いろいろなんでも


by ikeday1
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2006年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

靖国問題

靖国神社の問題がまたぞろ浮き上がっている。それは宮内庁長官だった富田氏の個人メモに「昭和天皇はA級戦犯合祀のために靖国神社を参拝しなくなった」と解釈される事が書いてあったと日経の記者が見つけたからだ。これには私自身本当に参った。ブログの更新ができなくなるほどのショックだった。

私は日本にのために散って行った英霊達のいる靖国神社をありがたく思うし、自衛官を含めて国のために殉じた人達に対して政治のトップが敬意を表する事は当然だと思っていた。勿論、そこにA級戦犯が合祀されていたとしてもなんら変わる事はない。はたして、最近の総理大臣は中国や韓国と言った特定のアジア国から文句が出たために靖国神社に参拝していないことが横行し、情けない限りであるし、これでは殉職した英霊達に申し訳ないとつくづく感じていた。しかし、小泉首相はあえてこれを敢行した。その勇気と信念、そして我が国がもう一度胸を張って生きられる時代を創成するリーダーとしてふさわしい人物として認めていたし、尊敬もしていた。こんな総理がイラクに手を貸そうと決断したから、自衛官だってイラクのようなところにそれこそ手足を縛られていても行く事を決心し、その復興を願ったに違いないのだ。

しかし、昭和天皇がもし、靖国神社に行く事をA級戦犯合祀のためにいやがったのならば、私が考えていた事は全て虚構であり、何の基盤のないむなしい思いでしかなかったとまで考えるに十分な心理的衝撃を与える事になった。天皇陛下は我が国の統治の根源であり、国民の幸せを祈っている存在だと思っていただけに、今般の報道は生臭さも感じるし、あまりにも政治的だ。陛下は、マッカーサーと会った時に「この戦争の責任は全て私にある」と言ったはずだ。それって嘘だったのか?やはりA級戦犯のせいだと思っていたのか。小泉首相は「A級戦犯はおいておいて、その他の英霊達に感謝を捧げている」と語っている。陛下は、靖国に行かなくなったために、(A級戦犯)以外の英霊たちに対しても同時に尊敬の念を示さなくなっている。それはどういう事なのか?

今、その「富田メモは捏造の疑いあり」とネット上では大いに議論されている。しかし、マスコミはそのような報道は一切していない。ネット上での議論は結構説得力があるのだが、マスコミは全く無視している。そう言った状況で世論調査を行い、「次期首相は靖国参拝をすべきではない」または「A級戦犯は分祀すべき」などの意見が多数を占める事になっているようだ。これって正しいのか?政治家達は「(これって怪しいよねと思っていながら)学術的な検証を待つ」なんて言っているが、最早世論調査では大きな影響が出ている。すぐにでも「富田メモは捏造だ」という疑問を解く動きを作って欲しい。

それよりも、今上天皇陛下がなぜ靖国神社に行かないのか?その理由を是非お聞きしたい。今、昭和天皇のお言葉と言われる事が大きな政治問題になっているのだ。それを解決するのは今上天皇陛下のお言葉しかないだろう。
[PR]
by ikeday1 | 2006-07-30 00:47 | 日頃の思い

ブログとマスコミ

NHK BSで「放送は通信とどう融合できるのか アメリカからの報告」という番組があった。これまで、様々な人たちが「マスコミがコントロールする世論」という構図が最早成り立たなくなっており、ブロガーが世論をコントロールしようとするマスコミを監視する役目を負いつつあるとと主張してきた。我が国のマスコミ、特に特定アジアに友好的で反日なマスコミはそう言った事を正面から否定し、「世論を形成しコントロールするという我々マスコミの特権を侵すものはなんであれ破壊する」というスタンスを強調している。つまりネット上の意見を必要以上に卑下し、悪者扱いする努力をしてきたのだ。

この番組は米国でのブロガー達の動きと影響力を無視できないものとして扱うもので、NHKらしからない番組だった。以前、NHKは韓国との友好問題を扱った「日韓の課題 今語りたい」という番組で、「韓国に親しみを感じますか」とか「日韓の歴史認識の溝にどう向かい合うべきだと思いますか」などのアンケートをネットで集計した。そして、その結果は圧倒的に反韓国の書き込みが多く、「親しみなど感じるか!」といった意見が圧倒的であった。しかし、NHKは番組でそのような風潮を一切論述する事なく、「やっぱ仲良くしなきゃね!」というなんとも意味のない結論に終始した前科がある。ネット上の意見を全く無視したわけだ。この反響は大きく、多くのブログでこのアンケートが紹介されたし、その放送に対してNHKの凝り固まった保守的な体質を批判しまくったものだった。

