いろいろなんでも


by ikeday1
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2005年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

イラク選挙は成功!

b0050317_18502779.jpg
イラクの選挙が終わり、開票作業が進んでいるようだ。日本のマスコミは米国主導で実施されたこの選挙を成功であるとは意地でも言いたくないようで、「スンニ派の支配地域では極端に投票率が悪かった」「スンニ派が参加していない今回の選挙ではその正当性が問われる」などと報道している。しかし、投票率も60%くらいあったようだし、「命をかけて投票する!」という民衆の声も大いに報じられるに及んで、どうやら、またしても日本のマスコミの意図に反して、この選挙は成功だったようだ。

しかし、スンニ派も戦略的に失敗だよね。選挙に参加していなかったから議席は取れないは、スンニ派の支配地域ではスンニ派のテロリストの恐怖で投票率が上がらず、シーア派の得票を結果的に助ける結果になっちゃうは、踏んだり蹴ったり。どうやら、今度の選挙結果をもとに作られる新政府は新しい憲法を作る事になるらしいが、スンニ派がほとんど参加しない政府ではその意向をくんだ憲法にはならないだろうなぁ。今になって、「新憲法はあらゆるグループの代表によって起草されるべき」とか言ってるらしいが、だめだろうなぁ。。反対に、クルド系は票をのばしているだろうから、スンニ派を攻撃するネタには困らないだろうし。。。。

やっぱ、選挙に参加しないなんて、テロリズムの効果をそこまで信じたのかねぇ。。。「残念!」
「選挙に参加しない奴は、社会では認められない、斬り!」
[PR]
by ikeday1 | 2005-01-31 18:37 | 日頃の思い

The Incredibles

b0050317_16145922.jpg

ネタバレを含んでいますので、これから観る予定の方はご遠慮ください。

The Incrediblesを観た。いやぁ、面白かった!邦題はMr.インクレディブルだ。Mr.インクレディブルはこの家族のお父さんであり、主人公でもあるためこういった邦題にしたのだろうが、これでは物語の本質を見失っている。原題はインクレディブル一家という意味であり、この方がずっと優れたタイトルだ。なぜなら、この映画はお父さんの活躍だけでなく、まさにこの一家の活躍を描いているからだ。米国では収益No.1だったという事だが、納得できる。

ストーリーは、スーパーヒーローが活躍するたびに建物などを壊してしまうため、裁判にかけられ、活躍を禁止されてしまう。何とも、アメリカだ。そのため、普通の人として生活をするのだが、これが実に痛ましい。女性のスーパーヒーローと結婚したために子供達もスーパーで、いわゆるスーパー一家だ。しかし、学校ではその能力がばれないようにこそこそしなければらなず、ひねくれた性格になってしまったりする。で、すっごい悪者が出てきて、一家総出でやっつけ、活躍が認められ、再びスーパーヒーローの生き方に戻り、家族にも笑顔が戻るという、いかにもアメリカなものだ。

しかし、これが実にあったかい。日本もアニメーションの世界では全世界的な人気を博しており、特に宮崎アニメは自然と人間のせめぎ合いを描くものが世界中に受けているようだが、ラピュタ、ナウシカを頂点として、小難しいレトリックに終始一貫するようなものになってしまっているような気がする。反面、アメリカ製のアニメは単純明快であり、勧善懲悪にもうひと味、家族の団結なんかを付け加えて、優れたストーリーとしている。このようなアメリカ製アニメーション多数が出てくると、日本の牙城も崩されてしまう気がする。
[PR]
by ikeday1 | 2005-01-30 16:15
中国がイラクの自由選挙に1億円のサポートを実施した。自国民には共産党以外を認めさせない政策を遂行している中国が米国によって自由な政治活動ができるようになったイラクの初の自由選挙を支援したというのは、何とも皮肉な話だ。ロスアンゼルスタイムズの記事だが、全く笑わせる話だ。その記事の中では;

Elections won't work in China because the masses aren't wealthy or well-educated enough to understand the issues, Chinese officials often argue. Elections are at odds with 5,000 years of Chinese history and, anyway, the country already has a democracy with socialist characteristics, they say.

