いろいろなんでも


by ikeday1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

小泉最終内閣発足

小泉政権の最後の内閣が決定された。安倍氏は官房長官へ、麻生氏は外務大臣になった。両者とも中韓朝強硬派で特定アジア国は今後の対応に追われる事だろう。安倍氏は北朝鮮経済制裁論者、麻生氏はガス田開発論者である。これからますます政治が面白くなりそうだ。私の希望としては塩野七生氏の文部科学大臣を期待していたのだが、そこまでのサプライズはなかったようだ。なんにせよ、小泉首相の次の首相は、小泉氏が他に例を見ない素晴らしいリーダーシップを発揮したあとだけに、やりにくい部分はあるだろう。是非、小泉氏に負けないようなリーダーシップを持った政治家に首相になって欲しいものだ。

小泉首相は改革の総仕上げをする内閣だと銘打っているが、先日、国軍の保持と集団的自衛権を認めた憲法草案をまとめあげた直後の内閣改造である。私は「憲法正常化はじめの一歩内閣」と呼びたい。それにしても、この憲法改正案では海外における武力行使を禁止している。中国や北朝鮮のミサイルを発射前に現地で叩く戦略はどうするのだろうか?まさか、正当防衛の範囲であるので、ミサイルの発射地点攻撃は海外での武力行使には当たらないとでも言うのだろうか?おいおい。。。最初から言い訳かよぉ。。。せめて、「正当防衛等の場合をのぞき、海外における武力行使を禁止する」と書いてくれ!!

あと、1年あまり。この内閣にはいろいろな仕事をして欲しいものだ。その活動の中で、次の首相たる人物を見極めたいと思う。小泉氏が首相を辞めたあと、この憲法論議を縮小させてはならない。更には、我が国の国連安保理常任理事国入りも果たさなければならない。こう考えると、まだまだ多くの課題山盛りである。頑張って欲しい。
[PR]
by ikeday1 | 2005-10-31 19:13 | 日頃の思い