今般の番組では、そう言った前科を反省したのか、「ブロガーの意見は無視できない政治力を発揮しだしている」という結論で、NHKもやっとここまで来たかと感心させられた。しかし、やはりNHKだけあって、「権力を監視する役割を負っているマスコミを、ブロガー達は監視し、批判する役割を負っている」と決めつけている。また、ブロガーの影響力は「権力側」の圧力であり、マスコミが持つ正当性をおかされてはならないという慢心が見え隠れする。

米国では、「米軍がマスコミを攻撃対象としている」という意見を言ったCNNの高級幹部が首になったり、「ブッシュ大統領が徴兵逃れをしていた」と告発したCBSの看板ニュースキャスターがクビになっている。日本では、石原都知事の発言を180度捏造したキャスターやハイド米下院国際関係委員長のコメントを自分の都合のいいように捏造した筑紫哲也などはクビにならない。我々ブロガーは圧力の掛け方が足りないのだろうか?それとも、日本人キャスターに倫理観やプロ意識が足りないのだろうか?ブロガー達よ、立上がれ!躊躇してはならない!我々の負っている責務は重大である。
[PR]
by ikeday1 | 2006-07-16 22:08 | 日頃の思い

非難決議採択

北朝鮮非難決議が国連安全保障理事会で決議した。結果から言うと、中国の勝ちである。先日私は孤立する中国と尻馬に乗る韓国という論旨のエントリーを書いたが、一夜明けてみると、中国の政治力が勝った現実に直面した。うまく行かないものである。麻生外務大臣などは「(北朝鮮への制裁決議と)拘束力は変わらない」などと言っているが、この問題は、日米をはじめとする安保理13カ国が中国とロシアの政治力に屈服した事を表している。情けない限りである。

安保理で採択された決議はこのとおりであり、その中には北朝鮮の6カ国協議への即時復帰とミサイル発射の凍結が要求されている。国連憲章7章の記述がなくなった時点で、この要求は努力ベースとなり、いつまでにやらなければならないという期限は明記されていない。しかし、中国の方針を大々的に受け入れている決議であるので、この通り北朝鮮が行動しない限り、この責任が中国にのしかかってくるのは間違いない。中国の積極的な働きかけに期待するしかないだろう。

それにしても、米国の政治力も衰退したものだ。我が国の発言力も高まったと見ていたのだが、中国一国にしてやられた。国際的な発言力はここまで差がついてしまったのだろうか?これでは常任理事国などになれるわけがない。もう一度出直しだ。
[PR]
by ikeday1 | 2006-07-16 13:40 | 危機管理

ミサイル制裁

国連安保理における北朝鮮への制裁決議の行方が不透明だ。この件で面白いのはやはり中国の動きだろう。日米が北がミサイルを撃ちそうだと騒いでいた頃から、中国は北朝鮮に対し「撃ったらいかんで」と言ってきたに違いない。なぜなら、6カ国協議ではミサイル発射凍結を約束した北朝鮮は中国の同盟国であり、6カ国協議の議長国は中国であるからだ。中国はこのミサイル発射でメンツをつぶされただけではなく、その政治力や国際的な倫理性を大きく問われる結果となった。そこで、他の安保理常任理事国であるロシアにお伺いを立てた。

ロシアは、ヨーロッパでNATOが勢力を伸ばし、旧ソ連に属していた国々をNATO内に取り込まれるなど、ロシアに取ってみれば危機感を感じる醸成となっている。だから、アジアで中国と仲良くしたいわけである。で、中国から誘われたから一緒にやってみるかと思ったのだが、ロシアが議長国でサミットが有るし、この件であまり中国と組むと、ロシアも北朝鮮の仲間だと思われるのが嫌になってきたようでも有る。

さて、この制裁決議は中国が北朝鮮の説得に当たる時間を考慮して、採決を引き延ばした。しかし、北朝鮮は中国の言う事を聞かないようだ。だとすると、中国はなぜ北朝鮮の仲間だと思われるような行動をとるのだろうか?所詮は、同じ共産主義国なので、悪い事は一緒にやろうという意識なのか?