と書かれている。抄訳は「『中国では民衆が様々な問題を理解できるほど裕福でも、十分な教育を施されているわけではないので,中国では選挙は機能しない』と中国の役人は常に言っている。また、同時に、『選挙は中国5000年の歴史の中でもまれだし、中国共産党の指導により、中国の民衆は民主主義を得られている』と主張している。」だそうだ。全く笑わせる話だ。これが本当であるなら、中国の民衆は小泉総理の靖国参拝を理解できるほど頭は良くないし、尖閣列島が日本固有の領土である事を理解できるほど教育を受けていないってことかぁ?こんな国とどうやってつきあって行けば良いんだろう?とても無理だ。

いやはや。。。
[PR]
by ikeday1 | 2005-01-28 20:49 | 日頃の思い

NHK改革案!

NHKに対する受信料不払いが横行しているそうだ。そこで、NHKの抜本的改革案について提案したい。もちろん私はテレビ局関係者ではないので、彼らが持っている番組編集能力などの専門的な提言はできない。主に、番組編成に関して言及したい。

NHKはこれまでの不祥事の責任とこれを改善するための改革が軌道に乗ったとの認識から、海老沢会長が辞任する事になったようだ。しかし、不祥事事案に起こった国民がとった手段は受信料の不払いと言う行動だ。もちろん法律違反なので、こういった行為は不法行為に当たる。だが、罰則規定がない事から国民は払わないのが当然という態度で臨んでいるようだ。NHKにとってみれば、組織を運営してゆくための資金が減少するという事で、来年度の運営方針はこれまでと同様にはできないだろう。番組の打ち切りがあったり、番組編成の切り直し等を実施するに違いない。私が思うのは、もはや小手先だけの番組編成改革では受信料は返って来ないと思っている。NHKはNHKでなければできない番組を放送すべきなのである。歴史的に見れば、テレビ局がNHKしかなかった時代には、それこそテレビが送る事ができる全てのものを送っていた事は当然の形だろう。しかし、現在では民法が何局も存在し、エンターテインメント分野では相当な地位を占めている。つまり、エンターテインメントは民法に任せれば良いのである。前々から言っているがNHKが放送すべき事は(1)24時間ニュース、(2)ドキュメンタリー、(3)教育放送なのである。紅白歌合戦、大河ドラマ、のど自慢、朝の連続テレビ小説は不必要である。更に、スポーツ中継だが、これも不要な部分はある。NHKでしか放送できない大相撲は許してやるにしても、オリンピックの放映権を民法と争うなど、勘弁して欲しい。オリンピックの放送権は巨額に上る事からこれをやめるだけでも相当な経費の節約になるはずだ。

もう一つ、税金のような受信料で作った番組を無料で閲覧できるようにしろ!これまで作ってきた番組をネットなどの媒体を通じて、無料で利用できるようにすべきである。しかし、著作権を主張して、作った番組を勝手に編集されたりする行為を禁止する事はかまわないだろう。

私は、NHKの改革案として番組編成の抜本的改革、NHK資産の無料公開を実施すべきであると提言する。これらの行為はNHKが改めて公共放送であるというスタンスを明確にする事となり、受信料にしても「しょうがねぇ、払ってやるか」という国民の合意を得る事ができるものと信じる。

何と、海老沢元会長がNHK顧問に就任したらしい。受信料不払い運動はしばらく続きそうだ。
[PR]
by ikeday1 | 2005-01-27 07:46 | 日頃の思い

ピノ・グリージョ

ピノ・グリージョというぶどう種がある。これから作られる白ワインでお手頃価格(2000円くらい)なものを探そうというプロジェクトを我が家でやってみた。我が家ではワインと言えば白ワインであり、それもイタリアワインに人気が集中している。我が家の近くではそんなワインを売っているお店がないので、楽天のネット販売を利用する事にした。楽天では大体1万円分を注文すると送料が無料になるところが多いため、とりあえず1本飲んでみて、美味しければ大量に注文しようと言う事になったのだ。テストしたワインは;


