いろいろなんでも


by ikeday1
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スクールバス導入構想案

b0050317_1902756.jpg最近、小学生の下校途中に殺害される事件が多く発生し、世の親御さん達が何かと不安を感じる時代となってしまった。そこで、スクールバスを提案したい。他のブロガー達もスクールバスを提案している人は多いので、これをどうビジネスチャンスとするのかを考えてみた。

幼い子供を殺すなどという事は許される事ではなく、なんとかしなければならないという風潮は否定できないうねりなっている。勿論、親御さん達や教師のみならず、行政もなんとかしなければならない問題である事は最近のニュースなどでも取り上げられているが、具体的な提案としては、学校の登下校時に親御さん達が通学路の角々に立って警戒する、子供にGPS搭載の携帯電話を持たせ、親御さん達が子供の所在を把握する、などの案が出ているが、子供達をバスという安全空間に閉じ込めてしまい、その安全空間が移動するという「スクールバス構想」は非常に有効な手段だと思う。しかし、この案は金がかかる。これが大きな問題であろう。

そこでだ。。三菱ふそうにとっては巨大な需要が転がっていると見るべきであろう。まず、子供を乗せるバスは「環境に優しい」とか言って、低燃費のバスを先取りで開発してしまう。勿論、安全性を高める、障害のある児童たちでも安心して利用できるよう、いろいろな機能を付加してしまい、高付加価値のバスを提案すべきであろう。

そして、今回の被害者の通う学校、または三菱ふそう工場の近くの学校にぽーんと5台ほど寄付してしまうのだ。勿論、「昨年はリコール隠しなどによって、ご迷惑を御かけしましたので、せめてもの罪滅ぼしに、このバスを贈ります。」なんて口上を付ければなおよろしい。これは行政がスクールバス導入を匂わせ始めてからでは遅い。スクールバス導入の利点不利点の議論が始まる前に率先的にやってしまう事が効果的だろう。すると、贈られた学校は非常に喜び、その学校の児童たちがどれだけ安全かを社会に訴える事にもなり、他の学校も欲しがるに違いないのだ。多分、スクールバスが欲しい学校は行政に泣きつくであろうし、もしかしたら国策としてスクールバス導入を政府が決定するかもしれない。それもろくな議論がないままに。。。それで、結果的に何台売れるだろう。私立の学校などは少子化で児童の取り合いが発生する際、スクールバスを導入していれば他の学校との差別化を図る事ができ、有利となるのは間違いない。もっと言えば、スクールバス内でゲームやら、ビデオやらを利用可とし、スクールバス用の商品の開発をやれば結構の産業興しにつながる事も期待される。バス内で、中国がどれだけひどい国かを教育するビデオを流すなんてのもいいかもねぇ。運転手は定年退職したバスの運転手でもいいだろうし、新たな雇用が創出される事となる。

全国で、小中高校を合わせて、何千という学校がある。それぞれ、5台ほどのスクールバスを導入すると、どれだめの経済効果を生むかはかり知れない。多分、子供に持たせるGPS付き携帯は売れなくなるだろうが、知ったこっちゃない。学習塾も導入するかもなぁ。。。

悲惨な事件を金儲けに利用するなどと非難も受けそうだが、これこそがビジネスだぜ。
[PR]
by ikeday1 | 2005-12-06 19:00 | 危機管理