いろいろなんでも


by ikeday1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2004年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

中国で暴動発生?

中国の貧富の差はひどい事になっているようだ。どうやらWandhouという場所で大々的な暴動が発生したらしい。ニューヨークタイムスの12月24日付の記事なのだが、金持ちの政府職員が貧しい荷物持ちをステッキでたたき、殺すと脅した事から、市民の怒りを買い、それが暴動まで発展したというのだ。記事によると"ten of thousands"の市民が暴動に加わったようだが、1万人以上である。我が国ではなんでこれが報道されないんだ?

そもそも、我が国と共産国家である中国とは所詮基盤となっている価値観が違い、比べてみる事も愚かな試みではあるが、「金持ちの政府職員が、貧しい荷物持ちをたたく」などという事が起こること自体が不思議である。更に、こんな事件が発端で、1万人規模の暴動が発生するとは,中国の貧しい層の人々の不満は相当高いレベルまで来ており、一発触発の状態なのではないか?

社会主義や共産主義とは貧富の差をその原動力として、平等な社会を作って行く試みだと学校で教わってきたが、この方法を必死で追求している最後の国の一つである中国が、貧富の差による暴動に苦慮しているとは、皮肉である。政府がよってたつ哲学的な部分を大した議論もなく平気で否定し、それを資本主義的社会主義などとわけのわからない説明をするなど、やっぱ、あの国は信用できない。

このまま、中国の治安が不安定になり革命でも発生したら、我が国もただではすまない。この際、民衆側にたって、積極的に自由主義を礼賛するプロパガンダを行い、次にできる政権には多いに借りを作っておく事が非常に重要である。なんせ、12億人の市場である。もう一度特需を期待しよう。

ところで、Wandhouってどこだろ?
[PR]
by ikeday1 | 2004-12-31 12:14 | 危機管理

テロ→ドンキホーテ放火

ドンキホーテでまた放火があった。先日の放火では従業員に死者を出し、警察も一連の放火で相当な警戒をしていただろう(この部分は推測です。しかし、特別な警戒をしていなかったとしたらその方がもっと大きな問題ですな。)ときに発生した。これはもう、テロだろう。警察の警戒の目を盗んで放火できるような能力を持っているのは犯罪のプロであり、訓練やノウハウの蓄積など、比較的大きな組織が関与していると考えられる。先日の放火で撮影された不振な中年女も顔までカメラに写っていながら全然逮捕されないことからも,この事件は一般の愉快犯を想定しての捜査は間違いだと考える。

前回の放火事件では、マスコミは放火犯ではなくてドンキホーテ側に過失があるような書き方をしている。これはいかにもおかしいだろう。残念ながら、この意見は木村剛さんが既に書かれているので、多くは語らないが、今回の放火も「消防庁が他の店舗に対して立入検査をした」など、ドンキホーテに過失があったかのような報道がされている。消防庁がどのような意図で立入検査をしたのかわからないが、警察が警戒中の目を盗まれて放火が発生した事は、明らかに警察のミスであり、むしろ、警察に対する監察が必要だと思う。

出火当時、店内には50人を超える客がいたそうだが、全員、けがもなく避難している。まさしく、ドンキホーテ側の従業員がよく訓練されている成果だと思う。こういった行為は賞賛されるべきなのに,マスコミはその点に関しては何も述べないし、消防庁も表彰しない。何らかの、政治的な圧力がドンキホーテ側にかかっており、マスコミはそれを応援しているのではないかと思わざるを得ない。ドンキホーテが薬剤師抜きで薬を売ろうとした事への報復なのだろうか?この問題では、薬行政、医療行政側に大きな課題を突き付けている。また、巨額の利権も絡んでいる事から、こうしたドンキホーテの動きを嫌う方面が、テロリストを雇ったとも。。。。
[PR]
by ikeday1 | 2004-12-27 07:09 | 危機管理

李登輝元総統

b0050317_1840395.jpg
日本政府が李登輝元総統に入国ビザを発給した。当たり前である。これに対して中国側から報復するとの談話がニュースをにぎわせている。いよいよ中国が本性を現してきた。核ミサイルでも我が国に対して打ち込むか?政府高官の訪日延期や会談拒否などのやり方は全然効かないぞ!

更に、自国民をけしかけて日本大使館に対して官製デモまでやらせている。国が主催して他国の大使館に対してデモをかけるのは国際法上問題ないのか?デモの参加者を一人くらい捕まえて「本当に国にそそのかされて」いないかどうか聞いてみたいもんだ。中国では最近台湾に軍事侵攻するための法律を整備したらしい。こんな国で、中国共産党に対抗するデモなどあるわけない!

