いろいろなんでも


by ikeday1
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ウリ党惨敗

韓国では5月31日の統一地方選挙で与党のウリ党が惨敗した結果、政治的な嵐が吹き荒れている。勿論、この選挙は地方自治体の長やら地方議会の選挙であるために国会の議席数を左右するものではないく、ウリ党は依然多数与党である。しかし、盧武鉉大統領の支持率が激減している状況での、全国規模の選挙であったため、大統領の信任を掛けた選挙であるとの観測も有った。

そう言った中、盧武鉉大統領は、「こんな選挙の結果はなんてことない。1、2度の選挙で国がうまくいくのいかないの、どの党が台頭するの没落するのというのは、民主主義ではない」との賜ったらしい。素晴らしい!これぞ独裁者の言である。我が国は総理大臣制を取っているために、韓国の大統領制とは事情が違うが、我が国で同じような状況が発生すれば、総理大臣は「事実を厳粛に受け止める」何て事を言い、盧武鉉大統領のような民意を無視した言動は一切行わないだろう。これも、自らが作ったウリ党を基盤にした、自信たっぷりの大統領ならではの言かもしれない。つまり、「俺が大統領でなくなればウリ党なんて存在価値もなく、俺以降の政局がどうなろうとも知った事ではない」という開き直りである。

さて、この選挙で事実上の死に体となった盧武鉉政権であるが、やけっぱちになった大統領の今後の仕事はどうなるのだろうか?私がとっても心配しているのは、盧武鉉大統領が北朝鮮に出向いて、「もはや北と南はゆるやかな連邦制に有る」と共同宣言してしまう事である。近々、金大中が北を訪問する。これって緩やか連邦宣言の根回しじゃないの?もし、大統領と金正日がこんな事を宣言してしまうと、朝鮮戦争は終戦となり、国連軍が朝鮮半島に駐留している意義はなくなる。更には米軍を朝鮮半島から追い出す事ができるようになるのだ。勿論、米韓同盟など不要になり、韓国側から言わなくても、米国が条約破棄する事になるだろう。北朝鮮による朝鮮半島統一も目前となる事態が発生する。

これって、とっても危ないし、東アジアは一気に緊張する事になるだろう。そして、これまでの盧武鉉大統領の言動を見るに、こんなことってやっちゃいそうでしょ?おお。。こわこわ。。
[PR]
# by ikeday1 | 2006-06-04 09:50 | 危機管理

違法駐車

いよいよ6月から駐車違反が厳しくなる。駐車違反摘発に民間力を活用し、警察官をその他の捜査等に振り分けることになるためだ。その際、これまで30分程度の駐車違反なら見逃してもらえたのが、6月からはそうも行かなくなる。非常に喜ばしい限りだ。

すぐそこに30分300円の駐車場が有るにも関わらず、堂々と駐車違反しているポルシェやベンツ。こういう奴らをことごとく摘発して欲しい。違法駐車のために道幅が狭くなり、すれ違うこともままならないような道や、違法駐車の車をよけなければ行けないために自転車が車道から追い出され、歩道を走らなければならなくなり、歩道のお年寄りや子供に危険が及ぶなど、違法駐車がなくなればどれほど暮らしやすくなるか。。。

問題は、駐車場が足りなくなり、あっちこっち自由に出かけようと思わなくなることかなぁ。。それはそれでどうにかなるだろう。。。駐車監視員の皆さんは頑張って欲しい。
[PR]
# by ikeday1 | 2006-05-27 10:45 | 日頃の思い

Good Night and Good Luck

b0050317_2221763.jpgグッドナイトアンドグッドラック(Good Night and Good Luck)を見た。これからはネタバレになりますので、見ていない人はご遠慮ください。

アメリカのマッカーシー上院議員の「赤狩り」によって、米国民が恐怖に見舞われるのを追及するニュースキャスターを描いた映画だ。これは実際に有ったエピソードだそうで、エド・マローというCBSのキャスターが政府の圧力に屈することなく、米国の伝統や自由主義を訴え続けて、マッカーシーを追いつめてゆく様子が描かれている。マッカーシズムの失敗はあまりにも極端な差別制度を導入し、「疑わしければ排除する」やり方を強要したことである。映画でも出てきたが、「共産党に内部侵入しているFBI捜査官の報告によれば、あなたは共産党員である。」という審問会が行われていたらしい。勿論そこに同席した他の議員からは、「そのFBI捜査官をここに連れ出し、被審問者と対決させなければならない。噂だけで人を排除することなどできない」という意見などが出て、マッカーシーはその力を衰えさせてゆく。「政府から共産党員を排除する」という当時のアメリカでは同意を得やすい環境において、議会が頭に乗りすぎたのだろう。こういう場合、アメリカってのはうまい具合にその極端な路線を修正する対抗馬が出現する。CBSのマロー氏もそうだろうし、そのマロー氏を支え続けた世論もそうだろう。こういうのが民主主義または自由主義ってなもんだろう。マロー氏のコメントなんかもかっこいい。

