いろいろなんでも


by ikeday1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ミサイル制裁

国連安保理における北朝鮮への制裁決議の行方が不透明だ。この件で面白いのはやはり中国の動きだろう。日米が北がミサイルを撃ちそうだと騒いでいた頃から、中国は北朝鮮に対し「撃ったらいかんで」と言ってきたに違いない。なぜなら、6カ国協議ではミサイル発射凍結を約束した北朝鮮は中国の同盟国であり、6カ国協議の議長国は中国であるからだ。中国はこのミサイル発射でメンツをつぶされただけではなく、その政治力や国際的な倫理性を大きく問われる結果となった。そこで、他の安保理常任理事国であるロシアにお伺いを立てた。

ロシアは、ヨーロッパでNATOが勢力を伸ばし、旧ソ連に属していた国々をNATO内に取り込まれるなど、ロシアに取ってみれば危機感を感じる醸成となっている。だから、アジアで中国と仲良くしたいわけである。で、中国から誘われたから一緒にやってみるかと思ったのだが、ロシアが議長国でサミットが有るし、この件であまり中国と組むと、ロシアも北朝鮮の仲間だと思われるのが嫌になってきたようでも有る。

さて、この制裁決議は中国が北朝鮮の説得に当たる時間を考慮して、採決を引き延ばした。しかし、北朝鮮は中国の言う事を聞かないようだ。だとすると、中国はなぜ北朝鮮の仲間だと思われるような行動をとるのだろうか?所詮は、同じ共産主義国なので、悪い事は一緒にやろうという意識なのか?

孤立化しつつ有る中国を応援する国が有る。韓国だ。日米が提出した制裁決議を否定し、中国が拒否権を発動する事を期待するそうだ。ある調査によると韓国の半数以上は制裁決議に賛成らしい。また、ノムヒョン大統領が間違っていると思っているのは60%以上であるらしい。ノムヒョンは事も有ろうに日本を非難している。日本はばか騒ぎし過ぎだと言っているらしい。しかし、非難の先は北朝鮮ではないのか?こうなる事が分かっているから、日本は制裁決議案を作る時に韓国を一切無視した。勿論米国も何も言っていない。韓国は生き残れるのだろうか?

北朝鮮制裁決議案は様々な政治的思惑をはらみながら、近々安全保障理事会で採決される。どうなるのか。。。楽しみな事である。
[PR]
# by ikeday1 | 2006-07-15 22:53 | 危機管理

敵地攻撃論

ミサイル発射基地に対する「敵地攻撃論」が議論を巻き起こしている。韓国などは早速、「日本の侵略的な姿勢を示すもの」と批判を広げているが、馬鹿げた理論だ。脅威を脅威と判断できない国家にそのようなことを言われる筋はない。額賀防衛庁長官は「敵ミサイル基地に対して平時に先制攻撃をする」と言っているのではない。「自衛隊に敵地攻撃能力を持たせたらどうだ」と言っているのだ。民主党の小沢氏は「敵基地攻撃はあくまでも有事段階での対応」という考えであり、有事であるならば敵基地攻撃は可能で、自衛隊がそのような能力を持つ事は賛成であるという意見だ。

平時の段階で、北朝鮮のミサイルが発射されようとしている。それが我が国を狙ったものなのか、ただ単に人工衛星なのかは分からない。その状況でミサイル基地を攻撃しようとすれば、これには様々な議論があるだろう。米国のように憲法9条や専守防衛などという概念がない国でさえ、この攻撃が国際法に違反していないか、大いなる議論があるものと思う。額賀氏はそんな事は言っていないのだ。現在自衛隊は明らかに攻撃を受けている状態であっても敵のミサイル基地を攻撃する事ができない。能力的にない。その能力を付けさせようという話である。

