いろいろなんでも


by ikeday1
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

新潟中越地震とマスコミ

地震から3日目となりました。昨日まではNHKのFMと教育テレビで相変わらず被災者へのメッセージを延々と放送していました。しかし、テレビなどで見る被災者たちは、駐車場に自家用車を止めて、その中で生活しており、更に、水や食料、医薬品等に苦慮しているようで、もちろんテレビやラジオを聴く余裕なんてありません。そういった状況でFMと教育テレビを丸1日以上止めて、被災者へのメッセージを送る必然性が本当にわからない!!「FMと教育テレビが持つ機能を否定しているのか」とすら勘ぐってしまいます。
私は日頃からNHKが持つべき機能は、24時間ニュースと教育番組(ドキュメンタリーを含む)だと思っています。通常のプログラムとして24時間ニュースをやっていれば、非常事態時の対応もスムースに行くわけですし、教育テレビの波を使えばドキュメンタリーや教育番組を放送する素地は十分にあるわけで、NHKは真に国民のために役に立つ番組構成をすべきなんです。なぜ、「朝の連続テレビ小説」やら、「紅白歌合戦」、「のど自慢」を国民から徴収する受信料で作らなければならないのでしょうか?こんな番組は民放で十分に対応できるでしょう!
また、NHKは地上波が2波に、地上デジタル放送、BSが2波、BSデジタル放送など、テレビに限っても実に6波を有しています。高校野球や大相撲になるとこれらのうち3〜4波がまったく同じ放送をしている。そんなに番組のねたがないなら電波を返上すべきです。全部受信料に跳ね返っている。国会議員は、こういう点を是非、予算審議の中でNHK側に問い詰めて欲しい!更に、国民からの受信料で制作した番組をビデオ等で販売してますよね!こんなことはありえないでしょう!無料で配布すべきです!いまはインターネット等で、容易に配布できるインフラストラクチャーがあります。これを活用して国民の財産であるNHKの番組を国民の手に戻すべきです。英国のBBCでは制作した番組の無料配布を始めますよ!著作権?国民の受信料で製作しておきながら、手前味噌な権利を振りかざすんじゃない!

今日、中越地震に関して面白い報道がありました。ラサール石井氏のコメントなのですが、山の中にいる被災者に援助物資を送る方法について「自衛隊の戦闘機はピンポイントで攻撃する能力があるのだから、ピンポイントで援助物資を投下すべきだ」というものです。できません!爆弾の中に援助物資を詰めて落とせとでも言うのでしょうか?ナンセンスです。こういう、素人考えをテレビというメディアを利用して言及するのはまったく無意味であり、本人のおつむの程度を現すものとしか考えられません。もちろん専門家からのアドバイス等には耳を傾ける必要はありますが、政府や警察、自衛隊などの危機管理組織はプロとしてさまざまなやり方で、最善の救援活動を行っており、無責任な意見は救護活動を阻害するのみです。このような言動は厳に慎むべき!また、マスコミは自分たちのヘリを救護に使用することについて、「救護活動にかかわりたいのだけど、積載量等の面から不十分」とか言っているが、本当にかかわりたいのならば、薬だって粉ミルクだって運べないはずはない!救護活動にかかわりたいなどと嘘をつくんじゃない!
いやぁ、怒ってしまった!

嫌な話を聞いた。足りない足りないと言っている食料等の援助物資を、現地に来ているマスコミ関係者が我が物顔に食べているというのだ!一体どうなっているのか?
[PR]
by ikeday1 | 2004-10-26 18:59 | 危機管理