いろいろなんでも


by ikeday1
カレンダー

<   2005年 07月 ( 19 )   > この月の画像一覧

6カ国協議難航

b0050317_14411932.jpg6カ国協議が難航しているようだ。そもそも北朝鮮に核技術を廃棄させようとする目的で始まった会議だが、これまでの経緯として、北の核廃棄を目的に行ったKEDOの裏で、着々と核兵器を作り続けていた北朝鮮に対し、基本的な不信感が存在する中での会議である。中国や韓国はこのような経緯は忘れてしまったようで、必死に北朝鮮の肩を持とうとしている訳で、日本/アメリカVS北朝鮮/中国/韓国/ロシアと行った構図がますます鮮明になっているようだ。日本や米国は、「これまでさんざん嘘をついてきている北朝鮮には、まず核技術を廃棄させ、その検証が終わってから援助をする」というスタンスであり、韓国や中国はまず援助ありきの北朝鮮を擁護している。これでは会議はまとまらない。共同宣言をまとめてお茶を濁そうとしているようだが、この両者の意見がまとまらない限り6カ国協議に意味はないだろう。いよいよ北朝鮮の核問題は国連安保理の議題となる可能性が大きくなっていると感じる。この議題が安保理に上るときには我が国は常任理事国として、その席に座り、北朝鮮がこれまで行ってきた嘘つき外交を徹底的に非難し、その立場を擁護してきた中国に再考を促す立場になっていたいものである。その時、北朝鮮を擁護する韓国は残念ながら安保理の議席はなく、黙って見ているしかないのである。。

6カ国協議が難航している今、気になる報道が我が国でなされている。「拉致を持ち出すからうまく行かないのだ」という論調だ。この考え方はよくわかる。なんせ、中国/韓国大好きなマスコミは、我が国の世論が、拉致により北朝鮮に対して非常に厳しくなり、同時にそれを擁護する中国/韓国に対しても厳しいものになっていることに、歯ぎしりをして悔しがっている。この動きはブログ世論で、「我が国のマスコミはおかしいのではないか」という疑問につながってきており、マスコミの存在意義にも関わってくる体を成してきている。そんな中で、「拉致を持ち出すべきではない」との中国や韓国の意を受け、「6カ国協議がうまく行かないのは拉致問題のせい」だと言うのはマスコミの利益に合致しているのだ。そもそも北朝鮮が我が国とだけ個別協議をしないのは、「やましいことがあり、自国が非難されるだけの会談などやりたくない」ためであるし、もともと6カ国で協議をしようとする場で、個別会議が持たれないことに我が国の協議における立場が弱いとか孤立しているとかの議論を出すことがおかしいだろ?また、米国と我が国以外の国と北朝鮮が個別協議で何を話すというのか?「かばってくれよぉ!」とかお願いしているのだろうか?

北朝鮮がまともな国ではなく、その外交折衝にも大きな制限がある中で、我が国としては拉致問題を解決することが北朝鮮との大きな政治課題となっており、数少ない対話の機会である今回の協議の場で拉致問題を取り上げることは当然なのである。我が国は核放棄だけでは北朝鮮に経済援助ができない。拉致問題を解決しない援助は世論に反している。不安定になりつつある現政権が拉致問題の解決なしに、もしくは進展なしに北朝鮮に援助を行おうものなら、政権がつぶれる恐れは往々にして大きい。安易にマスコミにのせられて、「拉致問題を6カ国協議に持ち出すな」との議論には賛成できない。
[PR]
by ikeday1 | 2005-07-30 14:42 | 日頃の思い

国連分担金

b0050317_18385145.gif日本の国連安保理常任理事国入りが迷走している今、町村外相が「日本は理事国入りがかなわなかった場合、国連分担金を削減すべきとの国内世論が急速に広がるだろう」との見解を示し、各国の報道陣に論議を醸し出したらしい。毎日の記事だが、外国の記者は「国連分担金削減の脅迫」と報道しているようだ。町村外相は正しい!貢献している国がそれ相応の地位を占めるのが文化的であり、日本は日本人の勤勉さが稼いだ税金で国連分担金を支払っているのだから、それ相応の地位に就けないというのならその貢献度を落とすべきである。既に、国連の意思決定には国際的な疑問が浮上しており、これからの動的な国際情勢には対応できないとの考え方が主流となっている今、従来の安保理のやり方では国際的な平和は維持できないのが現状である。そんな状況下で我が国のような立場の国を安保理から阻害するなどとは、どのような理論をかざしても不合理であり、国民が納得しない。いわんや、国連分担金が2%あまりで、更にその61%を滞納している中国から「分担金の多さが発言力の大きさに比例するのは、国連のあり方としてふさわしくない」などと言われる筋合いはない。

