いろいろなんでも


by ikeday1
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:本( 9 )

おっぱいバレー

b0050317_1251727.jpgこれはすごい本だ!不覚にも2回涙した。中学生の男子に取って、憧れの女教師のおっぱいが見られるとなれば、どれだけ努力するだろうか?そんな、男子中学生をやった事がある皆さんには当たり前のテーマ。女子達に取ってはただ単にあってはならないこと。それを真っ正面から小説にしたところが偉い!

この本は、中学生をとっくの前に卒業した私にも、感激と感動を与えてくれた。なんとなく、「シコ踏んじゃった」という小説にも共通点があるような気がする。単なる若大将的なエリート体育会系物語でなく、巨人の星的なスポ根ものでもない、当たり前な中学にありそうな話が秀逸だと思う。

一晩で読んでしまった。本は1200円、飲み屋で過ごす2時間5000円より、とっても楽しめた感じがした。
[PR]
by ikeday1 | 2007-03-05 01:36 |
b0050317_2142951.jpgを読んだ。この本は、ブルーバックスなのだが、決して量子力学の初心者が読んでも面白くない。大学時代に量子力学を勉強したけど、その後、すっかり違う領域で仕事をして、「量子力学ってなんだっけ?」と思っている人に楽しい本だろう。

この手の本に出てくるように、「数式を書いたら絶対だめ!」というスタンスではなく、数式を示しながら、その数式を詳しくは説明しないという面白いスタンスを取っている。僕は楽しめたなぁ。。

更に、「電子が、不連続なエネルギーレベルを移動する場合、そのエネルギー差が電磁波として放射されるが、移動しているその間は一体どうなっているんだ?」とか、「微粒子は粒子と波動との両方の特性を持つが、波動は一体何が振動して波を作っているのかは、誰にも分からない」など、非常に興味の持てる話題を提供している。

電車の中で、深い思想の淵に陥りたい人への推薦書である。
[PR]
by ikeday1 | 2007-03-03 21:17 |
b0050317_20221924.jpgネタばれあり。まだ読んでいない方はご承知置き下さい。

これはすごい本だ。本当に一気に読んでしまいました。17世紀のアマチュア数学者フェルマーが世に問うた一つの定理。

Xn+Yn=Zn n>2の時、X,Y,Zを満たす自然数はない。

という簡単な形。n=2であれば、ピタゴラスの定理を彷彿とさせる形である。フェルマー自身は「証明した」と断言するが、その証明は明かしていない。そこで世に名だたる数学者達がこれに挑んで350年。遂に20世紀末、アンドリューワイルズという数学者が証明した。しかし、この数式を証明する事にどんな意義があるのか?ただ単にパズルを解きたいだけの動機なのか?著者は、数学者達、それもこの分野である数論の学者達の動機はまさにパズル解きであると言っている。しかし、そこに展開されるのは人類の英知を結集した理論の世界であり、我々凡人には何の事だかよくわからない。ロマンってこういう事なのか。。。などと考えてしまう。勿論、数論が我々の文化社会に何の利益ももたらさないのかというと、ちゃんと役に立っている事なども紹介して、バランスの取れた著作となってはいる。

いやぁ、しかし、すごい物語である。この定理の証明に関わった人々のドラマ、悲哀、挫折などがちりばめられている。更に、補填にはピタゴラスの定理やら数学的帰納法の例まで載せていて、理系人間にも楽しめるよう考慮されている。著者はサイモンシンと言う人で、素粒子物理学の博士でありながら、BBCに入社し、この本の成功で作家になったらしい。BBCではこのテーマをもとにドキュメンタリーも作ったそうだ。是非、見てみたい。やるとしたらNHKなのだろうか?BBCのドキュメンタリーはイギリス人なら無料でダウンロードできるんだよなぁ。。。見たい見たい!

