いろいろなんでも


by ikeday1
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

新聞社の世論調査??

新聞社の世論調査がどうもうさん臭いと思っていたところ、それを証明するような記事が毎日新聞に掲載された。各新聞社は何か政治的な事件があった時に必ずと言ってよいほど、世論調査を実施する。その調査では、新聞社ごとに結果が異なり、自社の意見により近いような結果となるのが通常である。しかしながら、どういう調査を行ったかは「無作為抽出による電話調査」や「面接調査」などと書いてあり、普通に考えれば国民のある一部を切り取った意見となり、新聞社ごとに結果が大きく変わるはずはないのだ。おかしいと思いませんか?

先ほどの記事では、「中国韓国と仲良くした方が良いのか」という世論調査で、実際のデータでは「仲良くしなくてよい」という結果なのに、恣意的に「仲良くしなくてはならない」という結果にしているものだ。これってすごい事で、新聞社が世論調査の結果を恣意的にコントロールしている事を証明したようなものだ。新聞社にしてみれば、世論調査の恣意的コントロールは日常茶飯事であり、ばれないようにこそっとやって来たのだろう。

今後、教育基本法の改正や憲法改正論議、自衛隊の軍昇格などの様々な政治的な動きが出てくる。ある意味、戦後政治との決別のような話だ。そのような議論の際、新聞社は世論調査のコントロールを必ず行うだろう。そして、世論調査が公正なものなのかを調査する公的な機関などない。。。つまりやりたい放題である。正しい姿なのだろうか???
[PR]
by ikeday1 | 2006-11-03 18:41 | 日頃の思い

総理、帰ってこい!

北朝鮮が核実験を実施した。ちょうど安倍総理が韓国を訪問している間にだ。このような時期を狙った核実験実施には非常に姑息で悪意に満ちた敵意を感じさせる物である。当然、核実験というカードを切ってしまった北朝鮮には、もう何の外交カードもなくなってしまった。後は、安保理による制裁を受け、国が滅びるだけになったと結論づけられるだろう。

ところで、安倍総理は何年かぶりで中国と韓国を訪問している。中国では、ある程度の収穫があったそうだが、韓国ではまだノムヒョン大統領と会う前の核実験報道だ。いいから、帰ってこい!韓国大統領などとはいつでも会える!韓国の大統領との会談よりも、我が国の安全保障に最大の脅威となった北朝鮮に対応するのが最大の責務だろ!韓国を優先して国民の安全をないがしろにするなどあり得ない!総理が外遊中に、内閣で何が決められるのか?閣議も実施できない。国連安保理に直ちに制裁をさせるためには、我が国の議長国としてのイニシアチブが必要なんだよ!さっさと帰ってこい!更に言えば、中国の首脳と会って、韓国の大統領と会わない事は、理不尽な事ばかりやっている韓国に対して、大きな外交圧力となるのだが。。

午後1時のニュースでは、総理は帰らないようだ。これで、危機管理の欠如した、国民より中韓との外交を重視する総理としてレッテル付けがなされた。いろいろな人が期待していた総理なだけに、大きな汚点である。支持率は落ちるだろうし、官僚サイドの支持も減少してしまうだろう。。。残念な事だ。次は、太郎か?
[PR]
by ikeday1 | 2006-10-09 13:50 | 危機管理

北朝鮮は中国に?

韓国が新たな歴史認識問題で悩んでいる。今度の相手は日本でなくて中国。なんと、「高句麗・渤海を中国史の一部に編入しようという歴史見直し作業」、「東北行程」というらしい。高句麗は現在の中国東北部(満州)、北朝鮮、韓国の北部を支配下に置いていた国家であり、渤海は満州からロシアの沿岸地方に掛けて存在した国家だ。中国はこれらの国は「中国の歴史」に組み込まれていると主張しているらしい。

この政治的な意味を考えてみた。今、北朝鮮ががたがたしている。50年後には存在しているか誰にも分からない。もし、北朝鮮が崩壊すれば、韓国がその面倒を見る事で、朝鮮半島に統一国家が現れる。これは韓国国民の悲願であり、世界的に見てもコンセンサスがとれているものだろう。しかし、中国がこの地方を自らの歴史の一部だと言い始めると、北朝鮮崩壊後に中国がこの地域を実力支配する可能性がある。その言い分は、「中国固有の歴史的領土である」というものだ。