"We will not walk in fear, of one another. We will not be driven by fear into an age of unreason if we dig deep in our history and doctrine and remember that we are not descended from fearful men, not from men who feared to write, to speak, to associate and to defend causes which were for the moment unpopular. We can deny our heritage and our history, but we cannot escape responsibility for the result. There is no way for a citizen of the Republic to abdicate his responsibility."(ここから転記)

「我々はお互いを恐れながら生きてゆくわけにはいかない。我々は理不尽な理由による恐怖によってコントロールされない。なぜなら、歴史や伝統をしっかり堅持しているからで、恐れるばかりの者や怖くて文書を書けない、または話せない者、その時代の少数意見に組したり守ってやることができない者によって貶められることがないと言う事を知っているからだ。我々は我々の歴史や遺産を否定することはできる。しかし、我々は結果に関してその責任から逃れることはできない。共和制である我々市民はその責任感を捨て去ることはできないのだ。」

どうですか?かっこいいでしょう?こんなことを言えるジャーナリストが日本にいるでしょうかねぇ?

さて、映画の方は、なんと白黒である。1950年代を表現するのに白黒にしたようだが、どうもしっくり行かない。現代の我々を説得する映画を作るのなら、堂々とカラーでやるべきである。題材は非常に立派なのだがどうも姑息な感じがする。ジョージクルーニーが監督をやったらしいが、ストーリーのつめ方も甘いような気がする。ロンハワードならこうなっていなかっただろうな。。。で、マロー氏を演じたのがデビッド・ストラザーンという俳優で、実にかっこいい人だ。以前にも「メンフィスベル」なんかで実に味の有る演技をしていた。私のお気に入りの役者である。映画が終わっても席を立つ人が少なかった。政治的な内容に衝撃を受け、自分なりに消化していたのだろうか?いやぁ。。民主主義ではアメリカにはかなわんなと思わせる映画であった。

ところで、アメリカに共産党って有ると思います?実は有るんですねぇ。。。こちらをどうぞ。
[PR]
# by ikeday1 | 2006-05-14 22:21 | 映画

竹島その後

韓国の金ヨンソク・梨花女大学法学部教授が我が国の竹島海洋調査を国際法違反だと決めつけた。

金ヨンソク教授は基本的には正しい。しかしちょっと待って欲しい。
246条には3項以下が有る。これによると、「専ら、平和的目的で、かつ、すべての人類の利益のために海洋環境に関する科学的知識を増進加させる目的で実施する海洋の科学的調査の計画については、通常の状況においては、同意を与える。」となっており、沿岸国(この場合は韓国)は認めなければならないのではないか?
金教授よ。我が国の保安庁にだって、国際法の権威はいるのだよ(多分)。そのような国際法違反を堂々とやろうなんて、我が国の官僚が思うわけないだろう!

そもそも、竹島は我が国の領土であるのだから、このような国連海洋法を持ち出すまでもなく、海上保安庁の措置は国際法に違反しているわけもないのだが。。。
--------------------
【寄稿】 日本の独島海域調査は国際法違反 (金ヨンソク・梨花女大学法学部教授/国際法)

去る4月18日、日本の海上保安庁所属の測量船2隻が独島周辺水域測量に出発したことで高まった韓日間の緊張は、外務次官同士の合意によって一旦解消された。この事件で日本は、自国の行為に国際法上の問題は無いと主張したが。筆者は日本が国際法に違反したと考える。

第一に、もし日本が調査を強行したら、日本は韓日両国が互いに当事国として守らなければならない1982年の国連海洋法条約に違反したことになる。条約第246条2項は、「排他的経済水域(EEZ)内およびと大陸棚上の海洋科学調査は、沿岸国の同意を得て実施する」と規定している。したがって日本が、日本のEEZとの境界が一部未確定である部分があっても我が国のEEZにあたる水域も含まれうる水域で、我が国の同意を得ないで海洋科学調査をすれば、これに違反することになる。