そもそも中国は台湾を自国の一部としているのだから、出国させたくない人物がいたら自国の権限で出国停止にすれば良い。そんな事もできない状態を評して、「台湾は自国の一部」などと主張している事がおかしいだろ!我が国は「私人である以上、ビザを出さない理由がない」と,中国に対して遠慮さえしている。もとより中国(の一部)からの人間なら、公人であっても入国させるべきであるところを、中国何ぞのために気を使っている。

町村氏が大臣になってから外務省も相当変わったな。我が国に対してブーイングをするように指導する国にはそれなりの扱いをすべし!
[PR]
by ikeday1 | 2004-12-22 18:40 | 日頃の思い

たかり魔、中国!

中国って、たかりだよね。もちろん中国に対するODA停止に関してだ。中国は昭和47年に戦後賠償を放棄してるんだよ(日中共同声明)。それを、「放棄した戦後賠償の意味がある」とかなんとか言って、ODAをやめさせまいとしている。まあ、隣国になんだかんだ言ってその立場や力をそぐのは全く正しい戦略ではあるが、中国のやり方はいかにも大人げない。国連にも加盟している国同士が書面でかわした文書をこんなにも簡単にソゴにするなんて。。。こんな国だから尊敬されないんだよね。国際貢献なんてわずかしかしてないし。。。是非世論調査で、「中国を尊敬しているか」というのをやって欲しい。昔の中国はなんでも先進国で、そりゃぁ立派なもんだった。情けない事甚だしいね。こんな案件は中国と協議する必要などないでしょ?通告ベースで、「打ち切りました。あしからず」とでも言ってやれば良い。

日本は、ガス田の開発を全力でやって、中国を驚かせてやれ。来年度予算で、調査船建造だって?遅すぎるだろ!それから、この開発に反対してきた外務省の担当者を是非公表してほしいものだ。吊るし上げてやれ!
[PR]
by ikeday1 | 2004-12-16 07:14 | 日頃の思い

スフィア

b0050317_1923579.jpg
ネタバレを含んでいますので、読んでない方はご遠慮下さい。

マイケルクライトンの「スフィア」を読んだ。久しぶりにハードなSFが読みたいと思ったからだ。しかし、なんとなく消化しきれない感じがした。海にあった300年前の宇宙船を未来からのタイムマシンであると事前に見破った者がいたが、なぜ見破る事ができたいのか、その理由は述べられていない。また、タイムマシン内にあった球体がどこから来たのか、タイムマシンの乗務員はどうなったのかなど,解決されていない問題が山積みのまま物語が終わってしまう。全ての謎を説明しきる事がSFの条件でもないのだろうが、何となく、多すぎて残念である。

この小説では、科学者の中に、心理学者が加わっている。この心理学者が主人公なのだが、「心理学など学問ではない」という議論が出てくる。クライトン本人は明確にそう思っているわけではないのだろうが、どうやら多少はそのように感じているようだ。私自身は心理学に対してはあまり意見はないのだが、経済学は怪しいと思っている。なぜならば、現在の経済状況やその展望について経済学者が100人いれば100通りの解釈があり、100通りの未来像がある。数学であれば、一つの方程式からは解き方は何通りもあるだろうが、答えは一つである。経済学。。。これはなかなか理解不能である。。。
[PR]
by ikeday1 | 2004-12-13 19:02 |

さぼり

いやぁ。。blog更新をさぼってしまった。その間、陸上自衛官が憲法の草案を作ったり、横田めぐみさんの偽物骨事件、それに伴う経済制裁論議などネタはたくさんあったのだが、いろいろありすぎてちょっと食傷気味だ。今日もあんまり書く気がしないので、この辺でやめちゃお。また、ネタをねって投稿します。
[PR]
by ikeday1 | 2004-12-13 07:09 | 日頃の思い

中国ODA

b0050317_793978.jpg
中国に対するODAの存続が議論となっている。中国は有人ロケットを打ち上げる経済力があり、その成長率は7%以上であるともいわれている。更に、国防費にかける出資はその額を公表する必要もないために巨額に上っていると考えられている。これは社会保障に対する資源投資が国内で議論されない事を良い事に、国民に対する福祉を切り捨てている実情に他ならない。これを補填してきたのが、我が国からのODAである。なんと我が国は我が国に対して使用される兵力を自ら養っていた事になるわけだ。政府はこれまでの対中国ODAを推進してきた議員達を公表し、批判する必要があると思う。野中、金丸、加藤なんて名前が挙がるものと考えられる。

更に、中国の温首相は先の日中首脳会談で、「日本のODAは,中国が放棄した賠償に代わるものである」とのたまった。中国は戦時賠償を放棄する事で、「さすがは大人の国」との評判を得ていながら、今更こんなことを言う。何ともふざけた国だ。もちろん、隣国の金持ちな国から金を巻き上げるというのは、正しい戦略であるのだが、それをなりふり構わずに表明できる厚顔さは。。。案外中国も小物か。。。
[PR]
by ikeday1 | 2004-12-03 07:10 | 日頃の思い