その能力が有れば、勿論先制攻撃にも使用できる。しかし、それをやらせないのがシビリアンコントロールであろう。もし、能力を付けたら、先制攻撃をしてしまうとなれば、シビリアンコントロールがなっていない証拠だ。政府に取ってみても、シビリアンコントロール何て茶番であり、我が国には存在しないなどとは言えないだろう。論点を定めた議論を望みたいものだ。
[PR]
# by ikeday1 | 2006-07-11 19:43 | 危機管理

安保理での日本

日米が安保理に提出した北朝鮮制裁決議は我が国の国連安保理での位置づけを大きく変えようとしている。我が国が何となく安保理の常任理事国のように振る舞っているように見えるからだ。この決議案に対しては中国とロシアが反対だそうで、安保理の理事国15カ国中この2カ国のみが難色を示しているらしい。その理由として「日米欧が主導する国際的なリーダーシップを許したくないからだ」というのはあながち間違っていないだろう。その両国を説得するために行われた交渉は常任理事国+日本であった。どうですか?私が言う事も分かるでしょう?

更に、この両国は常任理事国なので、拒否権というものを持っている。その拒否権行使を牽制するために我が国は様々な工作を行っている。安倍幹事長は、「両国がミサイルを発射した北朝鮮のような野蛮国の肩を持つ事が有っては行けない」とか外務省は「ロシアを籠絡できれば、中国が拒否権を単独で行使しにくくなるから、ロシアをなんとかしよう」といったやり方である。

この戦略はかなり説得力が有り、仮に、ロシアが制裁決議に賛成となったとして、中国が単独で拒否権を行使した場合、我が国では相当な反中国の動きが惹起される事になる。それは政府や国会のみならず、全国民がそのような考え方を持つようになると言う事で、これまで中国の反日運動に呼応した反中国運動とは桁外れのスケールで反中思想が蔓延するわけである。当然、中国と同様の理論で反日運動をやっていた韓国にもその余波は押し寄せる。そんな決断を中国政府に迫るわけである。どうですか?素晴らしい外交戦略じゃないでしょうか?

我が国において、北朝鮮制裁は92%の支持を受けているらしい。政府は断固として制裁決議を推し進めるべきであり、途中で腰が砕けたら、自民党を支持する勢力は半減するだろう。覚悟を決めてやって欲しいものだ。
[PR]
# by ikeday1 | 2006-07-09 00:34 | 危機管理

ミサイル発射後。。

北朝鮮のミサイル発射に対応して、我が国の国際社会における発言力が一段と高くなっている感じがするのだが、皆さんはどうだろう?国連安保理に米国と協調して対北朝鮮非難決議案を上程した事やその非難決議の中に制裁条項を含ませる事など、常任理事国的な動きではなかろうか?勿論我が国は国際紛争の当事国として当然の動きをしているのだが、ミサイルの着弾点が海岸のごく近くだったロシアや、常識的に考えて第1の当事国と思われる韓国などは何もやっていない。

更に、中国やロシアはこの制裁決議に反対する立場を取っているという。。。コイツらは国際社会の敵だ!ロシアなど、沿岸周辺の住民達が不安で騒いでいるというのに、決議案に反対するのかぁ?どう考えてもおかしいだろ?中国が反対するのは分かる。なぜなら、我が国が上程した決議案がそのまま通ってしまえば、「日本を常任理事国に!」という国際的なコンセンサスの形成へと一歩近づいてしまうからだ。

朝日新聞などは、靖国問題がなければ中国/韓国と共闘を取れたなどと虚言を吐いているが、全く外交センスのない発言であると言わざるを得ない。また、NHKは「米国が北朝鮮と直接対話をすべきである」と、北朝鮮のミサイル発射はアメリカのせいだと言わんばかりの論調である。日米が言っている事は簡単だ。「6か国協議で話を付けようじゃないか」と言っているのだ。なぜそれが分からない?6カ国協議に戻ってさえくれば、米朝での直接交渉だって可能性があるわけである。それを強調する事なく、ミサイルの脅しに乗って米朝の直接対話をするなどということを米国がやるわけがない。NHKさんよ。受信料の強制徴収を考える前に、国際政治学がまともに分かるキャスターを作るのが先じゃないのか?!
[PR]
# by ikeday1 | 2006-07-06 20:53 | 危機管理