第二以降略

--------------------

246条を付記しておく。東京大学東洋文化研究所 田中明彦研究室ウエブページより

第二百四十六条 排他的経済水域及び大陸棚における海洋の科学的的調査

1 沿岸国は、自国の管轄権の行使として、この条約の関連する規定に従って排他的経済水域及び大陸棚における海洋の科学的調査を規制し、許可し及び実施する権利を有する。

2 排他的経済水域及び大陸棚における海洋の科学的調査は、沿岸国の同意を得て実施する。

3 沿岸国は、自国の排他的経済水域又は大陸棚において他の国又は権限のある国際機関が、この条約に従って、専ら、平和的目的で、かつ、すべての人類の利益のために海洋環境に関する科学的知識を増進加させる目的で実施する海洋の科学的調査の計画については、通常の状況においては、同意を与える。このため、沿岸国は、同意が不当に遅滞し又は拒否されないことを確保するための規則及び手続を定める。

4 3の規定の適用上、沿岸国と調査を実施する国との間に外交関係がない場合にも、通常の状況が存在するものとすることができる。

5 沿岸国は、他の国又は権限のある国際機関による自国の排他的経済水域又は大陸棚における海洋の科学的調査の計画の実施について、次の場合には、自国の裁量により同意を与えないことができる。


(a) 計画が天然資源(生物であるか非生物であるかを問わない。)の探査及び開発に直接影響を及ぼす場合

(b) 計画が大陸棚の掘削、爆発物の使用又は海洋環境への有害物質の導入を伴う場合

(c) 計画が第六十条及び第八十条に規定する人工島、施設及び構築物の建設、運用又は利用を伴う場合

(d) 第二百四十八条の規定により計画の性質及び目的に関し提供される情報が不正確である場合又は調査を実施する国若しくは権限のある国際機関が前に実施した調査の計画について沿岸国に対する義務を履行していない場合
[PR]
# by ikeday1 | 2006-05-08 21:36 | 危機管理

NHKネット配信

NHKが保有する巨大な映像アーカイブが遂にネットで配信されるようになるらしい。この報道によると竹中総務大臣が自分の考えを述べたものだが、基本的な考えは「NHKの保有する情報を国民のために再配分する」ということらしい。私はこれまでもNHKの映像アーカイブを公開すべきだとの主張をしている。なぜなら、NHKの映像はそれこそ戦前からこれまで、我が国の近代史を形作るような非常に貴重な我が国の財産だからだ。そのような考え方を竹中大臣がしてくれたことは非常に喜ばしいと思う。

しかぁし!有料配信かよぉ!ちょっとまてよぉ!同じような環境にあるBBCでさえ、イギリス国内に対しては無料での配信だぞ!NHKは我が国の法律で規定された、「納めなくてはならない視聴料」で経営しているんだぜ!その視聴料って実質的に税金と何が違うの?もっと言えば、税金のような視聴料で作ったものって、視聴者の財産なんじゃないの?首相官邸が作った映像なんか無料で配信してるじゃん!税金で作ったからだろ?NHKの所有する映像と官邸が作った映像のどこが違うの?NHKは著作権の問題だとか言うのだろうが、NHKの職員として映像を作って、その報酬を税金のような視聴料からもらっている職員の誰が著作権を主張するんだ?もし、主張する者がいるのなら公開せいよ!ブログで散々叩いてやるぜ!NHKの映像アーカイブは視聴者に対して無料で公開すべき!声を高らかに主張したい!
[PR]
# by ikeday1 | 2006-05-06 21:33 | 日頃の思い

iPod nano....

b0050317_21115637.gifiPodを遂に買った。当然、マックファンとしてはもっと早く買っておかなくてはならなかったギズモなのだが、なかなか踏み出せなかった。というのも、ヘッドフォンステレオが必要な環境ではなく、買ったとしてもあまり使わないでしまっておく運命が目に見えていたからである。しかし、多少の環境の変化でヘッドフォンステレオがどうしても必要となり、遂に購入したと言う事だ。買った製品はiPod nano 1GBモデル。ついでにRadio Remoteも購入した。これまでもApple Storeで見ていたものの、実際に手にすると小さい!なんかやっと文明人になったような気がする。iPodを購入してみると、他のメーカーのMP3プレーヤーを持ち歩いている人が「iPodを買いたくても買えなかった人」に見えてくる。なんと言う事だ。。。反省。。。。
[PR]
# by ikeday1 | 2006-05-06 21:12 | Macintosh

中国軍空母配備

b0050317_11242692.jpg中国の覇権国家への挑戦が顕著になってきている。何と、航空母艦の配備である。産經新聞によると2年後に空母戦闘群を配備すると米国の雑誌が報道しているほか、米議会の公聴会でも空母の配備が確実視されているとの分析も有り、その蓋然性は増大している。