そう言えば、理系の人達が書き上げる本って結構お気に入りが多い。ロビンクック、マイケルクライトン、瀬名秀明など、やはり私が理系人間なので、共感する部分が多いのだろうか?この本の訳者である青木薫氏は女性の理論物理学者であるそうだが、やはりこの本に飲めり込んでしまったらしい。一気に読み込んでしまう本。。。久しぶりにお目にかかった感じだ。

追伸:ワイルズ博士のフェルマー最終定理証明の論文はここからダウンロードできます。また、その証明の補正分の論文はここからどうぞ。僕にはさっぱり分かりませんでした。
[PR]
by ikeday1 | 2006-08-30 20:22 |

ウェブ進化論

b0050317_7122149.jpgウェブ進化論を読んだ。梅田 望夫氏の著作であり、昨今のウェブ上での進化を描いている。梅田氏は永いことネット進化の中心地であるシリコンウ゛ァレーに住んで、その動きを見続けていたそうだ。その活動の中で考えたことを綴っている。中でも注目したいのは氏の表現力である。「『あちら側』、『こちら側』」、「(≒無限大)×(≒無限小)=Something」などウェブ世界が注目されなければ出てこない概念がちりばめられている。また、Googleの可能性の大きさやその知的な活動を大きく紹介し、「あちら側社会の覇者」との評価をしている。最近Web2.0なる言葉が出ているが、これはなにもソフトウエアのバージョンではなく、あちら側の社会が革命的に変化していることを表すことらしい。で、今後はあちら側を中心とする企業または社会がビジネス界をリードしてゆくのではないかと解いているわけである。

人間の生活はあちら側だけでは成り立たないために、当然こちら側の物を作って行くビジネスが主流である。しかし物やサービスを提供する、または売買する場所があちら側に移ってゆく。。。なんとも壮大な話であり、そのようなビジネスに唯一成功しているのがGoogleだそうだ。このリンクをクリックしてもらえばわかるが、Googleのサイトは非常にシンプルである。ところがこのGoogleが唱える社是は「世界中の知識の再構成」、「世界格差の解消」など素晴らしい物を掲げている。ネット上には公の物、民間の物を問わず巨大な情報があふれている。それも無秩序にあふれている。これを再構成して世界中のネットユーザーに提供しようと言う、悪く言えば「他人の土俵で相撲を取る」やりかたである。こんなことが可能であるならば、Googleの考えていることももしかしたら実現可能かもしれない。注目すべき企業である。

この本にはブログの可能性に関しても書かれている。これまでマスコミに独占されていた2次情報の発信が、単なる個人にも可能となった可能性についてだ。これについては私も何度も書いているが、同じような考え方を「こちら側」の本で読むことには、なんとなくうれしさを感じた。
[PR]
by ikeday1 | 2006-03-01 07:12 |

スフィア

b0050317_1923579.jpg
ネタバレを含んでいますので、読んでない方はご遠慮下さい。

マイケルクライトンの「スフィア」を読んだ。久しぶりにハードなSFが読みたいと思ったからだ。しかし、なんとなく消化しきれない感じがした。海にあった300年前の宇宙船を未来からのタイムマシンであると事前に見破った者がいたが、なぜ見破る事ができたいのか、その理由は述べられていない。また、タイムマシン内にあった球体がどこから来たのか、タイムマシンの乗務員はどうなったのかなど,解決されていない問題が山積みのまま物語が終わってしまう。全ての謎を説明しきる事がSFの条件でもないのだろうが、何となく、多すぎて残念である。

この小説では、科学者の中に、心理学者が加わっている。この心理学者が主人公なのだが、「心理学など学問ではない」という議論が出てくる。クライトン本人は明確にそう思っているわけではないのだろうが、どうやら多少はそのように感じているようだ。私自身は心理学に対してはあまり意見はないのだが、経済学は怪しいと思っている。なぜならば、現在の経済状況やその展望について経済学者が100人いれば100通りの解釈があり、100通りの未来像がある。数学であれば、一つの方程式からは解き方は何通りもあるだろうが、答えは一つである。経済学。。。これはなかなか理解不能である。。。
[PR]
by ikeday1 | 2004-12-13 19:02 |

日本封印

b0050317_2081072.jpg
ネタバレを含んでいますので、未だ読んでいない方はご承知の上、本稿をお読みください。

杉山隆男氏の「日本封印」を読んだ。すごい小説だ。彼は、自衛官を主人公にしたノンフィクションである「兵士を見よ」や「兵士に聞け」の著者でもあり、これらの本では自衛官の任務の厳しさや、社会に認められないじれったさを克明に描いている。そういう著者が書いた、国際紛争フィクションであり、実に楽しく読まさせてもらった。その中には情報畑で活躍する駐在武官や、戦闘機のパイロットが登場し、自衛官に対する様々なインタビューがいかされた内容となっている。

