いろいろなんでも


by ikeday1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

谷垣財務大臣

谷垣財務大臣/総裁候補が海外からの留学生を増やすために、国立大学学生の一定割合を奨学金付きで海外から募集するという案を打ち出している。これって、財務大臣として言って良い事なのだろうか?19年度予算の概算要求は8/31に各省庁から出される。その前に、財務大臣が他省庁の権益が絡まる予算に関して新たな意見を言い始めたわけである。非常に不公平ではないか?谷垣氏は特定アジアに媚びる体制で自民党内での存在感を打ち出し、他の総裁候補との差別化を図ろうとしている。また、そのような政治姿勢を明言している。では、中国が嫌だと言っている弾道ミサイル対処関連の予算も、総裁選の公約がらみで、財務大臣として否定しかねないのか?

明からに、財務大臣として不適なポジションだ。防衛庁は北朝鮮のミサイル脅威に対抗するために、概算要求の上積みを考えているらしい。昨今の北朝鮮の不遜な動きを勘案するに、真っ当な政治判断だと考える。それが、財務大臣の政治姿勢のために認められない。。。おかしいだろ!海外からの留学生の件にしても、文科省の権限にあたるだろうに、財務大臣がこんなことを言えば概算要求にも盛り込まざるを得なくなるではないか?官僚組織なんてものはそんなものだ。

財務大臣である限りは予算に関わる事を自らの政治姿勢であると言うべきではない。勿論、総理の承認があったり、閣議で話し合われた事なら問題ないだろうが、そこら辺のけじめはきちんとつけるべきである。
[PR]
# by ikeday1 | 2006-08-25 10:21 | 日頃の思い

汚染中国野菜の排除

最近のスーパーなどには中国産の野菜が減ってきている。その原因は、我が国の政府が5月に農作物などの残留農薬の規制強化策を打ち出したからだ。つまり、これまで野放図に輸入されていた中国産の野菜には農薬が残留しており、とても危険であったという証拠である。

しかし、危機感を募らせた中国政府は我が国に担当官を派遣し、この状況の打開をはかるようだ。更に信じがたいのが、我が国の政府がこの規制の運用を柔軟に行う意向を示している事だ。つまり、中国様の作る野菜はたとえ農薬が入っていても国民に食べてもらおうと、政府が判断したようなのである!こんなことってあるのだろうか?

米国産牛肉に対しての拒否反応があれだけ激しかったのに、中国からの汚染野菜の輸入規制緩和を行う。。どういう事なのであろうか?そこで、全国消費者団体連絡会のウェブページを見た。米国産牛肉の話は出ているが、中国産汚染野菜の話は出ていない。主婦連合会でも同様である。日本消費者連盟では、わずかに「大根漬け物の原料が中国産ではないか」との疑惑に基づくスーパー各社への確認等が行われている。

このニュースが流れてから時間が経っていないので各消費者団体が未だ対応していないだけかもしれないが、結構インパクトがある話だと思う。なんせ、あれだけ反日な中国が日本に輸出する野菜に大量の農薬を使っていないなどと言う事は考えられない!非常に危険である。マスコミを含め、各消費者団体には是非声高な批判を行って欲しいものである。
[PR]
# by ikeday1 | 2006-08-22 21:44 | 危機管理

ロシア銃撃

ロシア官憲に我が国の漁船が射撃され、死人が出た。領海を侵犯されたと考えているロシア国境警備局としては領海侵犯している日本の漁船にたいして停戦命令を発し、反応がなかったので、威嚇射撃をした。

これがマスコミが主張する報道内容である。さて、ここで問題点が明らかになってきているのだが、まず、日本漁船の位置は日本の領海内であったのか?報道を見るに麻生外務大臣は「日本固有の領土である北方4島の領海12カイリ水域内で起きており、到底容認できない。厳重に抗議する」と言っている。これは、現在ロシアが主張している4つの島を我が国の固有の領土だと考えた場合に、我が国の領海内であると言っているのである。当然ロシア側からすれば、この4つの島はロシアのものなので、日本漁船は領海侵犯している船だと解釈しているのであろう。

停船命令であるが、問題はどのような方法で停船命令を発していたのか?発光信号やら、無線を使ったのか?多分、そのような事をやっていたとしても漁船側では認識できなかったか、見え/聞こえなかったのかも知れない。これは国際法上常に問題になる点である。「あらゆる努力をした」と説明しても、無線が壊れていたり、発光信号が気象条件等で読めなければ相手には通じない。