もしこれが本当なら、極東地域から東南アジア、太平洋州方面に対抗できる軍事力は存在しないことになり、中国の軍事力を背景にした悪の巨大帝国確立は着実に前進することになる。中国脅威論を否定するような勢力には重々再考してもらいたい。「脅威」とは能力と意図だと言われる。これまでも核兵器を有する中国の軍事能力は十分に脅威のレベルにまで有ると中国脅威論を否定する者達も認めているが、中国脅威論否定者達は「中国には意図はない」と主張する。現在までは確かにそのような観測も可能であったために、中国は脅威でないと言ってきた。しかし、彼の国は民主国家ではない。どんな者が主席に選ばれるのか、国家戦略を論じるのにどんな議論がされているのか全く不透明である。こんな国では、国家の意図など一日にしてころっと変わってしまうものだ。更に、航空母艦のような攻撃兵器を装備すると確言するようであれば、国家意思として、純防衛的な軍事力を攻撃的なものに変更したと表明するようなものである。また、軍事関係費が不透明な国家なので、空母がどれだけ準備できているのかも分からず、完成直前になって慌てるという事態にもなりかねない。となれば、中国を脅威と位置づけ、その準備を怠らないようにすべきなのである。防衛力は短期間には構築できない。特に、我が国のような民主国家であれば、防衛力整備の透明性が重視されるだけに、長い期間が必要である。

もう一つ。中国に好きなように軍事力の整備をさせないように、軍備管理の枠組みが必要だろう。我が国周辺の自由主義国家、オーストラリア、ニュージーランド、インド、タイなどとの連携を組んで、我が国主導で枠組みを構築する。この枠組みを利用して中国にその軍事関係費を透明化させ、「攻撃的兵器は持たない」との合意を取り付けさせる。できれば、核軍縮も推進できれば良いだろう。国際的枠組みは言い出しっぺが得をする構造になっているようなので、我が国が言い出せばきっと我が国の国益に通じるに違いない。外務省さん、ご一考を。。
[PR]
# by ikeday1 | 2006-05-03 11:28 | 危機管理

イラン核開発問題

イランの核開発問題を巡り、動きが出てきた。イランの核兵器開発に道筋を付けてしまうかもしれないウランの濃縮事業を、国際社会は大いに非難し、国連の安保理が制裁に向け協議を重ねているが、常任理事国の中国やロシアが強硬に反対している。中国の背景には11兆円規模の大規模な原油/天然ガス開発事業に投資し、中国の「イラクのような国際社会からのけ者にされかねない国からエネルギーを取得」する政策を進める思惑が露見した。中国外交官は強硬で、「米国が、イランが中国に石油を売ることを妨げるのなら、米国は同じだけ石油を売ってくれるのだろうか」などということを言い始めている。安全保障理事国としての正義感などみじんも感じられない言動である。我が国は大きな原油権益をイランから取得しようとしたものの、核問題に絡んで、その考えを断念している。

こうした安保理における不一致は、国連をますます機能不全にし、国連不要論に結びついてくる。このようにあからさまな不協和音はイラク戦争開戦時のフランス/ドイツの造反から発生したもので、我が国ではマスコミが彼らの動きを歓迎したことは、国連のますますの機能不全を誘発してしまう結果となった。当時、「フランス/ドイツの造反を国際協調を乱す利己的なもの」と批判した者もいたものの、あまり顧みられることもなく、安保理常任理事国の離反は加速度的に大きくなっている。それでも国連を神様のようにあがめる者は、フランス/ドイツの行動に賛意を表す者が中心となっているのだから救いがたい。個人的な考えであるが、そろそろ国連に代わる新たな国際秩序を構築する必要が有るのではないだろうか?米国は「中国やロシアの抵抗で今後の安保理協議が不調に終われば、欧州や日本など同盟国を中心とした制裁に動く可能性を示唆」するなど、ますます国連離れが進んでいるようだ。

中国のモラルなきエネルギー取得政策は、世界中の原油価格高騰を招き、中国のイメージを悪くさせるだけでなく、経済的にも中国の強大化を懸念させる雰囲気が浸透しつつ有る。まさに、「悪の巨大帝国」の登場である。中国国内では富の再配分が官僚の腐敗により実行不可能であり、エネルギーを取得し、経済的に大きくなればなるほど国民の格差は広がり、国内は不安定化する。巨大な経済力と軍事力、更には核兵器まで備えた巨大帝国が国内に不安定を抱えた場合、戦争が始まる。我が国に手を出せば、米国が黙っていないので、世界大戦となる可能性が有る。たぶん中国はそこまで馬鹿ではないだろう。モンゴル辺りが危ないのでは。。。。
[PR]
# by ikeday1 | 2006-05-01 10:40 | 危機管理

民主党の勝ち!

