合でも議員として奉職する「資格」をなくしています。小選挙区が「人」を選ぶところである限り、次点の「人」が当選となる事は当然の事です。また、小選挙区制なので次点の人は当選した政党とは異なる政党に属している事になるでしょう。失格した候補者に投票した人たちは自らの不明を嘆き、その不平等性を甘受しなければなりません。翻って、比例区の話ですが、比例区では「政党」に投票します。「政党」とは政治家である「人」が集まって作ったものであり、当然「人」本意である小選挙区とは異なる力学が存在します。社民党が比例区で議席を獲得した場合、その当選者が選挙違反や死亡する事で議席を失っても、その議席は他の政党に行くわけではありません。社民党の次の名簿順の議員に行くわけです。なぜなら、有権者は「政党」に票を投じたものであって、個人に票を投じたわけではありませんから。保坂議員の場合は、自民党という政党に投票した票が、社民党の得票数と扱われて、社民の議員が当選した事がおかしいと言っているのです。バスター・ケンさんは小選挙区と比例代表区の特質を混同しており、とても説得力のあるたとえ話ではありません。

私は保坂議員の当選が違法であるとは言っていません。現在の制度のもとでは社民党が議席を得る事は合法なのですから。しかし、政党を選ぶはずの比例代表区で、「自民」の票が「社民」の票になったのがおかしいと言っているのです。そして、これが「自民」に投票した人の固有の権利を侵害していると言っているのです。今後、この問題が議論されれば、公選法の改正という事にもなるでしょう。その際、民衆の権利を声高に叫んでいる社民党の党員として、党代表の議員として、自民に投票した人たちの権利を侵害した事となる保坂議員は自らの姿勢を正当化できるのか?それを問おているのです。

ちょっと長くなりましたがいかがでしょうか?私の意図を理解していただけたでしょうか?
[PR]
by ikeday1 | 2005-09-17 15:34 | 日頃の思い