次に、威嚇射撃であるが、「威嚇射撃とは当てないように射つ射撃」ではない。船に対しては船首部分に射撃し、乗組員に向けて射たなければ良いのである。つまり、人がいないと思われる船首の部分に当てる事が威嚇射撃である。我が国でも北朝鮮の不審船に威嚇射撃と称して、船体への射撃を行っている。これが、威嚇射撃である。空に向けてぱんぱんと撃ちながら「武器を捨てろ!」などというのは海では通用しない。

船からの連絡によると「ゴムボートに乗ったロシア官憲が射撃した」と言っている。であれば、ちょっとボートが揺れて、射撃が不作為に人に当たったとしてもロシア官憲の責任ではない。

これが、国際法の世界である。ロシアの駐日代理大使も「人を狙って撃ったわけではない」と言っている。こんな事件ではお互いの言い分が平行線をたどり、何も解決しないのが外交である。このような事を我慢できないのであれば、憲法を改正しなければならない。自国の国民がこのような事になったら、武力侵攻も辞さないようなアメリカが相手であれば、ロシアはこのような事はしないであろう。

さて、日本国憲法を金科玉条のごとく守るということはこういう死人を出すと言う事だ。これは、あまり間違っていない認識だと思う。撃ち殺された人は35歳だったという。あまりにも若すぎる死であった。。。
[PR]
# by ikeday1 | 2006-08-16 23:03 | 危機管理

2006.8.15

明日はいよいよ8月15日である。小泉首相の靖国神社参拝が実現するか?その余波はどのように現れるか?非常に注目される。8/15には武道館で恒例の全国戦没者追悼式典がある。この式典ではA級戦犯もBC級戦犯も英霊や戦災で倒れた人たちと一緒に慰霊するものである。勿論、両陛下、総理大臣や閣僚、官僚達も総出で式典に参加するし、献花も行う事になっている。靖国神社参拝と同じ構造の式典なのだ。

では、なぜ靖国神社参拝だけを問題とするのか?中国と韓国が非難するからである。もし、両国が非難しなければ靖国神社への首相参拝は何の問題も引き起こさない。もし、その他に問題となるなら、それは多分に政治的なものである。民主党の小沢代表は自民党時代、天皇陛下や総理大臣が靖国神社へ行く事を主張してきた。それが民主党になったとたんに転んでしまった。まさに、政治的な理由である。つまりなんて事はない理由なのである。

中国や韓国は熱い非難を繰り広げるだろう。中国はもしかしたら態度を軟化させるかもしれないが、韓国はだめだろう。国際的な政治感覚を持たない者達である。更に、中国人や韓国人が首相の靖国参拝を封じるために日本に上陸している。こういった者どもが何をしでかすか分からない。今日、東京で大停電があり大騒ぎとなったわけだが、明日もきっと大騒ぎが九段あたりで繰り広げられる。。。ちょっと楽しみである。
[PR]
# by ikeday1 | 2006-08-14 22:01 | 日頃の思い

戦時作戦統制権の還収

韓国が、有事の際に自国の防衛を自国の指揮でやろうという戦時作戦統制権の還収(取り戻し)をやろうとしている。私が考えるに、それは独立国として当たり前の主張のような気がする。平時における作戦統制権は韓国にあるようだが、有事の際には米軍が韓国軍を指揮する事になっている。これってとても屈辱的で、自国が堂々たる独立国ではない事を全世界に放送しているようなものだ。我が国でさえ、ちょっとアメリカの肩を持てば、「アメリカの属国」だの「51番目の州」だとかの意見がある。それを、自国の防衛を自国の指揮でできないなどと言う事はそれこそ自大主義的な。。。。おっとぉ。。