我が国にとって、今目の前にある国連常任理事国入りのチャンスを逃すべきではなく、常任理事国に入るためならなりふり構わない行動が必要である。そして、常任理事国に入ったならば、まず、中国の常任理事国除名をその仕事の第一歩にすべきである。
[PR]
by ikeday1 | 2005-07-28 18:39 | 日頃の思い

ああ。。WOWOW

b0050317_20184369.jpg私はWOWOWの視聴者だ。毎月なにがしかの視聴料を払って彼らの番組を見ている。しかしながら、この半年あまり、見たいと思う番組がほとんどない。以前は、映画や音楽番組等を結構見ており、視聴料の元はとれていると満足していたが、最近では視聴料をどぶに捨てているような気がする。まず最低なのが韓国ドラマ。なんでこんなに多く韓国のドラマをやらなければいけないんだろう?金曜日の夕方などは3時間にもわたって韓国ドラマの独占である。週末の休み前のひとときを映画で過ごそうと思っても韓国ドラマじゃあなぁ。。見たくもないし、見たこともないけれど。。。。更に、土曜日によるに至っては吹き替え版の映画をやる。映画を吹き替えで見るのは視聴料ゼロの地上波テレビで十分だ!なんで、視聴料を払っているのに吹き替えを見なければならないのだ!WOWOWが製作したドラマも最低!アメリカではHBOなど、ケーブルテレビ局が制作した番組が評価され、日本にも輸入されているが、WOWOWもそのまねをしたがっているのか?それにしてもレベルが低すぎるぜ!

現在、視聴料はまとめて払ってしまっているので、しかたなく視聴しているが、それも8月で終わりだ。もう、契約の延長はしない。こんな腐ったテレビ局はやめてしまった方がよい。
[PR]
by ikeday1 | 2005-07-25 20:19 | 日頃の思い

日本軍の悪行

二次大戦末期の沖縄戦で、当時の沖縄県民が日本軍の強要により自決させられたという通説は誤りであると訴訟が起きている。産経の記事だが、沖縄戦で戦った陸軍の将校が、大江健三郎と岩波書店を相手取って訴えたもので、この嘘の記述により、沖縄守備隊の名誉が不当に損ねられたという理由だ。この大江健三郎の記述は多くの本などに引用され、我が国においては陸軍が集団自決させたとの通説がまかり通っている。なんせ、大江健三郎はノーベル賞作家であり、その説得力も格段のものがあったのだろう。彼は、「防衛大学校の学生は、我々の世代の恥部である」と明言するほどの反戦作家であり、その著書の中に偏見を交えた記述をあえて含ませたことは十分考えられる。

この産経の記事の中には「集団自決は軍によるものと証言すれば、遺族年金が手に入るとの理由で偽証した生存者も確認されている」と書いており、重大な告発を含んでいる。これには韓国、中国の従軍慰安婦の問題にも同様の疑問点を含んでいるものと考えざるを得ない。この国々では日本に対するカードとして、この問題を提議しているが、慰安婦たちは金が入ることから「軍に徴発された」と言い出し、それを国が後押しする形で騒いでいるとしか考えられないし、軍が徴発した事実も確認できない。