孤立化しつつ有る中国を応援する国が有る。韓国だ。日米が提出した制裁決議を否定し、中国が拒否権を発動する事を期待するそうだ。ある調査によると韓国の半数以上は制裁決議に賛成らしい。また、ノムヒョン大統領が間違っていると思っているのは60%以上であるらしい。ノムヒョンは事も有ろうに日本を非難している。日本はばか騒ぎし過ぎだと言っているらしい。しかし、非難の先は北朝鮮ではないのか?こうなる事が分かっているから、日本は制裁決議案を作る時に韓国を一切無視した。勿論米国も何も言っていない。韓国は生き残れるのだろうか?

北朝鮮制裁決議案は様々な政治的思惑をはらみながら、近々安全保障理事会で採決される。どうなるのか。。。楽しみな事である。
[PR]
by ikeday1 | 2006-07-15 22:53 | 危機管理

敵地攻撃論

ミサイル発射基地に対する「敵地攻撃論」が議論を巻き起こしている。韓国などは早速、「日本の侵略的な姿勢を示すもの」と批判を広げているが、馬鹿げた理論だ。脅威を脅威と判断できない国家にそのようなことを言われる筋はない。額賀防衛庁長官は「敵ミサイル基地に対して平時に先制攻撃をする」と言っているのではない。「自衛隊に敵地攻撃能力を持たせたらどうだ」と言っているのだ。民主党の小沢氏は「敵基地攻撃はあくまでも有事段階での対応」という考えであり、有事であるならば敵基地攻撃は可能で、自衛隊がそのような能力を持つ事は賛成であるという意見だ。

平時の段階で、北朝鮮のミサイルが発射されようとしている。それが我が国を狙ったものなのか、ただ単に人工衛星なのかは分からない。その状況でミサイル基地を攻撃しようとすれば、これには様々な議論があるだろう。米国のように憲法9条や専守防衛などという概念がない国でさえ、この攻撃が国際法に違反していないか、大いなる議論があるものと思う。額賀氏はそんな事は言っていないのだ。現在自衛隊は明らかに攻撃を受けている状態であっても敵のミサイル基地を攻撃する事ができない。能力的にない。その能力を付けさせようという話である。

その能力が有れば、勿論先制攻撃にも使用できる。しかし、それをやらせないのがシビリアンコントロールであろう。もし、能力を付けたら、先制攻撃をしてしまうとなれば、シビリアンコントロールがなっていない証拠だ。政府に取ってみても、シビリアンコントロール何て茶番であり、我が国には存在しないなどとは言えないだろう。論点を定めた議論を望みたいものだ。
[PR]
by ikeday1 | 2006-07-11 19:43 | 危機管理

安保理での日本

日米が安保理に提出した北朝鮮制裁決議は我が国の国連安保理での位置づけを大きく変えようとしている。我が国が何となく安保理の常任理事国のように振る舞っているように見えるからだ。この決議案に対しては中国とロシアが反対だそうで、安保理の理事国15カ国中この2カ国のみが難色を示しているらしい。その理由として「日米欧が主導する国際的なリーダーシップを許したくないからだ」というのはあながち間違っていないだろう。その両国を説得するために行われた交渉は常任理事国+日本であった。どうですか?私が言う事も分かるでしょう?

更に、この両国は常任理事国なので、拒否権というものを持っている。その拒否権行使を牽制するために我が国は様々な工作を行っている。安倍幹事長は、「両国がミサイルを発射した北朝鮮のような野蛮国の肩を持つ事が有っては行けない」とか外務省は「ロシアを籠絡できれば、中国が拒否権を単独で行使しにくくなるから、ロシアをなんとかしよう」といったやり方である。

この戦略はかなり説得力が有り、仮に、ロシアが制裁決議に賛成となったとして、中国が単独で拒否権を行使した場合、我が国では相当な反中国の動きが惹起される事になる。それは政府や国会のみならず、全国民がそのような考え方を持つようになると言う事で、これまで中国の反日運動に呼応した反中国運動とは桁外れのスケールで反中思想が蔓延するわけである。当然、中国と同様の理論で反日運動をやっていた韓国にもその余波は押し寄せる。そんな決断を中国政府に迫るわけである。どうですか?素晴らしい外交戦略じゃないでしょうか?