テポドン発射と韓国

北朝鮮のミサイル発射に伴う、韓国の動きを見てみよう。

韓国はご存知の通り、盧武鉉大統領の指導により親北政策を大々的にやっている。今般の北朝鮮ミサイル発射の前兆に関しても、とても寛大に受け止めており、「人工衛星だろ?!」なんて暢気に構えていたわけである。とりあえず、「発射してはいけない」なんて表面的に意見は述べていた物の、何ら積極的な策を打ち出していたわけではない。

さて、ミサイルが朝3時半、4時、5時と発射されたわけだが、我が国では、6時ちょい過ぎには安倍官房長官がミサイルが発射された事実や、北朝鮮に厳重に抗議する事、日本海に着弾したようである事などを記者会見で発表した。勿論、確認できている事やできていない事などを弁別し、確認できていない事は「確認中です」と言明したわけである。これで、日本国民は政府が既に対応しており、防衛庁では防衛会議が開かれる事、政府では安保会議を開催する事などを知る事ができた。一方、韓国はどうだったか?知り得た限りでは、韓国の政府関係者が正式にマスコミに対してミサイル発射の事実を告げたのは午前10時頃だった。なんともお粗末な話ではないか?韓国政府の危機管理能力が全く当てにならない事や、こういう国を友好国として持つ事はさほど価値のある事ではない事を思い知らされた感じである。

更に、韓国は竹島の我が国の領海内に調査船と巡視艦を出している。違うとは分かっていても、北朝鮮のミサイル発射に同調していたと勘ぐりたくなるではないか?また、こともあろうに我が国の巡視船に向かって「韓国の領海なので邪魔するな!」と言ったらしい。我が国の巡視船は「これ以上の領海侵犯は、北朝鮮のミサイル発射と同調した韓国政府の動きであると判断せざるを得ない」なんて、韓国の調査船に言ってやるべきだった。

さて、安保理が早速開かれるらしいが、6カ国協議に参加する国のうち、韓国と北朝鮮は安全保障理事会に参加できない。。。我が国は安保理の理事国で本当に良かった。。。がっはははは
[PR]
# by ikeday1 | 2006-07-05 21:30 | 危機管理

北朝鮮がミサイル発射!

北朝鮮がミサイルを発射した。3発である。2発は短距離型の弾道弾で、3発目はテポドン2だったらしい。しかし、そのテポドン2は発射直後に爆発したとの報道が有る。

日本政府はかねてからの手続き通り、安保理に上程しさっさと経済制裁に踏み切るべし!この事件によって、これまでノムヒョン大統領がやっていた政策が全く的はずれで東アジアをどれだけ不安定にしていたのかが明確になった。辞任すべきである。

現在は情報収集の段階らしいが、政府の意思決定の迅速さと適切さが試されている。
[PR]
# by ikeday1 | 2006-07-05 06:33 | 危機管理
北朝鮮のテポドン2発射が懸念されているが、実際にミサイルが発射された時に自衛隊は何をするのかを調べてみた。確か、ミサイルが発射されそうな時には何らかの命令が下りて、国会の承認前に自衛隊がミサイルを破壊する事ができたと思ったので、防衛庁のサイトを中心に調べたのだが、ものすごく分かりにくい!

例えば、自衛隊法の第八十二条の二では「弾道ミサイル等に対する破壊措置」ってのが有るが、飛んでるミサイルを上空において破壊する事が書いてあるが、発射されそうなミサイルに対してミサイルを破壊するような部分は書いていない。だとすると、地上にある発射されそうなミサイルを破壊する行為はできないのか?以前、「座して死を待つのは憲法の理念ではない」何て議論を聞いた事が有り、発射される前にだってミサイルを破壊する事ができると思っていたのだが。。。。これじゃあ、現在のようにミサイル防衛が完成していない段階では発射された後のミサイルを破壊する事などできないので、「座して死を待つ」ばかりではないか!