旧軍は悪行を重ねたとの認識はいまや全世界の常識になっているが、明治維新以来、我が国最高の頭脳と健康な若者を集め、幾多の国難から我が国を救う努力をしていた集団が、今非難されているほどの悪行を働いたとはとても思えない。この論拠には幾多の作り話があるだろうし、旧軍は不当に辱めを受けていると感じている。確かに、軍に任せておけば大丈夫だと信じていた結果、国民を守ることもかなわず、国土を焦土とし、幾多の国民を殺させてしまったことは、軍に対する憎しみとなったことは理解できる。しかし、ありもしない罪をなすり付けられて不当な扱いを受けさせることは、我々文明人としての尊厳に関わる問題であろう。終戦のとき、天皇陛下は「堪え難きを耐え、忍び難きを忍び」と言われたが、あまりにも辛すぎる扱いであり、全世界に流布されている旧軍の悪行に対する名誉回復を働きかける必要がある。
[PR]
by ikeday1 | 2005-07-24 11:07 | 日頃の思い
b0050317_22205423.jpg韓国仁川にあるマッカーサー将軍の銅像が、韓国人の手で倒されようとしているらしい。この像は朝鮮戦争当時、仁川に対する上陸作戦を指揮したマッカーサー将軍を記念して立てられたもので、朝鮮戦争勝利のシンボル的な存在であるらしい。

当時、北朝鮮に圧倒され、朝鮮半島の南に追いつめられていた国連軍(韓国軍、米軍のほか、フィリピン軍、オーストラリア軍などが参戦)の劣勢を挽回しようと、前線の遥か後方でソウルにほど近い仁川に陸軍部隊を上陸させ、後背から北朝鮮軍を襲撃し、更には北朝鮮への進軍を押し進めるという、非常に優れた戦略に乗っ取って実施された偉大な作戦である。この上陸作戦の成功により、朝鮮戦争の形勢は一気に逆転し、北朝鮮は韓国領域内から駆逐されるだけでなく、平壌も国連軍側に落ち、中国が参戦しなければ、北朝鮮は滅亡の危機を迎えていただろう。

なんと、こんな、米国が韓国を助けたという歴史的で象徴的な銅像を倒そうという計画があるらしい。更に、マッカーサー将軍には朝鮮人民を虐殺した罪までかぶせるというのだ。韓国の米国嫌いはここまで煮詰まってきているのか?虐殺された朝鮮人とは北朝鮮軍人のことなのだが、韓国人はとうとうトチ狂ってしまったとしか考えられない。韓国を北朝鮮軍の侵略から防衛し、韓国人を救ってくれたいわば恩人に、自らを殺そうとした北朝鮮軍人虐殺の罪をなすり付けて、その銅像を倒そうとするとは、もはや我々文明人の理解を超えている。これが実際におこれば、米国の韓国に対する不信感はますます増長し、米韓同盟も消散することとなるだろう。

韓国が北朝鮮との統一を、北朝鮮の指導のもとに行えば、我が国の戦略は硬化する。日米同盟は片務的ではなく、もっと積極的な軍事同盟の色を増加させるだろうし、日本国憲法の改正も行われるだろう。核武装まで議論されるに違いない。統一後の朝鮮は韓国側の経済力を全て吸い取り、軍事力の増強に使用する。もちろん、韓国人たちが貧困や飢餓に苦しもうが、統一朝鮮政府としては何の痛みも感じない。なぜなら、一般北朝鮮人民と同様の処遇だからだ。そのときに初めて韓国人たちは悟るに違いない。。。マッカーサー将軍の像の撤去はそんな想像をかき立てるイベントである。
[PR]
by ikeday1 | 2005-07-23 22:21 | 危機管理

ディスプレイ

b0050317_19552255.jpgなんと、ディスプレイが壊れた。私のMacminiはサーバーとして24時間運用をしており、電気代節約の為にディスプレイの電源は落としている。昨日、電源を入れると画面の真ん中に輝く線が一本縦に入るだけで、画面が表示されない。何度スイッチを入れ直しても修復しない。。今使用しているディスプレイはiiyamaの20インチモデルである。そうだなぁ。。7〜8年使っているだろうか。。。で、だめもとでディスプレイの上部を叩いてみた。すると、なんと画面が出た!!おおおお!!やはり、故障を直すのは叩くのが一番なのかぁ?

