いろいろなんでも


by ikeday1
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

イラク人質が殺害?

とうとうイラクで捕まっていた人質が殺害されたらしい。現段階では確認されていないという事だが、まず間違いなく彼だろう。先日の私のblogでは,「彼のような行動がイラクにおける自衛隊の復興支援の足を引っ張るなど許せない」と書いたが、「自衛隊を撤退させろ」などという風潮がマスコミを中心に広がりそうだ。その事が正に残念である。

この事件は、我が国が国際社会で責任ある地位を占めるためには払わなくてはならなかった代償である。そして、現在の我が国は国際社会の中で責任ある行動をとらなければならない状況にある。我が国の経済状態や国際政治における地位などに鑑みてもこれは自明である。政府としては,こんなことが起きないようにイラクに行かないよう勧告を出していたのであり、復興支援も自衛隊という軍組織を中心に編成しているわけである。そういう配慮もわからない人種達が自己中心的にイラクに入国し、テロリスト達に拉致され、復興支援活動を妨害する。こういう人間達こそイラク人にとって見れば迷惑なのである。イラク人達を助けたいのであれば、自衛隊の活動を応援すべきであり、自己満足的に「あたしって偉い!」と主張したいのであれば、国内にそういう助けを必要とする人たちは山ほどいる。

また、今回の事件で非難されるべきはテロリスト達である。マスコミは「武装勢力」という言葉を使っているが、テロリストに他ならない。それを自衛隊のせいにしたり、政府のせいにする輩がテロリストを支援する事になる。もし、民主党、社民党、共産党などがこのような論調を掲げるならば、彼らはみんなテロリスト支援政党である。そもそも、社民党は昔からテロリスト支援政党ではあるが。。。。

言わずもがなではあるが、今回の政府の対応は間違っていない。たんたんとこれまでの政策を押し進めるべきであるし、自衛隊も何に臆する事なく、復興支援を続けるべきである。

追記:どうやら発見された遺体は人質のものではなかったようだ。しかし、私のスタンスには変わりないので、このまま記事を掲載する。
[PR]
by ikeday1 | 2004-10-30 07:20 | 危機管理