北朝鮮からロシアに掛けては良質の鉄の産地である。現に、北朝鮮には中国資産の採鉄場が数多くあり、中国の経済発展を支えているばかりでなく、北朝鮮にとっても貴重な外貨獲得の資源となっている。中国がここを奪取する事により、自国で鉄の生産を行う事ができるようになる。これは魅力的であろう。反面、韓国は、崩壊した北朝鮮の面倒を見ると、韓国の経済力はたちまち破綻し、国民の生活水準は最低レベルに落ちてしまう可能性さえある。だから、韓国としてはあまり早い時期に北朝鮮が崩壊して欲しくないと言うのが実情だろう。及び腰の韓国に積極的な中国。。

韓国では当然この「東北行程」に反発しているのだが、中国人に「歴史湾曲」だと抗議すると「それはあなた達の考え方だろう」と反論されるらしい。あれ?何処かで聞いた事ないか?竹島が日本固有の領土だという意見に対して韓国人がよく使う論法なのだ。韓国は竹島が欲しいために、武力占拠し、近づく日本漁民40人あまりを銃撃し、虐殺した。これが竹島の不法占拠だ。中国は尖閣諸島や沖縄が自らのものだと言っている。チベットやウイグルには武力侵攻し、虐殺、民族浄化、不妊施術など何でもやって来た。同じ事をやる可能性は大いにある。韓国民よ。。。中国は日本のように生易しくないぞ。。。ふふふ
[PR]
by ikeday1 | 2006-09-10 16:51 | 日頃の思い

米韓同盟崩壊

米韓同盟が危機に瀕している。ノムヒョン大統領が登場して以来、韓国政府内での反米意識は際限なく高まり、最早、米韓同盟は意義を喪失したという風潮が蔓延している。米国側でも韓国をAnother Animalなどと揶揄し、とても同盟関係を維持してゆく事は困難であるという考え方が主流である。

そんな中、戦時作戦統制権を2009年に韓国に譲るという決定をラムズフェルド国防長官が明言したらしい。これは米国側の、「近いうちに米韓同盟を破棄する」という明確なメッセージである。勿論、自国の防衛に関して自らが指揮権を持たないなど言うのは、普通の独立国ではあり得ない事で、世界的に見ても韓国だけがこんなことを容認している。すなわち、戦時作戦統制権を韓国が持つと言う事は独立国として当たりまえなのである。問題は、反米主義の韓国大統領が「アメリカは嫌いだ」と言っている間にこの議論が進展する事だ。勿論、同盟など言うものは都合が良い時だけに結ばれるもので、国益を減ずるようであれば同盟は解消すべきである。しかし、今の国際情勢は米国の一極構造であり、超大国としては米国のみが存在している。軍事的、経済的、文化的にその優位性は否定できない。そして、もう一言言っておきたいのは、同盟が解消すると言う事は旧同盟国と敵対関係になると言う事である。つまり、韓国は米国を敵国にしたいと言っているのである。韓国がそう思わなくても、米国は確実にそう認識するだろう。

これって、すごい事で、北東アジアの安全保障環境はがらりと変わってしまう。韓国は米国と敵対した状態下、一国のみでまともな国際的な存在感を示す事はできない。となれば、有力なパートナーが必要となるだろう。それは、我が国ではない。中国である。もとより、韓国は中国を宗主国として生きながらえてきた歴史があるので、あまり、違和感はないのかもしれない。所詮は独立国足り得ない存在である。

我が国としては、外交的にポジティブな結果が見込まれる。最早、米国と別離した韓国に対して、竹島問題で譲歩する必要はない。堂々と侵攻し、領土を回復する事さえ可能だろう。韓国を経済債務国に転落させるための経済戦略を実施する事さえ可能となるだろう。こう考えると、とち狂った韓国の戦略は我が国がその隙をついて、我が国の国益を増大させる事ができる好機かもしれない。
[PR]
by ikeday1 | 2006-08-27 22:56 | 危機管理

