いろいろなんでも


by ikeday1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

特定アジア国あわれ。。

平成17年が終わろうとしている。いろいろなブログで「今年の総括」のような企画記事が書かれていると思うが、私にとってみれば、平成17年という年は我が国と中国/韓国/北朝鮮と言った特定アジア国と一線を画すための年であったと思う。そこで、これら特定アジア国の汚点を順不同で上げてみたいと思う。
      中国
    1. 小泉首相の靖国参拝を受けて発生した大規模な反日テロが国際的な批判を受ける
    2. 中国の軍事力が脅威であるという認識が日本国民の間に定着した
    3. 胡錦濤主席が前原民主党党首との会談を拒否
    4. 農民デモを弾圧し、天安門以来の虐殺を行った
    5. 官僚の汚職が進み、汚職官僚は多額の外貨を外国に持ち出し逃亡多数
    6. 炭鉱事故が相次ぎ、6000名あまりの死者
    7. 各種工場爆発が相次ぎ、汚染物質を垂れ流し、環境汚染が進む
    8. 日中議員連盟の訪中を拒否
    9. 6カ国協議で議長国としての能力不足が露見
    10. サッカーアジアカップで、日本チームに対する野蛮な行為を行わせ、北京五輪の開催が疑問視される
    11. 我が国外交官に対するスパイ容疑が公表され、国際的に非難を浴びる
    12. 大規模な反体制民衆デモが各地で発生
    13. 我が国の世論からも信用できない国として認定
      韓国
    1. ES細胞捏造で国威喪失
    2. 国連の北朝鮮人権非難決議で棄権し、国際的信用を喪失
    3. 靖国神社参拝問題が外交カードとしての効力を失う
    4. 靖国神社問題で、中国との連携を表明し、自由主義国からの嘲笑を買う
    5. APECでの発言力が低下し、国際的影響力が低下
    6. ドイツで反日外交を広げるも、相手にされず
    7. マッカーサー将軍の像撤去問題で、米国民から反感を買う
    8. 米国から同盟解消に関して圧力
    9. 日韓友情年だが、対韓信頼度は低下
      北朝鮮
    1. 偽ドル札作成の国家的関与が暴露
    2. 日本政府が朝鮮系金融機関に600億円以上の返還を要求する
    3. 6カ国協議で核廃棄を承認するもいいわけばかりで実行しようとせず
    4. もはや北朝鮮を信用する国際世論なし

いやはや、平成18年も特定アジア国にとっては厳しい年となりそうである。
[PR]
by ikeday1 | 2005-12-29 12:13 | 日頃の思い