いろいろなんでも


by ikeday1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

タグ:北朝鮮 ( 13 ) タグの人気記事

総理、帰ってこい!

北朝鮮が核実験を実施した。ちょうど安倍総理が韓国を訪問している間にだ。このような時期を狙った核実験実施には非常に姑息で悪意に満ちた敵意を感じさせる物である。当然、核実験というカードを切ってしまった北朝鮮には、もう何の外交カードもなくなってしまった。後は、安保理による制裁を受け、国が滅びるだけになったと結論づけられるだろう。

ところで、安倍総理は何年かぶりで中国と韓国を訪問している。中国では、ある程度の収穫があったそうだが、韓国ではまだノムヒョン大統領と会う前の核実験報道だ。いいから、帰ってこい!韓国大統領などとはいつでも会える!韓国の大統領との会談よりも、我が国の安全保障に最大の脅威となった北朝鮮に対応するのが最大の責務だろ!韓国を優先して国民の安全をないがしろにするなどあり得ない!総理が外遊中に、内閣で何が決められるのか?閣議も実施できない。国連安保理に直ちに制裁をさせるためには、我が国の議長国としてのイニシアチブが必要なんだよ!さっさと帰ってこい!更に言えば、中国の首脳と会って、韓国の大統領と会わない事は、理不尽な事ばかりやっている韓国に対して、大きな外交圧力となるのだが。。

午後1時のニュースでは、総理は帰らないようだ。これで、危機管理の欠如した、国民より中韓との外交を重視する総理としてレッテル付けがなされた。いろいろな人が期待していた総理なだけに、大きな汚点である。支持率は落ちるだろうし、官僚サイドの支持も減少してしまうだろう。。。残念な事だ。次は、太郎か?
[PR]
by ikeday1 | 2006-10-09 13:50 | 危機管理

北朝鮮は中国に?

韓国が新たな歴史認識問題で悩んでいる。今度の相手は日本でなくて中国。なんと、「高句麗・渤海を中国史の一部に編入しようという歴史見直し作業」、「東北行程」というらしい。高句麗は現在の中国東北部(満州)、北朝鮮、韓国の北部を支配下に置いていた国家であり、渤海は満州からロシアの沿岸地方に掛けて存在した国家だ。中国はこれらの国は「中国の歴史」に組み込まれていると主張しているらしい。

この政治的な意味を考えてみた。今、北朝鮮ががたがたしている。50年後には存在しているか誰にも分からない。もし、北朝鮮が崩壊すれば、韓国がその面倒を見る事で、朝鮮半島に統一国家が現れる。これは韓国国民の悲願であり、世界的に見てもコンセンサスがとれているものだろう。しかし、中国がこの地方を自らの歴史の一部だと言い始めると、北朝鮮崩壊後に中国がこの地域を実力支配する可能性がある。その言い分は、「中国固有の歴史的領土である」というものだ。

北朝鮮からロシアに掛けては良質の鉄の産地である。現に、北朝鮮には中国資産の採鉄場が数多くあり、中国の経済発展を支えているばかりでなく、北朝鮮にとっても貴重な外貨獲得の資源となっている。中国がここを奪取する事により、自国で鉄の生産を行う事ができるようになる。これは魅力的であろう。反面、韓国は、崩壊した北朝鮮の面倒を見ると、韓国の経済力はたちまち破綻し、国民の生活水準は最低レベルに落ちてしまう可能性さえある。だから、韓国としてはあまり早い時期に北朝鮮が崩壊して欲しくないと言うのが実情だろう。及び腰の韓国に積極的な中国。。

韓国では当然この「東北行程」に反発しているのだが、中国人に「歴史湾曲」だと抗議すると「それはあなた達の考え方だろう」と反論されるらしい。あれ?何処かで聞いた事ないか?竹島が日本固有の領土だという意見に対して韓国人がよく使う論法なのだ。韓国は竹島が欲しいために、武力占拠し、近づく日本漁民40人あまりを銃撃し、虐殺した。これが竹島の不法占拠だ。中国は尖閣諸島や沖縄が自らのものだと言っている。チベットやウイグルには武力侵攻し、虐殺、民族浄化、不妊施術など何でもやって来た。同じ事をやる可能性は大いにある。韓国民よ。。。中国は日本のように生易しくないぞ。。。ふふふ
[PR]
by ikeday1 | 2006-09-10 16:51 | 日頃の思い

谷垣財務大臣

谷垣財務大臣/総裁候補が海外からの留学生を増やすために、国立大学学生の一定割合を奨学金付きで海外から募集するという案を打ち出している。これって、財務大臣として言って良い事なのだろうか?19年度予算の概算要求は8/31に各省庁から出される。その前に、財務大臣が他省庁の権益が絡まる予算に関して新たな意見を言い始めたわけである。非常に不公平ではないか?谷垣氏は特定アジアに媚びる体制で自民党内での存在感を打ち出し、他の総裁候補との差別化を図ろうとしている。また、そのような政治姿勢を明言している。では、中国が嫌だと言っている弾道ミサイル対処関連の予算も、総裁選の公約がらみで、財務大臣として否定しかねないのか?