戦時作戦統制権の還収

韓国が、有事の際に自国の防衛を自国の指揮でやろうという戦時作戦統制権の還収(取り戻し)をやろうとしている。私が考えるに、それは独立国として当たり前の主張のような気がする。平時における作戦統制権は韓国にあるようだが、有事の際には米軍が韓国軍を指揮する事になっている。これってとても屈辱的で、自国が堂々たる独立国ではない事を全世界に放送しているようなものだ。我が国でさえ、ちょっとアメリカの肩を持てば、「アメリカの属国」だの「51番目の州」だとかの意見がある。それを、自国の防衛を自国の指揮でできないなどと言う事はそれこそ自大主義的な。。。。おっとぉ。。

韓国は現在の国防の態勢革命を2009年にやろうとしている事で、韓国はもとより、米国や我が国でさえ大きな話題となっているようだ。なぜ、これが大きな問題となるのだろう?それは米国が韓国を信用しなくなってきているし、国際社会も韓国を責任ある自由主義国として認める事ができなくなっている事がその根底にあるからだ。勿論、米韓同盟の屋台骨はぐらついており、この問題がその傾向をますます増進させる事になるだろう。しかし、我が国としては韓国に勝手にさせるべきだと考えている。歴史的に見て安全保障関係の同盟が壊れる先には戦争がある。日英同盟崩壊後や国際連盟からの脱退が我が国をどのような道に導いたかを顧みれば、至極当然の事のように思われるだろう。では、韓国はいずれ米国と戦争をする事を考慮して、戦時作戦統制権の問題を考え、米韓同盟の重要性を考えているのだろうか?そうではなかろう。もっとも、米韓同盟がなくなった暁には北朝鮮との連邦制を宣言し、アジアのバランサーとして立ち振る舞う事が韓国の夢のようなので、いずれは北朝鮮の金将軍の指導のもとでアメリカと一戦交える事は視野に入っているのかもしれない。そのためにも日米同盟は非常に重要である。

朝鮮半島が連邦制になったら、彼らは北朝鮮の核兵器、弾道ミサイルと忠誠心あふれる北朝鮮兵、F-15Kやイージス艦、AWACSといった最新兵器を持った軍事大国になる。つまり、巨大な反日軍事国家がこつ然と出現する事になるのだ。これって結構ヤバい事で、米韓同盟がなくなった状況で、朝鮮半島が連邦制となれば、米軍は北朝鮮の核施設を破壊するだろう。そうなれば、韓国軍は我が国に宣戦布告する事になる。突拍子もない事のようだが、これは、韓国の世論調査でも明確になっている。

我が国周辺の安全保障環境はこのように不安定になっていると考えざるを得ないのだが、我が国は韓国のやり方に内政干渉はしたくない。戦時作戦統制権は韓国に帰すべきである。その上で、我が国周辺の安全保障環境をどうにかしなければならない。さて、皆さんはどう思うだろうか?
[PR]
by ikeday1 | 2006-08-14 00:19 | 危機管理

テポドン発射と韓国

北朝鮮のミサイル発射に伴う、韓国の動きを見てみよう。

韓国はご存知の通り、盧武鉉大統領の指導により親北政策を大々的にやっている。今般の北朝鮮ミサイル発射の前兆に関しても、とても寛大に受け止めており、「人工衛星だろ?!」なんて暢気に構えていたわけである。とりあえず、「発射してはいけない」なんて表面的に意見は述べていた物の、何ら積極的な策を打ち出していたわけではない。

さて、ミサイルが朝3時半、4時、5時と発射されたわけだが、我が国では、6時ちょい過ぎには安倍官房長官がミサイルが発射された事実や、北朝鮮に厳重に抗議する事、日本海に着弾したようである事などを記者会見で発表した。勿論、確認できている事やできていない事などを弁別し、確認できていない事は「確認中です」と言明したわけである。これで、日本国民は政府が既に対応しており、防衛庁では防衛会議が開かれる事、政府では安保会議を開催する事などを知る事ができた。一方、韓国はどうだったか?知り得た限りでは、韓国の政府関係者が正式にマスコミに対してミサイル発射の事実を告げたのは午前10時頃だった。なんともお粗末な話ではないか?韓国政府の危機管理能力が全く当てにならない事や、こういう国を友好国として持つ事はさほど価値のある事ではない事を思い知らされた感じである。