韓国は現在の国防の態勢革命を2009年にやろうとしている事で、韓国はもとより、米国や我が国でさえ大きな話題となっているようだ。なぜ、これが大きな問題となるのだろう?それは米国が韓国を信用しなくなってきているし、国際社会も韓国を責任ある自由主義国として認める事ができなくなっている事がその根底にあるからだ。勿論、米韓同盟の屋台骨はぐらついており、この問題がその傾向をますます増進させる事になるだろう。しかし、我が国としては韓国に勝手にさせるべきだと考えている。歴史的に見て安全保障関係の同盟が壊れる先には戦争がある。日英同盟崩壊後や国際連盟からの脱退が我が国をどのような道に導いたかを顧みれば、至極当然の事のように思われるだろう。では、韓国はいずれ米国と戦争をする事を考慮して、戦時作戦統制権の問題を考え、米韓同盟の重要性を考えているのだろうか?そうではなかろう。もっとも、米韓同盟がなくなった暁には北朝鮮との連邦制を宣言し、アジアのバランサーとして立ち振る舞う事が韓国の夢のようなので、いずれは北朝鮮の金将軍の指導のもとでアメリカと一戦交える事は視野に入っているのかもしれない。そのためにも日米同盟は非常に重要である。

朝鮮半島が連邦制になったら、彼らは北朝鮮の核兵器、弾道ミサイルと忠誠心あふれる北朝鮮兵、F-15Kやイージス艦、AWACSといった最新兵器を持った軍事大国になる。つまり、巨大な反日軍事国家がこつ然と出現する事になるのだ。これって結構ヤバい事で、米韓同盟がなくなった状況で、朝鮮半島が連邦制となれば、米軍は北朝鮮の核施設を破壊するだろう。そうなれば、韓国軍は我が国に宣戦布告する事になる。突拍子もない事のようだが、これは、韓国の世論調査でも明確になっている。

我が国周辺の安全保障環境はこのように不安定になっていると考えざるを得ないのだが、我が国は韓国のやり方に内政干渉はしたくない。戦時作戦統制権は韓国に帰すべきである。その上で、我が国周辺の安全保障環境をどうにかしなければならない。さて、皆さんはどう思うだろうか?
[PR]
# by ikeday1 | 2006-08-14 00:19 | 危機管理

靖国神社8月15日

8月15日が近づいている。様々なマスメディアは小泉首相の靖国神社参拝を今から批判し、自民党総裁選挙の論点として靖国神社参拝の是非を取り上げるべきだと息巻いているようだ。しかし、靖国神社への首相参拝の是非が我が国の総理大臣を選ぶ基準となりうるのだろうか?仮に、靖国神社の参拝を是とする安倍氏が、靖国参拝を公約として、総裁選の論点としたなら、安倍氏は自民党総裁にはなれないのか?

全然そんな事はなさそうだ。総裁選の論点として靖国問題を掲げた上で、もし安倍氏が総裁となったら、マスコミの皆さんは首相が靖国神社に参拝する事は自民党総裁としての必要条件だと認めるのだろうか?そんな事はあるわけがない。だったら、なぜ靖国の争点化を願っているのだろうか?

最近のマスコミは、よくわからん。。。。前からわからなかったけど。。。。
[PR]
# by ikeday1 | 2006-08-12 17:40 | 日頃の思い

Macminiサーバー不調

Macminiサーバーがおかしくなった。10.4.7にアップグレードしてからmail、web、dnsサーバー全てが動かなくなったのだ。いやぁ。。あせりましたよ。で、とりあえず、mailサーバーからなんとかしようと思い、postfixのアップグレードに挑戦した。使用していたpostfixのバージョンは1.1.8で、最新のものは2.3.2である。きっとここら辺が原因だと思ったのだ。で、いろいろ調べてみると、パッケージのインストールにはfinkがよろしいとの事なので、早速ダウンロードした。finkを用いて新バージョンのpostfixをダウンロード、インストールまで全て自動的にできる。ターミナルを立ち上げて、postfixをstartさせるが、どうにも以前と状況は同じだ。mail.appからimapでログインしようとするが、さっぱりである。コンソールのmail.logではアクセスしようともしていない。

更に、よく見てみると、postfixは/sw/etc/postfix/のconfigファイルを使っているとのメッセージが出る。え?なんでぇ?確かに、/sw/etc/postfix/ディレクトリーができていて、そこに、configファイルはあるし、postfix本体もsbinディレクトリーに入っているではないか?おっかしい。。。これはもう、ソースコードからmakeするしかない!有名な「Postfixのぺーじ」にいくと、postfix.orgからftpするように出ていたので、ダウンロードし、「2.1.5 インストール記録」に書いてあるようにインストールした。しかし、状況は変わらない。どうも、finkが/sw/のほうに誘導する設定にしたらしいのだ。