明からに、財務大臣として不適なポジションだ。防衛庁は北朝鮮のミサイル脅威に対抗するために、概算要求の上積みを考えているらしい。昨今の北朝鮮の不遜な動きを勘案するに、真っ当な政治判断だと考える。それが、財務大臣の政治姿勢のために認められない。。。おかしいだろ!海外からの留学生の件にしても、文科省の権限にあたるだろうに、財務大臣がこんなことを言えば概算要求にも盛り込まざるを得なくなるではないか?官僚組織なんてものはそんなものだ。

財務大臣である限りは予算に関わる事を自らの政治姿勢であると言うべきではない。勿論、総理の承認があったり、閣議で話し合われた事なら問題ないだろうが、そこら辺のけじめはきちんとつけるべきである。
[PR]
by ikeday1 | 2006-08-25 10:21 | 日頃の思い

非難決議採択

北朝鮮非難決議が国連安全保障理事会で決議した。結果から言うと、中国の勝ちである。先日私は孤立する中国と尻馬に乗る韓国という論旨のエントリーを書いたが、一夜明けてみると、中国の政治力が勝った現実に直面した。うまく行かないものである。麻生外務大臣などは「(北朝鮮への制裁決議と)拘束力は変わらない」などと言っているが、この問題は、日米をはじめとする安保理13カ国が中国とロシアの政治力に屈服した事を表している。情けない限りである。

安保理で採択された決議はこのとおりであり、その中には北朝鮮の6カ国協議への即時復帰とミサイル発射の凍結が要求されている。国連憲章7章の記述がなくなった時点で、この要求は努力ベースとなり、いつまでにやらなければならないという期限は明記されていない。しかし、中国の方針を大々的に受け入れている決議であるので、この通り北朝鮮が行動しない限り、この責任が中国にのしかかってくるのは間違いない。中国の積極的な働きかけに期待するしかないだろう。

それにしても、米国の政治力も衰退したものだ。我が国の発言力も高まったと見ていたのだが、中国一国にしてやられた。国際的な発言力はここまで差がついてしまったのだろうか?これでは常任理事国などになれるわけがない。もう一度出直しだ。
[PR]
by ikeday1 | 2006-07-16 13:40 | 危機管理

ミサイル制裁

国連安保理における北朝鮮への制裁決議の行方が不透明だ。この件で面白いのはやはり中国の動きだろう。日米が北がミサイルを撃ちそうだと騒いでいた頃から、中国は北朝鮮に対し「撃ったらいかんで」と言ってきたに違いない。なぜなら、6カ国協議ではミサイル発射凍結を約束した北朝鮮は中国の同盟国であり、6カ国協議の議長国は中国であるからだ。中国はこのミサイル発射でメンツをつぶされただけではなく、その政治力や国際的な倫理性を大きく問われる結果となった。そこで、他の安保理常任理事国であるロシアにお伺いを立てた。

ロシアは、ヨーロッパでNATOが勢力を伸ばし、旧ソ連に属していた国々をNATO内に取り込まれるなど、ロシアに取ってみれば危機感を感じる醸成となっている。だから、アジアで中国と仲良くしたいわけである。で、中国から誘われたから一緒にやってみるかと思ったのだが、ロシアが議長国でサミットが有るし、この件であまり中国と組むと、ロシアも北朝鮮の仲間だと思われるのが嫌になってきたようでも有る。

さて、この制裁決議は中国が北朝鮮の説得に当たる時間を考慮して、採決を引き延ばした。しかし、北朝鮮は中国の言う事を聞かないようだ。だとすると、中国はなぜ北朝鮮の仲間だと思われるような行動をとるのだろうか?所詮は、同じ共産主義国なので、悪い事は一緒にやろうという意識なのか?