  • ISONZE DELFRIULI 2003

    とても良い香りのするワインで、酸味や辛みも強い。また、渋みもほどほどあって美味しいワインだった。

  • ROCCA BERNARDA 2001

    香りが素晴らしい!また酸味も十分であり、しゃっきりした白ワインであった。

  • PIAVE 2003

    香りはよわく、辛みも弱いものの、酸味が強く、他の特徴を凌駕している。


という事で、2番目のROCCA BERNARDA 2001にした。
[PR]
by ikeday1 | 2005-01-26 07:12 | 料理

マスコミが公平中立?

マスコミの表現または取材の姿勢が中立公平などという事はあり得ない!なぜなら、中立公平の基準がふらふらするからだ。2000年以上前にユリウスカエサルは「人は聞きたい事しか聞こえないし、見たいものしか見えない」と言っている。至言であろう。正に、こういうことがマスコミでも起こっているだけである。自分の考えと異なる事をテレビが言えば、公平中立でないと思うだろうし、公平中立に報道されたと思った報道は自分の考えに沿った報道内容だっただけである。この世に公平中立というものは人の数だけあるだろうし、これらのすべてを満足する公平中立などは存在しない。だから、公平中立な内容を報道するためには、様々な意見を報道しなければならない。これをやると番組の焦点がぼけてしまい、面白くなくなるのは事実である。しかし、これを求められているのがテレビやラジオで、それを条件に放送免許が与えられている。反面、新聞は何をやってもかまわないだろう。

最近、朝日新聞の告発がきっかけで国会議員の安倍、中川両氏がNHKの報道番組に政治的圧力を加えただの加えないだのと言った問題が起こっているが、安倍氏は「公平中立に報道して下さい」と言ったそうだ。これを「政治家が放送して欲しくない番組内容を改変するように言った」と解釈するのは、聞きたいものしか聞こえない症候群である。公正中立な報道を求めている放送法に則れば、公平中立に報道せよと政治家が言うのは当たり前!これを政治的圧力というのなら、政治家はテレビやラジオで何も言えなくなるだろう。先も書いたように、新聞は放送法を遵守する必要はないから、朝日新聞はどんな報道をしてもかまわない。いくら偏向した記事でも、それを公平中立な立場ですと主張する事もかまわない。問題は、国民がそんな事を許さないという事なのだ。これを期に朝日新聞の購読者数が減ったり、試験問題に使用される事が減ったりする事が制裁である。裁判で負けて、多額の損害賠償金をとられたり、謝罪記事を掲載したりする事も考えられる。

朝日新聞は今回の事で、「我々は公平中立ではありませんでした」とは口が裂けても言わないだろう。後はもみ消すだけ、国民がこの事を忘れてくれるのを待つだけである。
[PR]
by ikeday1 | 2005-01-20 07:23 | 日頃の思い

期限切れ食料を援助?

中国がインドネシアに送った援助食料が期限切れのものだったとインドネシアの放送局が報道したらしい。その他の情報からでは期限切れはベビーフードで、期限切れから一年以上経過していたものだったようだ。なんと。。。絶句!
[PR]
by ikeday1 | 2005-01-18 07:11 | 危機管理

Mac mini登場!

b0050317_1625141.jpg
Mac miniが登場した。これまで、「iMacにディスプレイが付属しないで、5万円以下のマシーンが出ればウインドウズに対抗できるのではないか」と言われてもう5年以上たってしまった。今登場したMac miniは5万円は切れなかったものの、そんなマシーンであり、ウインドウズに牛耳られているパソコンのシェアをいくらかでもマック側に引き寄せる事ができるのだろうか?実際、ウインドウズの95%以上のシェアは長期にわたっており、パソコンに手を出しにくいだろうと思われていたお年寄りにも普及している。若い人たちにはその乗り換えは容易なのかもしれないが、お年寄りには無理なのではないかと思う。こうなる前にこのような製品をアップルは作るべきだった。

