いろいろなんでも


by ikeday1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ロシア銃撃

ロシア官憲に我が国の漁船が射撃され、死人が出た。領海を侵犯されたと考えているロシア国境警備局としては領海侵犯している日本の漁船にたいして停戦命令を発し、反応がなかったので、威嚇射撃をした。

これがマスコミが主張する報道内容である。さて、ここで問題点が明らかになってきているのだが、まず、日本漁船の位置は日本の領海内であったのか?報道を見るに麻生外務大臣は「日本固有の領土である北方4島の領海12カイリ水域内で起きており、到底容認できない。厳重に抗議する」と言っている。これは、現在ロシアが主張している4つの島を我が国の固有の領土だと考えた場合に、我が国の領海内であると言っているのである。当然ロシア側からすれば、この4つの島はロシアのものなので、日本漁船は領海侵犯している船だと解釈しているのであろう。

停船命令であるが、問題はどのような方法で停船命令を発していたのか?発光信号やら、無線を使ったのか?多分、そのような事をやっていたとしても漁船側では認識できなかったか、見え/聞こえなかったのかも知れない。これは国際法上常に問題になる点である。「あらゆる努力をした」と説明しても、無線が壊れていたり、発光信号が気象条件等で読めなければ相手には通じない。

次に、威嚇射撃であるが、「威嚇射撃とは当てないように射つ射撃」ではない。船に対しては船首部分に射撃し、乗組員に向けて射たなければ良いのである。つまり、人がいないと思われる船首の部分に当てる事が威嚇射撃である。我が国でも北朝鮮の不審船に威嚇射撃と称して、船体への射撃を行っている。これが、威嚇射撃である。空に向けてぱんぱんと撃ちながら「武器を捨てろ!」などというのは海では通用しない。

船からの連絡によると「ゴムボートに乗ったロシア官憲が射撃した」と言っている。であれば、ちょっとボートが揺れて、射撃が不作為に人に当たったとしてもロシア官憲の責任ではない。

これが、国際法の世界である。ロシアの駐日代理大使も「人を狙って撃ったわけではない」と言っている。こんな事件ではお互いの言い分が平行線をたどり、何も解決しないのが外交である。このような事を我慢できないのであれば、憲法を改正しなければならない。自国の国民がこのような事になったら、武力侵攻も辞さないようなアメリカが相手であれば、ロシアはこのような事はしないであろう。

さて、日本国憲法を金科玉条のごとく守るということはこういう死人を出すと言う事だ。これは、あまり間違っていない認識だと思う。撃ち殺された人は35歳だったという。あまりにも若すぎる死であった。。。
[PR]
by ikeday1 | 2006-08-16 23:03 | 危機管理

安保理での日本

日米が安保理に提出した北朝鮮制裁決議は我が国の国連安保理での位置づけを大きく変えようとしている。我が国が何となく安保理の常任理事国のように振る舞っているように見えるからだ。この決議案に対しては中国とロシアが反対だそうで、安保理の理事国15カ国中この2カ国のみが難色を示しているらしい。その理由として「日米欧が主導する国際的なリーダーシップを許したくないからだ」というのはあながち間違っていないだろう。その両国を説得するために行われた交渉は常任理事国+日本であった。どうですか?私が言う事も分かるでしょう?

更に、この両国は常任理事国なので、拒否権というものを持っている。その拒否権行使を牽制するために我が国は様々な工作を行っている。安倍幹事長は、「両国がミサイルを発射した北朝鮮のような野蛮国の肩を持つ事が有っては行けない」とか外務省は「ロシアを籠絡できれば、中国が拒否権を単独で行使しにくくなるから、ロシアをなんとかしよう」といったやり方である。

この戦略はかなり説得力が有り、仮に、ロシアが制裁決議に賛成となったとして、中国が単独で拒否権を行使した場合、我が国では相当な反中国の動きが惹起される事になる。それは政府や国会のみならず、全国民がそのような考え方を持つようになると言う事で、これまで中国の反日運動に呼応した反中国運動とは桁外れのスケールで反中思想が蔓延するわけである。当然、中国と同様の理論で反日運動をやっていた韓国にもその余波は押し寄せる。そんな決断を中国政府に迫るわけである。どうですか?素晴らしい外交戦略じゃないでしょうか?

我が国において、北朝鮮制裁は92%の支持を受けているらしい。政府は断固として制裁決議を推し進めるべきであり、途中で腰が砕けたら、自民党を支持する勢力は半減するだろう。覚悟を決めてやって欲しいものだ。
[PR]
by ikeday1 | 2006-07-09 00:34 | 危機管理

ミサイル発射後。。

北朝鮮のミサイル発射に対応して、我が国の国際社会における発言力が一段と高くなっている感じがするのだが、皆さんはどうだろう?国連安保理に米国と協調して対北朝鮮非難決議案を上程した事やその非難決議の中に制裁条項を含ませる事など、常任理事国的な動きではなかろうか?勿論我が国は国際紛争の当事国として当然の動きをしているのだが、ミサイルの着弾点が海岸のごく近くだったロシアや、常識的に考えて第1の当事国と思われる韓国などは何もやっていない。

更に、中国やロシアはこの制裁決議に反対する立場を取っているという。。。コイツらは国際社会の敵だ!ロシアなど、沿岸周辺の住民達が不安で騒いでいるというのに、決議案に反対するのかぁ?どう考えてもおかしいだろ?中国が反対するのは分かる。なぜなら、我が国が上程した決議案がそのまま通ってしまえば、「日本を常任理事国に!」という国際的なコンセンサスの形成へと一歩近づいてしまうからだ。

朝日新聞などは、靖国問題がなければ中国/韓国と共闘を取れたなどと虚言を吐いているが、全く外交センスのない発言であると言わざるを得ない。また、NHKは「米国が北朝鮮と直接対話をすべきである」と、北朝鮮のミサイル発射はアメリカのせいだと言わんばかりの論調である。日米が言っている事は簡単だ。「6か国協議で話を付けようじゃないか」と言っているのだ。なぜそれが分からない?6カ国協議に戻ってさえくれば、米朝での直接交渉だって可能性があるわけである。それを強調する事なく、ミサイルの脅しに乗って米朝の直接対話をするなどということを米国がやるわけがない。NHKさんよ。受信料の強制徴収を考える前に、国際政治学がまともに分かるキャスターを作るのが先じゃないのか?!
[PR]
by ikeday1 | 2006-07-06 20:53 | 危機管理