我が国において、北朝鮮制裁は92%の支持を受けているらしい。政府は断固として制裁決議を推し進めるべきであり、途中で腰が砕けたら、自民党を支持する勢力は半減するだろう。覚悟を決めてやって欲しいものだ。
[PR]
by ikeday1 | 2006-07-09 00:34 | 危機管理

ミサイル発射後。。

北朝鮮のミサイル発射に対応して、我が国の国際社会における発言力が一段と高くなっている感じがするのだが、皆さんはどうだろう?国連安保理に米国と協調して対北朝鮮非難決議案を上程した事やその非難決議の中に制裁条項を含ませる事など、常任理事国的な動きではなかろうか?勿論我が国は国際紛争の当事国として当然の動きをしているのだが、ミサイルの着弾点が海岸のごく近くだったロシアや、常識的に考えて第1の当事国と思われる韓国などは何もやっていない。

更に、中国やロシアはこの制裁決議に反対する立場を取っているという。。。コイツらは国際社会の敵だ!ロシアなど、沿岸周辺の住民達が不安で騒いでいるというのに、決議案に反対するのかぁ?どう考えてもおかしいだろ?中国が反対するのは分かる。なぜなら、我が国が上程した決議案がそのまま通ってしまえば、「日本を常任理事国に!」という国際的なコンセンサスの形成へと一歩近づいてしまうからだ。

朝日新聞などは、靖国問題がなければ中国/韓国と共闘を取れたなどと虚言を吐いているが、全く外交センスのない発言であると言わざるを得ない。また、NHKは「米国が北朝鮮と直接対話をすべきである」と、北朝鮮のミサイル発射はアメリカのせいだと言わんばかりの論調である。日米が言っている事は簡単だ。「6か国協議で話を付けようじゃないか」と言っているのだ。なぜそれが分からない?6カ国協議に戻ってさえくれば、米朝での直接交渉だって可能性があるわけである。それを強調する事なく、ミサイルの脅しに乗って米朝の直接対話をするなどということを米国がやるわけがない。NHKさんよ。受信料の強制徴収を考える前に、国際政治学がまともに分かるキャスターを作るのが先じゃないのか?!
[PR]
by ikeday1 | 2006-07-06 20:53 | 危機管理

テポドン発射と韓国

北朝鮮のミサイル発射に伴う、韓国の動きを見てみよう。

韓国はご存知の通り、盧武鉉大統領の指導により親北政策を大々的にやっている。今般の北朝鮮ミサイル発射の前兆に関しても、とても寛大に受け止めており、「人工衛星だろ?!」なんて暢気に構えていたわけである。とりあえず、「発射してはいけない」なんて表面的に意見は述べていた物の、何ら積極的な策を打ち出していたわけではない。

さて、ミサイルが朝3時半、4時、5時と発射されたわけだが、我が国では、6時ちょい過ぎには安倍官房長官がミサイルが発射された事実や、北朝鮮に厳重に抗議する事、日本海に着弾したようである事などを記者会見で発表した。勿論、確認できている事やできていない事などを弁別し、確認できていない事は「確認中です」と言明したわけである。これで、日本国民は政府が既に対応しており、防衛庁では防衛会議が開かれる事、政府では安保会議を開催する事などを知る事ができた。一方、韓国はどうだったか?知り得た限りでは、韓国の政府関係者が正式にマスコミに対してミサイル発射の事実を告げたのは午前10時頃だった。なんともお粗末な話ではないか?韓国政府の危機管理能力が全く当てにならない事や、こういう国を友好国として持つ事はさほど価値のある事ではない事を思い知らされた感じである。

更に、韓国は竹島の我が国の領海内に調査船と巡視艦を出している。違うとは分かっていても、北朝鮮のミサイル発射に同調していたと勘ぐりたくなるではないか?また、こともあろうに我が国の巡視船に向かって「韓国の領海なので邪魔するな!」と言ったらしい。我が国の巡視船は「これ以上の領海侵犯は、北朝鮮のミサイル発射と同調した韓国政府の動きであると判断せざるを得ない」なんて、韓国の調査船に言ってやるべきだった。

さて、安保理が早速開かれるらしいが、6カ国協議に参加する国のうち、韓国と北朝鮮は安全保障理事会に参加できない。。。我が国は安保理の理事国で本当に良かった。。。がっはははは
[PR]
by ikeday1 | 2006-07-05 21:30 | 危機管理

北朝鮮がミサイル発射!

北朝鮮がミサイルを発射した。3発である。2発は短距離型の弾道弾で、3発目はテポドン2だったらしい。しかし、そのテポドン2は発射直後に爆発したとの報道が有る。

日本政府はかねてからの手続き通り、安保理に上程しさっさと経済制裁に踏み切るべし!この事件によって、これまでノムヒョン大統領がやっていた政策が全く的はずれで東アジアをどれだけ不安定にしていたのかが明確になった。辞任すべきである。

現在は情報収集の段階らしいが、政府の意思決定の迅速さと適切さが試されている。
[PR]
by ikeday1 | 2006-07-05 06:33 | 危機管理