しかし、Mac miniはウインドウズユーザーをマックに引き寄せるための大きな戦略の一部であるとは、十分に考えられる。なぜなら、iPod+iTuneのコンビでオンラインミュージックに君臨し、ウインドウユーザーもこのアップル製品を楽しんでいる。更に、先頃出したiMacでは「iPodを作ったメーカーが作ったコンピューター」という逆説的な宣伝を打ってきた。しかし、iMacは製品としては優れているが、高価なものであるため、ウインドウズユーザーがiMacに乗り換えるためにはかなりの決心を必要とさせている。このような布石を打っておいた上で、Mac miniを「ちょっと使ってみようかな」という気を起こさせる価格帯で登場させた。また、アップルのページでは,ウインドウズで使っていたマウスやモニタはそのまま使えるとしており、マックのシェア拡大の一手である事は明らかである。どこかのサイトでは、「iPodのための究極の周辺機器」と表現していたところもあったなぁ。

さて、製品は1.25GHz版が58,590円で、256MBのメインメモリーである。CPUはG4であることから、そこそこの性能を有していると考えられる。従来からのマックユーザーである私でも、「試してみたいな」と思う。ある女性が、「折りたたみ式のモニタとキーボードがあって、バニティバッグに入る大きさのものなら、いいかもね。」と言っていた。持ち運びたいのかぁ?いやはや、何とも興味のつきない製品である。
[PR]
by ikeday1 | 2005-01-16 16:27 | Macintosh

中国が報道の自由を無視

中国が韓国の国会議員が主催した記者会見を阻止したという報道がある。韓国側は脱北者支援のNGO関係者で中国側で服役中の韓国人等に対する支援を呼びかける目的で、西側の記者に対して実施される予定だったそうだ。どうやら、会見会場の電気を消したり、出席していた記者をつまみ出したりと強硬な手段に出たらしい。

この件でわからない事は、直前になってから不許可の通知があったらしいが、なぜ、韓国側は強行したかのか?そもそも共産国家で報道の自由など紙切れにしか思っていない国で,中国に対する中傷を目的とした会見をなぜ計画しなければならなかったか?という事だ。中国側の行動にも大きな問題があるが、韓国の議員達も正しかったとは言えないだろう。

しかしながら、このような会見強硬阻止を行ったために却って国際的な注目を浴び、脱北者問題がますます注目された事になって、韓国側としてはしてやったりという結果となったようだ。
[PR]
by ikeday1 | 2005-01-13 07:18 | 日頃の思い

中国がODAに感謝?

中国が日本からのODAに感謝しているとの記事があった。ありえネェだろ!このサーチナっちゅうところは本当に何でもありだなぁ。こんな官製(でっちあげ)のアンケートに意味はない!この結果が本当であれば、たびたび我が国の大使館にデモをかける中国人達に「日本の皆様ありがとう。我が中国は貴国のおかげでこれだけ豊かになりました」というデモをかけさせてみぃ!そうしたら信じてやろうじゃネェか。今、日本がやっと普通の国のように自分たちが稼いだ金を出して援助すべき国を決めようとしているとき。もちろん、中国にはその資格がないと国民のほとんどが思っているときにこの報道だよ。正々堂々と嘘ばかり書く報道機関ちゅうのは存在価値があるのか?いやいや、中国にとっては存在価値があるんだろうな。。。

既に我が国の仮想敵国と公式に認められた中国にこれ以上の施しはすべきでない!この判断は我が国の存続に直結する問題である。みんなが払っている税金が我が国に敵対する国の軍事力を整備させているという現実に日本人達は気がつき始めている。

ふざけた記事に新年早々頭に来たぜ。
[PR]
by ikeday1 | 2005-01-01 16:25 | 日頃の思い