孤立化しつつ有る中国を応援する国が有る。韓国だ。日米が提出した制裁決議を否定し、中国が拒否権を発動する事を期待するそうだ。ある調査によると韓国の半数以上は制裁決議に賛成らしい。また、ノムヒョン大統領が間違っていると思っているのは60%以上であるらしい。ノムヒョンは事も有ろうに日本を非難している。日本はばか騒ぎし過ぎだと言っているらしい。しかし、非難の先は北朝鮮ではないのか?こうなる事が分かっているから、日本は制裁決議案を作る時に韓国を一切無視した。勿論米国も何も言っていない。韓国は生き残れるのだろうか?

北朝鮮制裁決議案は様々な政治的思惑をはらみながら、近々安全保障理事会で採決される。どうなるのか。。。楽しみな事である。
[PR]
by ikeday1 | 2006-07-15 22:53 | 危機管理

安保理での日本

日米が安保理に提出した北朝鮮制裁決議は我が国の国連安保理での位置づけを大きく変えようとしている。我が国が何となく安保理の常任理事国のように振る舞っているように見えるからだ。この決議案に対しては中国とロシアが反対だそうで、安保理の理事国15カ国中この2カ国のみが難色を示しているらしい。その理由として「日米欧が主導する国際的なリーダーシップを許したくないからだ」というのはあながち間違っていないだろう。その両国を説得するために行われた交渉は常任理事国+日本であった。どうですか?私が言う事も分かるでしょう?

更に、この両国は常任理事国なので、拒否権というものを持っている。その拒否権行使を牽制するために我が国は様々な工作を行っている。安倍幹事長は、「両国がミサイルを発射した北朝鮮のような野蛮国の肩を持つ事が有っては行けない」とか外務省は「ロシアを籠絡できれば、中国が拒否権を単独で行使しにくくなるから、ロシアをなんとかしよう」といったやり方である。

この戦略はかなり説得力が有り、仮に、ロシアが制裁決議に賛成となったとして、中国が単独で拒否権を行使した場合、我が国では相当な反中国の動きが惹起される事になる。それは政府や国会のみならず、全国民がそのような考え方を持つようになると言う事で、これまで中国の反日運動に呼応した反中国運動とは桁外れのスケールで反中思想が蔓延するわけである。当然、中国と同様の理論で反日運動をやっていた韓国にもその余波は押し寄せる。そんな決断を中国政府に迫るわけである。どうですか?素晴らしい外交戦略じゃないでしょうか?

我が国において、北朝鮮制裁は92%の支持を受けているらしい。政府は断固として制裁決議を推し進めるべきであり、途中で腰が砕けたら、自民党を支持する勢力は半減するだろう。覚悟を決めてやって欲しいものだ。
[PR]
by ikeday1 | 2006-07-09 00:34 | 危機管理

ミサイル発射後。。

北朝鮮のミサイル発射に対応して、我が国の国際社会における発言力が一段と高くなっている感じがするのだが、皆さんはどうだろう?国連安保理に米国と協調して対北朝鮮非難決議案を上程した事やその非難決議の中に制裁条項を含ませる事など、常任理事国的な動きではなかろうか?勿論我が国は国際紛争の当事国として当然の動きをしているのだが、ミサイルの着弾点が海岸のごく近くだったロシアや、常識的に考えて第1の当事国と思われる韓国などは何もやっていない。

更に、中国やロシアはこの制裁決議に反対する立場を取っているという。。。コイツらは国際社会の敵だ!ロシアなど、沿岸周辺の住民達が不安で騒いでいるというのに、決議案に反対するのかぁ?どう考えてもおかしいだろ?中国が反対するのは分かる。なぜなら、我が国が上程した決議案がそのまま通ってしまえば、「日本を常任理事国に!」という国際的なコンセンサスの形成へと一歩近づいてしまうからだ。

朝日新聞などは、靖国問題がなければ中国/韓国と共闘を取れたなどと虚言を吐いているが、全く外交センスのない発言であると言わざるを得ない。また、NHKは「米国が北朝鮮と直接対話をすべきである」と、北朝鮮のミサイル発射はアメリカのせいだと言わんばかりの論調である。日米が言っている事は簡単だ。「6か国協議で話を付けようじゃないか」と言っているのだ。なぜそれが分からない?6カ国協議に戻ってさえくれば、米朝での直接交渉だって可能性があるわけである。それを強調する事なく、ミサイルの脅しに乗って米朝の直接対話をするなどということを米国がやるわけがない。NHKさんよ。受信料の強制徴収を考える前に、国際政治学がまともに分かるキャスターを作るのが先じゃないのか?!
[PR]
by ikeday1 | 2006-07-06 20:53 | 危機管理