ところが、朝もう一度スイッチを入れるとやはりだめだ。。こりゃぁ寿命だな!ということで、新しいディスプレイを買うことにした。いろいろ検討した結果やっぱりApple Cinema Displayにすることにした。20インチで十分だろう。妻は旧タイプのデザインが気に入っていたが、もはや新品は市場にない。液晶は傷つきやすく、中古品はやはり気が引けるので、相談した結果、現モデルの新品を買うことにした。Apple Storeに注文すると、なんとその日のうちに出荷通知が届いた。明日かあさってには届くだろう。。楽しみである。
[PR]
by ikeday1 | 2005-07-22 19:55 | Macintosh

再びロンドン

b0050317_7235583.jpgロンドンでまた爆破テロがあった。今回の爆破は4カ所で発生したようだが、どうやら規模が小さく、また、爆破しなかったものもあるということで、イギリス政府は「失敗である」とのスタンスをとっているようだ。しかしながら「失敗」と「失敗させた」のでは相当な開きがあり、今回の事件で明確になったのは「ロンドンでのテロは防げない」という重大な結論である。一方で、公安当局としては「失敗させた」例は幾多あるはずだが、なかなか公表できない事情もあり、ロンドンに住む人々は恐怖を感じていることだろう。

我が国の事情では、国民のほとんどが「テロが起きるとしたら東京である」と信じ込んでいるようだ。これに伴って、東京の警視庁や都庁では様々な検討が行われていることであろう。しかし、テロリストたちがテロを起こす必然性は何も東京に限ったことではない。なんせ、隙を見つけて叩くことが、テロの王道であり、警戒されているところにわざわざ苦労してテロをかける必要もないのだ。仮に、東京ではなく、仙台、名古屋、大阪、福岡などの都市でテロが発生した場合、テロリストが求める目的に大きな影響が出るだろうか?私はないと思う。では、これらの都市でテロ対策はどれくらい検討されているか?とんと、聞いたことがない!これは心配だぞ。。。
[PR]
by ikeday1 | 2005-07-22 07:24 | 危機管理

中国ガス田問題

b0050317_9372857.gif中国が進める東シナ海のガス田開発に対抗して、我が国の政府が帝国石油にガス田開発の試掘権を与えた。これに関して中国側から強烈な抗議があったそうだ。これまで我が国は中国にガス田開発をやめること及びやるのなら共同でやろうと意向を伺ってきたが、ことごとく無視され、何の誠意も見せていない。中国としては無為に時間を稼いで、ガス田での開発を完了し、早期に生産を軌道に乗せる考えだったのだろうが、日本が動いた。これまで中国に対して謝罪外交を続けていた日本にはない動きである。

この中国のガス田開発事業はアメリカのユノカルという石油メジャーが開発に協力してきたのだが、日本と中国の間の外交問題に発展するや、その事業から撤退した。中国側からは次の手として中国の国営企業である中国海洋石油がこのユノカルを買収する計画が持ち上がった。これは、アジア地区で石油開発事業を展開するユノカルを入手し、カスピ海からアゼルバイジャン、グルジア、トルコなどの国々に手を広げているユカルノの経済的存在感を政治的なものに昇華させようという意図が見え隠れする。すなわちこれらの地域に中国の政治力が浸透するということだ。この中国の戦略にはアジア地域の石油資源の確保をもくろんでいることは明らかだが、日本との東シナ海のガス田開発競争に勝利することを含んでいることは明白である。

こういった中国の動きに対して米下院の軍事委員会が噛み付いた!中国海洋石油によるユカルノの買収は米国の軍事的脅威となると意見したのだ。その中での答弁がふるっている。「中国は最悪の独裁体制の国である。。」、「中国は経済大国一位の地位を米国から奪い取り、軍事的にも米国を打ち負かすことをもくろんでいる。。。」など、中国に対しての不信感が大いに議論されたようだ。こういった米国の動きは我が国にとって追い風となるものであり、米国と仲良くしててよかったと感じるものである。

中国では人民解放軍の将軍が「台湾に干渉すれば米国に核を打ち込む」と発言するなど、米国に対する対決姿勢が明確となってきている。韓国の中国へのすり寄りも米国をいらだたせている。更に、我が国では中国への旅行者が激減しているなど対中包囲網が形成されつつある。これを機に環太平洋諸国と東南アジアの各国を仲間に入れて、中国包囲網を確固たるものにする努力が必要であろう。ところで、政府が試掘権を与えた会社が「帝国石油」ってのも、シャレが効いてて面白い!
[PR]
by ikeday1 | 2005-07-16 09:38 | 日頃の思い