更に、韓国は竹島の我が国の領海内に調査船と巡視艦を出している。違うとは分かっていても、北朝鮮のミサイル発射に同調していたと勘ぐりたくなるではないか?また、こともあろうに我が国の巡視船に向かって「韓国の領海なので邪魔するな!」と言ったらしい。我が国の巡視船は「これ以上の領海侵犯は、北朝鮮のミサイル発射と同調した韓国政府の動きであると判断せざるを得ない」なんて、韓国の調査船に言ってやるべきだった。

さて、安保理が早速開かれるらしいが、6カ国協議に参加する国のうち、韓国と北朝鮮は安全保障理事会に参加できない。。。我が国は安保理の理事国で本当に良かった。。。がっはははは
[PR]
by ikeday1 | 2006-07-05 21:30 | 危機管理

北朝鮮がミサイル発射!

北朝鮮がミサイルを発射した。3発である。2発は短距離型の弾道弾で、3発目はテポドン2だったらしい。しかし、そのテポドン2は発射直後に爆発したとの報道が有る。

日本政府はかねてからの手続き通り、安保理に上程しさっさと経済制裁に踏み切るべし!この事件によって、これまでノムヒョン大統領がやっていた政策が全く的はずれで東アジアをどれだけ不安定にしていたのかが明確になった。辞任すべきである。

現在は情報収集の段階らしいが、政府の意思決定の迅速さと適切さが試されている。
[PR]
by ikeday1 | 2006-07-05 06:33 | 危機管理

ウリ党惨敗

韓国では5月31日の統一地方選挙で与党のウリ党が惨敗した結果、政治的な嵐が吹き荒れている。勿論、この選挙は地方自治体の長やら地方議会の選挙であるために国会の議席数を左右するものではないく、ウリ党は依然多数与党である。しかし、盧武鉉大統領の支持率が激減している状況での、全国規模の選挙であったため、大統領の信任を掛けた選挙であるとの観測も有った。

そう言った中、盧武鉉大統領は、「こんな選挙の結果はなんてことない。1、2度の選挙で国がうまくいくのいかないの、どの党が台頭するの没落するのというのは、民主主義ではない」との賜ったらしい。素晴らしい!これぞ独裁者の言である。我が国は総理大臣制を取っているために、韓国の大統領制とは事情が違うが、我が国で同じような状況が発生すれば、総理大臣は「事実を厳粛に受け止める」何て事を言い、盧武鉉大統領のような民意を無視した言動は一切行わないだろう。これも、自らが作ったウリ党を基盤にした、自信たっぷりの大統領ならではの言かもしれない。つまり、「俺が大統領でなくなればウリ党なんて存在価値もなく、俺以降の政局がどうなろうとも知った事ではない」という開き直りである。

さて、この選挙で事実上の死に体となった盧武鉉政権であるが、やけっぱちになった大統領の今後の仕事はどうなるのだろうか?私がとっても心配しているのは、盧武鉉大統領が北朝鮮に出向いて、「もはや北と南はゆるやかな連邦制に有る」と共同宣言してしまう事である。近々、金大中が北を訪問する。これって緩やか連邦宣言の根回しじゃないの?もし、大統領と金正日がこんな事を宣言してしまうと、朝鮮戦争は終戦となり、国連軍が朝鮮半島に駐留している意義はなくなる。更には米軍を朝鮮半島から追い出す事ができるようになるのだ。勿論、米韓同盟など不要になり、韓国側から言わなくても、米国が条約破棄する事になるだろう。北朝鮮による朝鮮半島統一も目前となる事態が発生する。

これって、とっても危ないし、東アジアは一気に緊張する事になるだろう。そして、これまでの盧武鉉大統領の言動を見るに、こんなことってやっちゃいそうでしょ?おお。。こわこわ。。
[PR]
by ikeday1 | 2006-06-04 09:50 | 危機管理