テポドン発射と韓国

北朝鮮のミサイル発射に伴う、韓国の動きを見てみよう。

韓国はご存知の通り、盧武鉉大統領の指導により親北政策を大々的にやっている。今般の北朝鮮ミサイル発射の前兆に関しても、とても寛大に受け止めており、「人工衛星だろ?!」なんて暢気に構えていたわけである。とりあえず、「発射してはいけない」なんて表面的に意見は述べていた物の、何ら積極的な策を打ち出していたわけではない。

さて、ミサイルが朝3時半、4時、5時と発射されたわけだが、我が国では、6時ちょい過ぎには安倍官房長官がミサイルが発射された事実や、北朝鮮に厳重に抗議する事、日本海に着弾したようである事などを記者会見で発表した。勿論、確認できている事やできていない事などを弁別し、確認できていない事は「確認中です」と言明したわけである。これで、日本国民は政府が既に対応しており、防衛庁では防衛会議が開かれる事、政府では安保会議を開催する事などを知る事ができた。一方、韓国はどうだったか?知り得た限りでは、韓国の政府関係者が正式にマスコミに対してミサイル発射の事実を告げたのは午前10時頃だった。なんともお粗末な話ではないか?韓国政府の危機管理能力が全く当てにならない事や、こういう国を友好国として持つ事はさほど価値のある事ではない事を思い知らされた感じである。

更に、韓国は竹島の我が国の領海内に調査船と巡視艦を出している。違うとは分かっていても、北朝鮮のミサイル発射に同調していたと勘ぐりたくなるではないか?また、こともあろうに我が国の巡視船に向かって「韓国の領海なので邪魔するな!」と言ったらしい。我が国の巡視船は「これ以上の領海侵犯は、北朝鮮のミサイル発射と同調した韓国政府の動きであると判断せざるを得ない」なんて、韓国の調査船に言ってやるべきだった。

さて、安保理が早速開かれるらしいが、6カ国協議に参加する国のうち、韓国と北朝鮮は安全保障理事会に参加できない。。。我が国は安保理の理事国で本当に良かった。。。がっはははは
[PR]
by ikeday1 | 2006-07-05 21:30 | 危機管理

北朝鮮がミサイル発射!

北朝鮮がミサイルを発射した。3発である。2発は短距離型の弾道弾で、3発目はテポドン2だったらしい。しかし、そのテポドン2は発射直後に爆発したとの報道が有る。

日本政府はかねてからの手続き通り、安保理に上程しさっさと経済制裁に踏み切るべし!この事件によって、これまでノムヒョン大統領がやっていた政策が全く的はずれで東アジアをどれだけ不安定にしていたのかが明確になった。辞任すべきである。

現在は情報収集の段階らしいが、政府の意思決定の迅速さと適切さが試されている。
[PR]
by ikeday1 | 2006-07-05 06:33 | 危機管理
北朝鮮のテポドン2発射が懸念されているが、実際にミサイルが発射された時に自衛隊は何をするのかを調べてみた。確か、ミサイルが発射されそうな時には何らかの命令が下りて、国会の承認前に自衛隊がミサイルを破壊する事ができたと思ったので、防衛庁のサイトを中心に調べたのだが、ものすごく分かりにくい!

例えば、自衛隊法の第八十二条の二では「弾道ミサイル等に対する破壊措置」ってのが有るが、飛んでるミサイルを上空において破壊する事が書いてあるが、発射されそうなミサイルに対してミサイルを破壊するような部分は書いていない。だとすると、地上にある発射されそうなミサイルを破壊する行為はできないのか?以前、「座して死を待つのは憲法の理念ではない」何て議論を聞いた事が有り、発射される前にだってミサイルを破壊する事ができると思っていたのだが。。。。これじゃあ、現在のようにミサイル防衛が完成していない段階では発射された後のミサイルを破壊する事などできないので、「座して死を待つ」ばかりではないか!

そうであれば、現在の政府の対応もよくわかる。北朝鮮が発射するミサイルが我が国に落ちる可能性があろうとなかろうと、発射されそうなミサイルに何もできないのだ。北朝鮮のミサイルがたとえ、大量破壊兵器を積んでいなくたって、我が国の国土に落下すれば相当な被害は出るだろう。それを黙って見ているだけ。。。それが政府の選択なのか?それが、我々が投票で選んだ議員達の危機感なのか?はっきり言おう!そんな議員なら必要ない。そんな政府なら支持しない!
[PR]
by ikeday1 | 2006-06-20 22:20 | 危機管理