そうであれば、現在の政府の対応もよくわかる。北朝鮮が発射するミサイルが我が国に落ちる可能性があろうとなかろうと、発射されそうなミサイルに何もできないのだ。北朝鮮のミサイルがたとえ、大量破壊兵器を積んでいなくたって、我が国の国土に落下すれば相当な被害は出るだろう。それを黙って見ているだけ。。。それが政府の選択なのか?それが、我々が投票で選んだ議員達の危機感なのか?はっきり言おう!そんな議員なら必要ない。そんな政府なら支持しない!
[PR]
# by ikeday1 | 2006-06-20 22:20 | 危機管理

北朝鮮のミサイル発射

北朝鮮ミサイル実験場をGoogleEarthで検索する記事を昨日書いたが、「ひろたろう」さんという方が、正確な座標を教えて下さった。本当に有り難うございました。皆さんも見てみて下さい。40°51'47.08"N 129°39'37.44"Eです。

ところで、この時期になんで北朝鮮はミサイル危機を作り出すのかを想像してみた。多分、米国の経済制裁が相当効いていて、にっちもさっちもいかなくなっているのではなかろうか?しかし、アメリカを平壌に招こうとしても、来やしないし、六カ国協議に復帰するのもしゃくなのでやりたくない。だと言って、戦争を仕掛けるわけにも行かず、とりあえずミサイルを立ててみて、様子を見る。ここで、燃料を注入すると、北朝鮮は本気でミサイルを発射しようという意思表示になり、日米韓は慌てるだろうし、国際的な圧力もかけてくるだろう。そう言った状況を作っておきながら、ミサイルの発射を中止する旨表明する。で、各国が「いい判断だぜぇ」と思った時に、アメリカとの直接交渉を申し込む。これなら米国だって無下に断るわけにはいかないだろう。注入した燃料のためにミサイル一基くらいだめになっても、アメリカを交渉の席に座らせて、経済制裁を緩めてもらえば安い物だ。

なんてぇのはどうだろうか?
[PR]
# by ikeday1 | 2006-06-19 20:08 | 危機管理

北朝鮮ミサイルサイト

b0050317_17561543.jpg北朝鮮がテポドン2の発射実験を行いそうだと言う事で、早速そのミサイル実験場を探してみた。どうせならGoogle Earthで見てみたいと思い、そのミサイル実験場がどこに有るのかをネットサーチ。それは「咸鏡北道花台郡舞水端里」という所に有るらしい。で、Google Earthに入力してみたが、「そんなところはわからない」というメッセージが出た。う〜む。。残念。で、だめもとで英語版のWikipediaに「舞水端里」で検索すると、「Musudan-ri」というエントリーが見つかり、行ってみると、もろに「北朝鮮のロケット発射サイトは40°51′N 129°40′Eにある」と出ているではないか。

で、Google Earthに入力して得られた写真がこちらです。いやぁ。。これが本当にミサイル発射サイトかどうかは判断がつきませんが、すごい時代になったもんですなぁ。。。
[PR]
# by ikeday1 | 2006-06-17 18:01 | 危機管理

北朝鮮領空侵犯

北朝鮮空軍司令部が米空軍偵察機の領空侵犯を非難している。え?米軍ってそんな事してるの?U-2がソ連上空で落とされたり、EP-3が海南島で落とされたりしているのに、大胆なもんだなぁ。。。

で、他の独立国の領空を軍用機が侵入する事は国際法で禁じられている。正確には領空内の飛行に無害航行権がないと言った方が良いだろうか。北朝鮮政府には領空侵犯機に対して要撃し、領空内から出るよう指示する事ができるし、もし、指示に従わないのなら、威嚇/警告射撃や強制着陸まで行う権利が有るのだが。。。やらないのかなぁ???北朝鮮政府もお人好しなもんだ。。。
[PR]
# by ikeday1 | 2006-06-13 21:10 | 危機管理