物語の中心は、中国が米国に対して「沖縄を返せ」と脅迫し、日米の安保体制に中国を含ませようとする野望を描いている。米政権中枢にいる中国系の高官や、日本の外務大臣、野党の党首、琉球国王の末裔、ロシアGRUのエージェントなど様々な人物が活躍し、物語を構成している。しかし、この小説が圧巻なのはこういうことが本当に起きそうな現実感だろう。中国はアジアの盟主となる事が国家の目標であろうし、そのために共産国家体制を維持し、目の上のたんこぶである我が国を屈服させるためにも世論を気にしなくてもすむ方針を貫いている。更に、米国は中国に好きなことをさせないために沖縄を維持しており、その確保のためなら我が国との外交関係を完全に見直し、我が国を完全にコントロールする体制が必要であると認識すれば、その実行に躊躇しそうにない。すなわち、この小説は現在の極東地域における国際状況を実に見事に再現しているのだ。

この本を読んでいる間に中国潜水艦の侵犯事件が発生し、あろう事か、中国の駐日大使が「日本は本事件を冷静に考えるべきである」などというふざけたコメントを残している。正に、中国は我が国の宗主国であると認識しているわけだ。この小説では外交戦において、我が国はやられっぱなしで、唯一、米国と中国の戦闘機を自衛隊の戦闘機が撃墜するところだけが我が国のポイントである。小説はこの外交戦がどのように決着するかを描いておらず、中途半端で終わっているために、小説の内容後に何が起きるかは読者にまかされているが、どうやら、楽観的な結末にはなりそうにない。そうならないためにも、我が国は外交巧者になる必要があり、早いとこ、憲法を改正すべきであると考えている。

我が国の国民にお願いしたい事は、国際社会の現実と厳しさを実感し、現在の憲法が非現実的な理想のみを唱えている事を認識してほしいとうことだ。世界中には自らの命よりも宗教上の戒律を大切に思う人や、異教徒は死んでも当然であると考えている人たちが大勢いて、テロを武器として人類の文明に挑戦している。こういった人々こそが我々と共存できない要素であるにも関わらず、こういった人々を平気で持ち上げる馬鹿どもがマスコミには大勢存在する。何とかならないものなのか。。。。
[PR]
by ikeday1 | 2004-11-18 20:30 |

電子ブック

電子ブックにとてつもなく大きな可能性を感じている。そもそも、紙を使用する必要もなく本が持つ機能を再現する事ができれば開発途上国の有する森林資源の確保にも繋がるし、なによりも紙でできている「本」という物の、物理的な質量、容量を運搬する必要がなくなるなど多くの点でメリットがある気がするからだ。また、紙の原料代、本の運搬代が必要なくなれば本自体が有する情報の代金としては低価格化するはずで、更に発展すれば、本屋というものも必要なくなるかもしれない。つまり、インターネット等を通じて、本の内容をリーダーにダウンロードして販売するという方法である。これであれば、あれだけ大規模な店舗や図書館を構える必要もなくなり、本屋を儲けさせるための価格設定も変化するはずだ。

しかしながら、現実には電子ブックのソフトが紙の本と比較して大きく価格面でのメリットがあるわけではなく、ハードウエアである電子ブックを読むためのリーダーは約4万円もしている。文庫本1冊が約1000円、ハードカバーは2000円程度の価格なので、4万円をはたいてリーダーを買う人間が多くないのもうなずける。すなわち、電子ブックを利用する人間は少数である故に、ソフト(本の中身)の販売量も少なく、結果、ソフトの価格競争が起きないために価格も下がらないというわけだ。

現在のところ、ソニー松下電器が電子ブックのリーダーを販売しているが、両者とも本のメタファーを再現する事を目標としているようだ。私個人の考えでは、電子ブックは本より軽く、薄く、できればバッグなどに入れる事なく携行できるようなものが望ましと思う。男性の場合は、ポケットという便利なものがズボンについているが、女性のファンシーな服にはそんな無粋なものはついていない。電子ブックリーダーはポケットやバッグなしに携行できるようなファッションの一部として認知できるデザインが必要になるのではないか(妻の意見でした)。更に、機能としては本のメタファーを再現するものだけでなく、携帯電話や、電子手帳のようなものも取り込んで、身につける情報端末として発展すべきであると思う。

この分野は必ず大きな市場となる。そのためには出版業界や、本屋の業界等の大変革が必要となり、大きな利権が絡んでいるので一筋縄では行かないだろう。しかし、情報を供給し,本を売る事で本当に利益を得るべき作家達の利権を考えれば、作家達は出版業界を通す事なく自分の作品を市場に出す事ができるわけで、「電子ブック」はあるべき姿を追求できる一つの回答となると考えている。
[PR]
by ikeday1 | 2004-11-14 22:21 |
注意:ネタバレが入っていますので、これからこの小説を読もうとする方は、本稿を読まない方が良いと思います。