Tiger導入!!

b0050317_7183150.jpgやっと、Tigerを導入した。私のMacminiはネットサーバーなので、新しいOSがサーバー運用にどう影響するのかが重要なポイントだ。そのため、Tigerによる様々なバグ等の情報を収集するために足踏みをしていたのだが、どうやら10.4.2もリリースされて、安定してきたようなので導入に踏み切ったものである。

私のサーバーではWeb, Mail, Blog,DNSのサーバーを立てている。OSはクライアントバージョンであり、様々な設定はすべて自力で行わなければならない。そのためにもこれらの設定が新たなOSでどうなるのかが気がかりだった。インストールはこれらの設定への影響を最小限に抑えるために上書きインストールで対応する。結論から言うと、すべての設定ファイルは書き換えられてしまい、そのままでは従来の環境にはならなかった。もちろん、以前の設定ファイルは全てバックアップがとってあるので、その設定を新たに上書きすればよい。ただ、TigerになってからRendezvousがBonjourへと変更されているので、/etc/httpd/httpd.confの内容を、Tigerで変更されているものへ一部書き換えなければならない。上書きした、設定ファイルは;
  • /etc/hostconfig
  • /etc/httpd/httpd.conf
  • /etc/named.conf
であり、PostfixはPostfix Enabler 1.1.6を使用した。

一晩経ってみて、とりあえずうまくサーバーは機能しており、安心だ。今後の状況を見ていきたい。
[PR]
by ikeday1 | 2005-07-15 07:18 | Macintosh

6カ国協議再開

遂に6カ国協議が再開される。なんと1年1ヶ月ぶりの開催である。北朝鮮は、この中断の間に核兵器の保有を宣言し、当初の6カ国協議のテーマであった、「北朝鮮による核兵器保有の阻止」は実現できなかった。では、今再開される協議の目的は何か?「北朝鮮の核開発技術の破棄」である。つまり、軍事的であれ、平和的であれ、北朝鮮に核関連技術を保有させないことである。はっきり言って、北朝鮮があきらめなければならない要素は増えているにもかかわらず、その見返りは以前から変化していないため、今般の協議もうやむやで終わる公算が大きい!

今回の協議再開には米国がある一定の譲歩を示したというのが通説である。その内容とは、米政府高官が金正日主席を危険な人物であると評したり、北朝鮮を圧政国家としたことが、最近では「ミスター」と呼び始めたことが報道されている。これが、その譲歩かぁ?実質的には何も変わっていないだろ!また、大きな要素としては、韓国が北朝鮮よりの態度をますます明確化して、米国に対して「北東アジアのバランサーとしての役割を担う」と明言したことだ。これは、「米韓同盟の意義をある程度棚上げして、世界各国が北朝鮮に対して圧力をかける場合には、韓国がその圧力を和らげ、北朝鮮の立場を擁護する。」という意味に他ならない。明らかな造反行為である。北朝鮮にしてみれば、6カ国しか存在しない協議の中で、これまで、中国しか味方はいなかった。しかし、ロシアの態度が不鮮明になり、韓国は明らかに北朝鮮側に立ったことで、なんと6各国中4カ国が北朝鮮側となったことになる。これは圧倒的に有利に映るのだろう。しかし、北朝鮮は誤解しては行けない。この6カ国協議の後ろには北朝鮮サイドが圧倒的にマイノリティな国連がある。今般の6カ国協議が何の結果も現せないようなら、安保理への付託問題が再び浮上する。中国は安保理付託に反対し、今後も6カ国協議を行うと明言しているが、安保理への付託を回避して6カ国協議を継続するためには相当の成果を示す必要があるだろう。中国側にはどんな試算があるのだろうか?

我が国としては、この協議が不発に終わった場合、速やかに安保理付託を提言し、新安保理理事国としてのポテンシャルを明らかにすべきである。
[PR]
by ikeday1 | 2005-07-12 07:22 | 日頃の思い