ここで、Postfix Enablerを使い、main.cfを設定したが、これも反映されない事が分かった。そりゃそうだ。Postfix Enablerは/etc/postfixのconfigファイルを設定するためのツールだからだ。

fink関連のページを見に行くと「Appleの設定とぶつからないように、/sw/ディレクトリーに新たなディレクトリーツリーを作って、設定する。」と書いてあるではないか。よく調べると、~/ディレクトリ下に.cshrcができていて、$PATHを書き換えている。つまり、/usr/sbinの前に/sw/usr/sbinをアクセするようにしている事が分かった。で、.cshrcを削除し、改めてpostfixをstartすると、無事に/etc/sbinからのpostfixが起動された。これで、Postfix Enablerも使える。しかし、依然としてmailサーバーにアクセスできない。

ここまでで疲労困憊し、2日ほどmacminiから離れた。どうしても、この不具合が理解できなかったからだ。で、勇気を持ってmacminiの前に座り、システム環境設定からネットワークを調べると、なんと!IP AddressがDHCPから取得するようになっている!!!以前は、手入力でIPを指定していたため、似ても似つかないIP Addressが設定されていたのだ。あああああ。。これを以前と同じように設定し直すと、あっけなく解決!うううう。。やってられん!ビールを飲んで寝る事にした。。。
[PR]
# by ikeday1 | 2006-08-09 09:37 | Macintosh

靖国問題

靖国神社の問題がまたぞろ浮き上がっている。それは宮内庁長官だった富田氏の個人メモに「昭和天皇はA級戦犯合祀のために靖国神社を参拝しなくなった」と解釈される事が書いてあったと日経の記者が見つけたからだ。これには私自身本当に参った。ブログの更新ができなくなるほどのショックだった。

私は日本にのために散って行った英霊達のいる靖国神社をありがたく思うし、自衛官を含めて国のために殉じた人達に対して政治のトップが敬意を表する事は当然だと思っていた。勿論、そこにA級戦犯が合祀されていたとしてもなんら変わる事はない。はたして、最近の総理大臣は中国や韓国と言った特定のアジア国から文句が出たために靖国神社に参拝していないことが横行し、情けない限りであるし、これでは殉職した英霊達に申し訳ないとつくづく感じていた。しかし、小泉首相はあえてこれを敢行した。その勇気と信念、そして我が国がもう一度胸を張って生きられる時代を創成するリーダーとしてふさわしい人物として認めていたし、尊敬もしていた。こんな総理がイラクに手を貸そうと決断したから、自衛官だってイラクのようなところにそれこそ手足を縛られていても行く事を決心し、その復興を願ったに違いないのだ。

しかし、昭和天皇がもし、靖国神社に行く事をA級戦犯合祀のためにいやがったのならば、私が考えていた事は全て虚構であり、何の基盤のないむなしい思いでしかなかったとまで考えるに十分な心理的衝撃を与える事になった。天皇陛下は我が国の統治の根源であり、国民の幸せを祈っている存在だと思っていただけに、今般の報道は生臭さも感じるし、あまりにも政治的だ。陛下は、マッカーサーと会った時に「この戦争の責任は全て私にある」と言ったはずだ。それって嘘だったのか?やはりA級戦犯のせいだと思っていたのか。小泉首相は「A級戦犯はおいておいて、その他の英霊達に感謝を捧げている」と語っている。陛下は、靖国に行かなくなったために、(A級戦犯)以外の英霊たちに対しても同時に尊敬の念を示さなくなっている。それはどういう事なのか?

今、その「富田メモは捏造の疑いあり」とネット上では大いに議論されている。しかし、マスコミはそのような報道は一切していない。ネット上での議論は結構説得力があるのだが、マスコミは全く無視している。そう言った状況で世論調査を行い、「次期首相は靖国参拝をすべきではない」または「A級戦犯は分祀すべき」などの意見が多数を占める事になっているようだ。これって正しいのか?政治家達は「(これって怪しいよねと思っていながら)学術的な検証を待つ」なんて言っているが、最早世論調査では大きな影響が出ている。すぐにでも「富田メモは捏造だ」という疑問を解く動きを作って欲しい。