千葉の衆議院議員補欠選挙で、民主党が僅差で勝利した。これは小沢代表の勝利である。さすがに田中角栄の秘蔵っ子だけに選挙の勝ち方を知っている。すごいもんだ。この勝利で、民主党支持者達は大喜びである。もはや小泉首相には何の政治力もなく、死に体であるとの論評もマスコミあたりでは良く観る。私も金持ちの元キャバクラ嬢が苦労して這い上がってきたエリート官僚出身者に負けるとは思っていなかった。民主党が大好きな格差を是正すると言った意味でも、自民候補が勝つべき選挙だと思っていた。しかし、小沢氏の政治力または選挙力には立ち向かえなかったと言う事だろう。

戦いでは勝った方はその意味を極大解釈し、負けた方はその意味を矮小化したがる。当然であろう。しかし、どう考えてもこの選挙が国政を反転させるほどのインパクトはない。小泉首相の政治はもう終わりだなどというのは冷静に観てもおかしな話である。他の地方選挙でも与党陣営がすべからく敗北していることを引用して、「ほら終わりだ。。」と声高にしゃべるのも、どこかおかしいような感じがする。

この選挙では、自民有利と言われていたにもかかわらず、敗北を喫したということは、自民党にもいろいろと考えなければ行けないことは有るだろう。。しかし、小沢氏が民主党の顔になったことは間違いない。ほんのわずかな自由党議員を連れて、自由党はなくなっても良いと民主党に融合し、しばらく身を潜めていたが、ついに民主党を食ってしまった。旧社会党出身者達も情けない限りなのだろうが、やはり、自民党で培ってきた政治力とはこれほどパワーの有るものなのかを見せつけられた感じだ。小沢氏は田中角栄氏の秘蔵っ子である。自民党が恐れるのも無理はない。何をやるか分からない不気味さ。。それこそが小沢氏のすごさだろう。しかし、小沢氏に見えないのは政策である。彼は一体この日本をどうしようとしているのだろうか?それは民主党の若手に考えさせるのか。。。さすがである。
[PR]
# by ikeday1 | 2006-04-25 06:59 | 日頃の思い

V for Vendetta

b0050317_2255225.jpgV For Vendettaを観た。ここからはネタバレを含んでいますので、未だ観ていない方はご遠慮ください。

これはいかにもアメリカの民主党が好みそうな映画である。イギリスとドイツの共同製作のようだが、「恐怖政治に抑圧された民衆をある英雄が救う」という筋書きである。最近、アメリカでもブッシュ嫌いが市民権を得ており、民主党の政権が待たれているような政治情勢であり、この映画はその路線に迎合するようなものである。更に、イラク戦争に反対し、ヨーロッパの結束を破壊したドイツ人達が好みそうなストーリーの展開となっている。

筋書きは近未来のイギリスで、大規模な伝染病の発生が有り、8万人もの命が奪われる。更に、世界は第3次世界大戦が発生し、アメリカの政治的な存在意義は失われ、世界は混沌としている。そんな中、イギリスを束ねたのはまさしく恐怖政治を行う政権で、継続的な夜間外出禁止令が発令され、市民は反体制的な言動によりどんどん逮捕、処刑される。そこで登場したのがVとよばれる仮面をかぶった人物だ。彼は最高裁判所を爆破し、緊急テレビ網を奪取して、1年後に皆で国会議事堂に集まろうと市民の決起を促す。勿論、政権側は彼をテロリストとして扱い、様々な圧力をかけるがどうにも捕まらない。そして1年後の11月5日に。。。。

というものだ。このイギリスの政権を奪取したやり方は、まさしくナチがやった方法と同じで、映画の中に現れる演説のシーンなど、ナチの宣伝映画そのものだった。映像自体は迫力のある素晴らしいものだったが、その設定がいかにもチンケだったのが残念である。

しかし、ナタリーポートマンは最高だったなぁ。。。スターウォーズでもいい味出していたが、この映画では本当に素晴らしかった!坊主ガリにしちゃうんだけど、とてもセクシーで魅力的な坊主ガリだった。。。彼女を見に行くだけでもこの映画を見に行く価値はあるかもしれない。。。
[PR]
# by ikeday1 | 2006-04-23 22:06 | 映画