いやぁ、面白かった。まず、アイディアが型破りだ。こういう想像もつかないような小説は欧米の作家、例えば「ジュラシックパーク」のマイケルクライトンや「ミューテーション」のロビンクックなんかがよく知られている。それと同種の作家がついに日本に現れたかという感じである。これまでも何冊か彼の本を読んでいるが、基本的には我が国を巻き込むミリタリーものが多く、それなりに楽しんでいた。ところが、「深海の悪魔」は動物(?)による災害を扱った、これまでの著作とはちょっと毛色の異なる作品であると思う。もちろん彼の作品なので、自衛隊が活躍し、中国との軋轢なんかも描かれているが、なんと言っても作品の中で暴れ回るスピードフィッシュと言うなんとも訳の分からない海中生物が主人公だ。こういう生き物を想像し、小説に描ききる事が、並大抵の能力ではないとつくづく思ってしまう。

更に、彼の描く自衛官達がすごくリアルで、「憲法の異端児」と言われながらも献身的に活動する隊員達の葛藤や、プロフェッショナルリズムから招く家庭不和などを小説の骨としているところなど、彼以外の作品ではあまりお目にかかれない捉え方だ。昨今、自衛隊が国内外で活躍する場面が増えてきている事から、自衛隊を扱う小説が増えているが、彼ほど隊員達の内面を描ききっている作家も少ない。

また、この小説の中には「ヲタク」が出てくる。それも非常に好意的に描かれている。彼は高校生なのだが、非常に知性が高く、自らヲタクと言うものを客観的に見る事ができ、なんと、乳飲み子を抱えた同級生の少女を助けるヒーローになってしまう。また、最終的にはその少女にもててしまうと言う結末まで用意されているのだ。大石氏がミリタリーヲタクである(失礼!)事を考えれば、納得がいく展開ではあるが、私としてはとても楽しませていただいた。

最後の場面で、その少女が自衛官である父に言う「言おうと思っても言えなかったが、お父さんありがとう。お父さんはいつも立派だったわ」という台詞には、柄にもなくほろりとさせられた。読み終わってほのぼのとする小説であった。
b0050317_1971871.jpg

[PR]
by ikeday1 | 2004-11-03 08:41 |
以前からローマ史に結構はまっている。そもそも、塩野七生さんの「ローマ人の物語」を読んで、2000年も前の人間達が発達させた文明にひどく感銘を受けたのが始まりである。そのなかでも,ユリウスカエサルという人物に非常に興味を持ち、色々な本を読んだ。例えば、カエサル著の「ガリア戦記」、長谷川博隆著の「カエサル」などである。カエサル好きが高じてカエサルの胸像を職場の机に飾るほどである。

この佐藤賢一の本は、カエサルが8年にも渡って遠征した、ガリアでの戦いが舞台であり、ガリア側の大将はウ゛ェルチンゲトリクスである。登場人物は、カエサルは冴えない中年男で,対するウ゛ェルチンゲトリクスは威風堂々とした神々しい美青年であると描いており、それまで読んでいた本での、「カエサルとは偉大な人物である」との描写からはかけ離れたものである。それだけに読み進むと何とも言えない違和感があり、夢中にさせる。史実が示すように最終的にはカエサルがガリアを征服してウ゛ェルチンゲトリクスは囚われの身になるのだが、降伏した後もカエサルはウ゛ェルチンゲトリクス個人に勝てなかったと強調しており、佐藤賢一氏はカエサルが相当お嫌いなんだろう,またはウ゛ェルチンゲトリクスが相当お気に入りなんだろうと思った次第である。

実は、この本の存在は、とあるインターネット上の感想文から知り得たのだが、カエサルをださく描いているという事で、非常に興味がわき、すぐにでも読みたくなったものである。最近市民図書館で見つけたので読む事にしたのだが、非常に楽しく読む事ができた。しかし、私としてはカエサルの偉大さはよくわかっているつもりであり、「このような見方もあるのだなぁ」くらいの感想である。皆さんもカエサルファンであるならば、一度読んでみる事を勧めたい。
b0050317_1995847.jpg

[PR]
by ikeday1 | 2004-11-02 22:10 |