それよりも、今上天皇陛下がなぜ靖国神社に行かないのか?その理由を是非お聞きしたい。今、昭和天皇のお言葉と言われる事が大きな政治問題になっているのだ。それを解決するのは今上天皇陛下のお言葉しかないだろう。
[PR]
# by ikeday1 | 2006-07-30 00:47 | 日頃の思い

ブログとマスコミ

NHK BSで「放送は通信とどう融合できるのか アメリカからの報告」という番組があった。これまで、様々な人たちが「マスコミがコントロールする世論」という構図が最早成り立たなくなっており、ブロガーが世論をコントロールしようとするマスコミを監視する役目を負いつつあるとと主張してきた。我が国のマスコミ、特に特定アジアに友好的で反日なマスコミはそう言った事を正面から否定し、「世論を形成しコントロールするという我々マスコミの特権を侵すものはなんであれ破壊する」というスタンスを強調している。つまりネット上の意見を必要以上に卑下し、悪者扱いする努力をしてきたのだ。

この番組は米国でのブロガー達の動きと影響力を無視できないものとして扱うもので、NHKらしからない番組だった。以前、NHKは韓国との友好問題を扱った「日韓の課題 今語りたい」という番組で、「韓国に親しみを感じますか」とか「日韓の歴史認識の溝にどう向かい合うべきだと思いますか」などのアンケートをネットで集計した。そして、その結果は圧倒的に反韓国の書き込みが多く、「親しみなど感じるか!」といった意見が圧倒的であった。しかし、NHKは番組でそのような風潮を一切論述する事なく、「やっぱ仲良くしなきゃね!」というなんとも意味のない結論に終始した前科がある。ネット上の意見を全く無視したわけだ。この反響は大きく、多くのブログでこのアンケートが紹介されたし、その放送に対してNHKの凝り固まった保守的な体質を批判しまくったものだった。

今般の番組では、そう言った前科を反省したのか、「ブロガーの意見は無視できない政治力を発揮しだしている」という結論で、NHKもやっとここまで来たかと感心させられた。しかし、やはりNHKだけあって、「権力を監視する役割を負っているマスコミを、ブロガー達は監視し、批判する役割を負っている」と決めつけている。また、ブロガーの影響力は「権力側」の圧力であり、マスコミが持つ正当性をおかされてはならないという慢心が見え隠れする。

米国では、「米軍がマスコミを攻撃対象としている」という意見を言ったCNNの高級幹部が首になったり、「ブッシュ大統領が徴兵逃れをしていた」と告発したCBSの看板ニュースキャスターがクビになっている。日本では、石原都知事の発言を180度捏造したキャスターやハイド米下院国際関係委員長のコメントを自分の都合のいいように捏造した筑紫哲也などはクビにならない。我々ブロガーは圧力の掛け方が足りないのだろうか?それとも、日本人キャスターに倫理観やプロ意識が足りないのだろうか?ブロガー達よ、立上がれ!躊躇してはならない!我々の負っている責務は重大である。
[PR]
# by ikeday1 | 2006-07-16 22:08 | 日頃の思い

非難決議採択

北朝鮮非難決議が国連安全保障理事会で決議した。結果から言うと、中国の勝ちである。先日私は孤立する中国と尻馬に乗る韓国という論旨のエントリーを書いたが、一夜明けてみると、中国の政治力が勝った現実に直面した。うまく行かないものである。麻生外務大臣などは「(北朝鮮への制裁決議と)拘束力は変わらない」などと言っているが、この問題は、日米をはじめとする安保理13カ国が中国とロシアの政治力に屈服した事を表している。情けない限りである。

安保理で採択された決議はこのとおりであり、その中には北朝鮮の6カ国協議への即時復帰とミサイル発射の凍結が要求されている。国連憲章7章の記述がなくなった時点で、この要求は努力ベースとなり、いつまでにやらなければならないという期限は明記されていない。しかし、中国の方針を大々的に受け入れている決議であるので、この通り北朝鮮が行動しない限り、この責任が中国にのしかかってくるのは間違いない。中国の積極的な働きかけに期待するしかないだろう。

それにしても、米国の政治力も衰退したものだ。我が国の発言力も高まったと見ていたのだが、中国一国にしてやられた。国際的な発言力はここまで差がついてしまったのだろうか?これでは常任理事国などになれるわけがない。もう一度出直しだ。
[PR]
# by ikeday1 | 2006-07-16 13:40 | 危機管理