いろいろなんでも


by ikeday1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

竹島次官級会談

僭越ながら、竹内次官と柳外交通商省第1次官の議論を仮想再現してみた。
竹:今回の竹島に関する問題は平和的に解決するようにと、小泉総理から言われてきている。よろしくお願いします。
柳:日本の首相は我が国の大統領と比べると格下であり、その指示に従う必要は全くないと考えている。
竹:それでは、お互いに強硬論で行きますか?
柳:我々としては何も失うものはないので、それでよろしい。
竹:であれば話は簡単で、我が国は測量船を出して、そちらの主張するEEZ内を含めた調査をするだけです。
柳:もし調査船が韓国のEEZに侵入したら拿捕します。これは譲りません。
竹:それは国際法違反ですよ。
柳:それは分かっています。でも、韓国の国内法では可能な措置です。
竹:普通の法治国家であれば、国際法が国内法に優先することになっているのですが。。。韓国が国際違反をしたら、 我々として国際社会に訴えかけますが。
柳:韓国は国際海洋裁判所の一方的提訴排除を宣言したから、どんな訴えにだって耐えられますが?
竹:ほう。。国際社会ってのは国際海洋裁判所だけでは有りませんよ。だめもとで国際海洋裁判所に訴えて、韓国の国際法違反を一方的に唱えることさえ可能ですよ。更に、これによって、国際司法裁判所への提訴も視野に入れているんですが。
柳:国際司法裁判所は両国の合意がないと裁判は行われませんが。。
竹:そうですねぇ。。最近では国際司法裁判に対応しない韓国の姿勢が相当問題視されているようですが。。。勿論、訴えに対応しないのは主権国の権利ですからねぇ。。でもそれは卑怯kjねhckpれskwくぅ。。。
柳;しかし、韓国政府としては日本の言いなりになっているわけにはいかないんですよ。
竹:分かっていますよ。だから、普段は公表しないそちらに妥協できる案を公表したんです。
柳:竹島周辺の海底の名称の件ですか?
竹;そうです。韓国側にはこの経緯は分かっていたはずです。
柳:分かっていませんよ!日本が韓国の竹島に調査船を出すと言う事が分かっていただけです。
竹:ああああ。。klpじえscdっっfkj。。
柳:この問題は、韓国に取って譲歩できる部分は何も有りません。日本は調査をやめると譲歩するしか問題を解決することはできません。
竹:では、我が国は粛々と調査をさせていただきます。
柳:拿捕しますよ。海上保安庁の調査船の乗員が韓国の留置場でどんな目に会うか想像したことが有りますか?
竹:それは、脅迫ですか?
柳:どうとでも取って下さい。かなり辛い記憶になると思います。ソ連に拿捕された漁民は何十年もkrtgんぢsqwpl。。
竹:そうなった場合、我が国と韓国の関係は修復できないものとなるでしょう。アメリカはどちらにつくでしょうかねぇ。。
柳:えええええlkpっhytwr。。
竹:我が国は韓国がいなくても生存できますが、韓国はっkんmhgっtrっっwdr
柳:どうでしょう。どうやら我を張っても大した利益には繋がらないようです。ここらで手打ちにしませんか?
竹:我が国は調査計画を撤回し、韓国は国際会議への提案を先送りにする。我が国は撤回で、韓国は先送りなので韓国のメンツも立つのでは?
柳:それしかないようですね。。。ははは。日本は竹島への挑発はこれきりにして下さい。
竹:あり得ません。ふふふ。。

ってなことかもね。。。
[PR]
by ikeday1 | 2006-04-22 23:28 | 危機管理