いろいろなんでも


by ikeday1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

小沢民主党誕生

小沢民主党が誕生した。小沢氏の政治的なスタンスは、自民党と全く相対するものではないはずなのだが、野党第1党の党首となったからには、これまでとは異なったスタンスを示してくるに違いない。そこで、靖国神社への首相参拝に関してのコメントが早速波乱を呼んでいる。「A級戦犯は戦争を指導したものたちであり、靖国神社にまつられる資格なし。民主党が政権を取れば、すぐにでも分祀する。簡単だ。やりかたは言わない。」というものだ。政府主導では一宗教法人の行動をコントロールすることはできないと言う事から、A級戦犯分祀を実現できなかったのだが、小沢氏にはそれが簡単にできるそうだ。法律でも変えるのだろうか?そもそも、A級戦犯は我が国が独立を回復したあとで、その名誉は回復され、最早犯罪者ではないという国会決議が有る。それでも小沢氏は中国の言う通りにA級戦犯の分祀を行いたいのか?民主党は政権が取れたとしても、弱小で、何処かの政党と連立を組まなければどうにもならないだろう。今のままの靖国神社への首相参拝に評価を与えるものは国民の半数いる。このような世論と全く相反する行動が弱小政権に取れるのだろうか?どうやら、この靖国関連発言は、小沢流「スタンスなしのポピュリズム」であることは間違いないらしい。

で、中国新華社が早速小沢氏に組するような記事を書いている。中国にほめられるようなスタンスは、我が国の国益に反するという定理からすると、小沢民主党もこれまでの民主党とあまり変わらない道を歩むのかと、ため息が出る。
[PR]
by ikeday1 | 2006-04-10 06:47 | 日頃の思い